08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.10/15(Sat)

小説読本 

小説読本小説読本
(2010/10)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


三島の小説に対する考えがつらつら述べられている。一言で三島の小説観を説明すると、小説は理知的でなければならず、しかれども、理知的であってはいけないという、二律背反をいかに克服するか、につきる。

三島は小説に悪魔的な息吹を求めるが、自らの制御も求める。また、技術を求めるが、技術をこえた「生」そのものも求める。

また、小説に求める二つの相反する命題を、文士にも求め、芸術にも求める。餅の話しが象徴的である。炭火で餅を焼くとき、餅が網からずれて落っこちてしまうことがある。この黒こげになる餅を世間では犯罪者という。芸術は上手い具合に餅を焼く。そして、焼かれた餅にはしっかりと焦げ目が付いていて、かつ美味い。これが芸術であり、芸術家である。

小説家は犯罪者を理解するが犯罪者にはならず、むしろ世間から褒められる。犯罪を扱った古典作品は沢山ある。まぁ、三島の場合は結局、自身がもろに犯罪者になってしまったが。いや、革命家か。

みな、三島を誤解しているかも知れない。かく言う余もこれを読むまで誤解していた。誤解が解けるか分からぬが、以下に本書の一文を引用しよう。

「たとえば東京湾埋め立て計画というものがあり、それはそれなりに一寸した雄大な計画ではあるが、政治家はそこに金蔓になる交通機関を四通八達させ、官僚は埋め立て地を官庁街にすることを夢み、銀行家は銀行のビルを櫛比させ、誰それは何を、という風に、未来社会のめいめい勝手なイメージを描くであろう。しかし、何百万坪か知らないが、その埋立地全部の平坦なコンクリートの地面に、金いろにピカピカ光る何百億の画鋲を植えつけよう、という計画は誰が立てるだろうか。芸術家が未来を先取りするとは、そういうことなのだ」


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

若きサムライのために (文春文庫)若きサムライのために (文春文庫)
(1996/11)
三島 由紀夫

商品詳細を見る

不道徳教育講座 (角川文庫)不道徳教育講座 (角川文庫)
(1967/11)
三島 由紀夫

商品詳細を見る

行動学入門 (文春文庫)行動学入門 (文春文庫)
(1974/10)
三島 由紀夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  15:19 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2009.12/15(Tue)

新しい文学のために 

新しい文学のために (岩波新書)新しい文学のために (岩波新書)
(1988/01)
大江 健三郎

商品詳細を見る


大江の本はむずかしい。その場その場では、なるほどなぁ、とか感じるものの、全体を思い起こすと漠然としたなにかしか思い出せない。とにかく、この本は文学について語られていることは間違いない。

中でも「異化」についての考察が鋭い。異化とは日常から、ものごとを浮かび上がらせること。人々の注意をどのように向けるか、ということである。もちろん、大江も十数頁ついやして説明している。それほど分かりにくいもの。例えの一つで、ガラパゴス島のゾウガメの話を出している。新聞記者はゾウガメの生態を平易に描写する。しかし、芸術家は、ゾウガメの存在自体を読者の心にいかに刻むか、文章に目を走らせていた読み手が、つい立ち止まるように、文章の一節に釘付けに。そして改めて、今度はゆっくりした注意深い仕方で活字を辿り始める。そうした効果を期待しつつ、作家は文章を書くのである。

大江の文章を読むと、立ち止まって、注意深く活字を辿らなければならない。だんだん眠くなって、余計意味が分からなくなるのだ。

このほかにも書くことと読むこと、とか、神話的な女性像論とか、薄い本なのに、内容は盛りだくさんである。


オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

水死水死
(2009/12/15)
大江 健三郎

商品詳細を見る

「新しい人」の方へ (朝日文庫 お 40-4)「新しい人」の方へ (朝日文庫 お 40-4)
(2007/10/10)
大江 健三郎

商品詳細を見る

さようなら、私の本よ! (講談社文庫)さようなら、私の本よ! (講談社文庫)
(2009/02)
大江 健三郎

商品詳細を見る

テーマ : この本買いました - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  08:46 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/23(Thu)

日本語のレトリック―文章表現の技法 

日本語のレトリック―文章表現の技法 (岩波ジュニア新書)日本語のレトリック―文章表現の技法 (岩波ジュニア新書)
(2002/12)
瀬戸 賢一

商品詳細を見る


久々にいい本に巡り会った。レトリックとは比喩や擬人法といった、言葉の綾のことである。レトリックという学問はそれこそ、言葉が生まれたのと同時に存在する。しかし、日本人はあまりレトリックというもを好まないらしい。レトリックは使い方次第によってはトリックのようにもなる。日本人は実直を重んじるのか、言葉を飾らないのか、よくわからないけれども、巧言や饒舌を好まないような気がする。つまり、意図的に言葉を操ることが好きではないのかも知れない。

好き嫌いは置いておいて、レトリックは実に様々な我々の表現に説明を与える。例えば今述べた、巧言や饒舌を好まない、というのも、黙説法や省略法といった、敢えて言葉を用いずに、沈黙や余韻で意味を伝える、という立派なレトリックである。つまり、レトリックは意思の伝達において有益なものではないかと考えられる。

本書はレトリックを30の項目に分けて、一つずつ説明を加えていく。余はいくつかレトリックの書を読んだことがあるが、だいたい、もっと少ない数に分けて、細々説明するものが多い。レトリックは数学のように割り切れるものではない。言葉の組み合わせの数だけ意味が存在する。ほとんど無限である。それを全部説明するのは不可能である。故に、この30という数が絶妙なのだ。レトリックに興味のある方は、この書を勧める。

オススメ度: レベル4.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

レトリック事典レトリック事典
(2006/11/01)
佐藤 信夫松尾大

商品詳細を見る

レトリック認識 (講談社学術文庫)レトリック認識 (講談社学術文庫)
(1992/09)
佐藤 信夫

商品詳細を見る

文彩百遊―楽しむ日本語レトリック (遊子館BOOKS (1))文彩百遊―楽しむ日本語レトリック (遊子館BOOKS (1))
(2008/01)
荻生 待也

商品詳細を見る

テーマ : 買うべき本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  20:47 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/22(Wed)

2週間で小説を書く! 

2週間で小説を書く! (幻冬舎新書)2週間で小説を書く! (幻冬舎新書)
(2006/11)
清水 良典

商品詳細を見る


2週間で小説を書き上げるというのではなく、14つのエクササイズがあり、それを真面目にやれば小説を書けるようになる、というもの。もっとも、真面目にやったからといって、小説が書けるようになる保証どこにもない。ましてや、新人賞を取れるなどはいわずもがな。

本書には「てにをは」の使い方やキャラクターはこうあるべき、序章は原稿用紙何枚まで、登場人物は何人以下にしろ、みたいな押しつけがましいところがない。好感が持てるところである。そのかわりに、様々な作品を実際に引用して、作中の効果を説明している。また、小説に対する考察もいろいろ載っているので思い白い。これなら、小説家を目指す人、目指さない人にかかわらず有益な書であると勧められる。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84)ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84)
(2008/10/09)
大塚 英志

商品詳細を見る

1週間でマスター 小説を書くための基礎メソッド―小説のメソッド 初級編1週間でマスター 小説を書くための基礎メソッド―小説のメソッド 初級編
(2003/04)
奈良 裕明編集の学校

商品詳細を見る

ライトノベルを書こう! (宝島SUGOI文庫)ライトノベルを書こう! (宝島SUGOI文庫)
(2009/07/04)
榎本 秋

商品詳細を見る

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:59 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.07/19(Sun)

太宰治 (Spirit 作家と作品) 

太宰治 (Spirit 作家と作品)太宰治 (Spirit 作家と作品)
(1994/04)
鶴谷 憲三

商品詳細を見る


前半は太宰治の解説と伝記。全集の付録でついているようなもの。写真等も載っているので悪くない。

後半は作品を一つ一つ検証していく。しかし、それほど詳細に分析するわけでもなく、大意というか、さわりの部分や、テーマ、また背景や見どころをピックアップして解説する。

まぁ、しかし、小説の楽しみ方というのはこういうものではないから、最初からこれを読むのはいかがなものかと思う。太宰の小説を読んで興味をもった人が、他の角度から太宰を眺めたいとき読むといいと思う。

邪道な使い方ではあるが、宿題の読書感想文なんかを書かなければいけないとき、これを読めばかなり偉そうなことが書けるだろう。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

女生徒 (角川文庫)女生徒 (角川文庫)
(2009/05/23)
太宰 治

商品詳細を見る

富士には月見草―太宰治100の名言・名場面 (新潮文庫)富士には月見草―太宰治100の名言・名場面 (新潮文庫)
(2009/04/25)
太宰 治長部 日出雄

商品詳細を見る

直筆で読む「人間失格」 (集英社新書 ビジュアル版 11V)直筆で読む「人間失格」 (集英社新書 ビジュアル版 11V)
(2008/11/14)
太宰 治

商品詳細を見る

テーマ : 小説 - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  15:55 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/04(Mon)

新文章読本 

新文章読本 (新潮文庫 か 1-17)新文章読本 (新潮文庫 か 1-17)
(1954/09)
川端 康成

商品詳細を見る


余が小説の手本とあがめている川端康成の作品。しかし、本書はあまり参考にはならない。なぜなら、本書は昭和29年に書かれたもので、時を同じくしない。川端自身が「平家物語や太平記は当時は名文であったであろう。しかし、今見ればこの装飾多い身振り手振りは返って我々の感銘を妨げる」と言っているように、川端が紹介する多数の事例も、今見れば古めかしい厳ついものといった印象しかうけない。

この本の半分くらいは他の作家の文章を引用して、講釈に使用しているわけであるが、上記の通り、引用文はほとんど意味をなさない。しかし、川端が考える文章の蘊奥のようなものはひしひし伝わってくる。文章を志す人間は読んで損無し。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

ワインバーグの文章読本ワインバーグの文章読本
(2007/11/20)
Gerald M. Weinbergジェラルド・M・ワインバーグ

商品詳細を見る

文章読本―文豪に学ぶテクニック講座 (中公文庫)文章読本―文豪に学ぶテクニック講座 (中公文庫)
(2003/10)
中条 省平

商品詳細を見る

文章読本 (ランダムハウス講談社文庫)文章読本 (ランダムハウス講談社文庫)
(2007/06/02)
吉行淳之介(選)

商品詳細を見る

テーマ : 読了本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  18:25 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.02/27(Fri)

小さき者へ 

小さき者へ (新潮文庫)小さき者へ (新潮文庫)
(2006/06)
重松 清

商品詳細を見る

重松清の短編集。小さき者へを含む、6編が収められている。小さき者へは、グレて手のつけられなくなった息子に父親が思いの丈を手紙で綴る話。グレたといっても、並大抵ではない。学校でいじめられ、その怒りを家庭に向けるという、なんとも勘弁して欲しい手に負えない息子だ。家の硝子は割る、母親を殴るなど、目を覆いたくなる駄目息子。

余が一番好きなのは、青あざのトナカイ。脱サラをしてピザ屋を始めたが経営に失敗してアル中の男の話。もちろん、妻子にも逃げられてる。

っていうか、どの短編も駄目人間が目白押しだ。重松は急な坂道の真っ最中にいる人間を描きたかった、と後書きで書いている。人生上手くいっていない人を描いたらしい。息子がぐれている、ぐれている少女が主人公、脱サラ失敗、離婚、いじめ、そんな主題が盛りだくさん。余はバットエンドの鬱話は嫌いではないが、さすがに、全編鬱主人公の鬱話となるとつらいものがある。

でも、面白いのでお勧め。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

きみの友だち (新潮文庫)きみの友だち (新潮文庫)
(2008/06/30)
重松 清

商品詳細を見る

その日のまえに (文春文庫)その日のまえに (文春文庫)
(2008/09/03)
重松 清

商品詳細を見る

希望ヶ丘の人びと希望ヶ丘の人びと
(2009/01/16)
重松 清

商品詳細を見る

テーマ : 今日の一冊 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  15:21 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11/18(Tue)

書きあぐねている人のための小説入門 

書きあぐねている人のための小説入門書きあぐねている人のための小説入門
(2003/10/31)
保坂 和志

商品詳細を見る


なぜ、頭に「書きあぐねている人のための」という枕詞がつくのかよくわからない。普通の人のための小説入門である。数多の小説作法と違うところは、本書が技術論ではなく、精神論に特化していることである。これは、エンターテイメント小説のための小説作法ではなく、純文学のための小説作法である。

ちなみに、余は保坂和志の小説は一つも読んだことがないので、氏の持論が氏の芸術にどのように反映されているのかは、まるでわからない。

氏は小説を「小説」と「小説の形をしたもの」とに峻別している。つまり、紙に字が書いてあって、登場人物が出てきて、背景があって、起承転結があったとしても、それは小説とは呼ばない。それは「小説の形をしたもの」でしかない。では、小説にたどり着くにはどうしたらいいか。その精神論が本書には盛り込まれていて、結論を言うと、「遠回りするしかない」らしい。

テーマの項は余も非常に同感である。小説にしろ何にしろ、よく、「この作品のテーマは?」と聞かれる。余は小賢しいので、テクニカルタームを多用して煙に巻くことにしているが、本当は作品のテーマなんかこれっぽっちもないのである。ただ、作品があるだけだ。氏は「小説というのは現在進行形の『読む時間』の中にしかなく、テーマというのは便宜的に整理する作品の一側面」という。音楽などはなおさらだ。聴いている瞬間にしか音楽はない。テーマなど販促のための惹句である。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

小説、世界の奏でる音楽小説、世界の奏でる音楽
(2008/09)
保坂 和志

商品詳細を見る

小説の誕生小説の誕生
(2006/09/28)
保坂 和志

商品詳細を見る

途方に暮れて、人生論途方に暮れて、人生論
(2006/04/21)
保坂 和志

商品詳細を見る

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  22:41 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05/29(Thu)

ダ・ヴィンチ渾身本気で小説を書きたい人のためのガイドブック  

ダ・ヴィンチ渾身本気で小説を書きたい人のためのガイドブック (ダ・ヴィンチブックス)ダ・ヴィンチ渾身本気で小説を書きたい人のためのガイドブック (ダ・ヴィンチブックス)
(2007/03)
ダ・ヴィンチ編集部

商品詳細を見る

小説のガイドブック、ダ・ヴィンチが出した小説の書き方本。数多の小説の書き方、新人賞の取り方本とあまり違いが見いだせない。

文芸編集者匿名座談会なるものは面白かった。純文学、中間小説、エンターテイメント系の編集者が最近の小説の傾向を語り合う。数ページしかないので立ち読みでいける。

新人賞格付け徹底ガイドもちょっと面白い。文芸賞や乱歩賞、太宰賞、電撃大賞等、41の新人賞がコメント付きで評価されている。文学賞狙いの人には美味しい記事。

あとは、作家の回想録や、文学賞滅多切りの人たちの話とか、とくに読むべきところは少ない。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》
物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン (朝日文庫)物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン (朝日文庫)
(2003/04)
大塚 英志

商品詳細を見る

作家デビューしたい!新人賞を狙える小説プロット実戦講座作家デビューしたい!新人賞を狙える小説プロット実戦講座
(2007/04)
若桜木 虔

商品詳細を見る

官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)
(2006/10)
永田 守弘

商品詳細を見る

       ↑ この本欲しいなぁ。

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  01:10 |  小説 文章 作法  | TB(1)  | CM(0) | Top↑
2008.02/16(Sat)

一億三千万人のための小説教室 

一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786)) 一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))
高橋 源一郎 (2002/06)
岩波書店
この商品の詳細を見る


高橋源一郎がNHKのようこそ先輩という番組で小学生を相手にやった授業の焼き直し。小説とはなにか、という漠然とした議論からはじまる。

小説を捕まえるとか、小説と遊ぶ、とか、どれもこれも抽象論で、曖昧で漠然としている。一言で言うと、「書評が書きにくい」

読み終わって、狐に摘まれたような気分。あくまで、小説教室。小説の書き方などは載っていない。ましてや、新人賞の取り方などは鱗片もない。それを期待して読む余のように動機の不純な人間は、期待を大きく裏切られることとなる。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  15:33 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.05/18(Fri)

エッセイ上達法 実例!9000作品の添削から生まれた 1週間で文章家!  

実例!9000作品の添削から生まれたエッセイ上達法―1週間で文章家! 実例!9000作品の添削から生まれたエッセイ上達法―1週間で文章家!
武田 輝、加藤 康男 他 (2001/05)
フローラル出版
この商品の詳細を見る


やたらと字が大きい。
ターゲットは年寄りだからであろうか。
小学校の教科書を思い出した。
内容的には承伏しかねるところもちらほらあるが、
主に基本的なことしか書かれていないので、
初学者には参考になるやも知れない。

オススメ度: レベル2.5
FC2 Blog Ranking

テーマ : **本の紹介** - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  11:08 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.02/03(Sat)

ミステリーのおきて102条 

ミステリーのおきて102条 ミステリーのおきて102条
阿刀田 高 (2001/10)
角川書店
この商品の詳細を見る


阿刀田高が新聞に連載していたというエッセイ。
ミステリー作家が普段どのようなことを
考えているのかがわかって
それなりに面白いと思った。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : エッセイ/随筆 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  01:03 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/25(Thu)

小説の方法 

小説の方法 小説の方法
大江 健三郎 (1998/09)
岩波書店
この商品の詳細を見る


難解至極である。余の理解力が乏しいためか、
しっかり読んでみても別に大したことは書かれていないように思えた。
大江健三郎ファン以外は、あまり興味をひかれないと思う。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking

テーマ : 文学・小説 - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  23:20 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/20(Sat)

重松清 見よう、聞こう、書こう。  

重松清 見よう、聞こう、書こう。―課外授業ようこそ先輩・別冊 重松清 見よう、聞こう、書こう。―課外授業ようこそ先輩・別冊
NHK「課外授業ようこそ先輩」制作グループ、 他 (2002/06)
KTC中央出版
この商品の詳細を見る


NHKでやった、ようこそ先輩、を本にしたもの。
余は重松清なる作家をまるで知らなかったが、
これを読んで、是非著作も読んでみようと思った次第である。
この本自体は、
小学生がいかに創作に取り込むかを記したものにすぎない。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : 小説論 - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  02:13 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/20(Sat)

現代小説のレッスン 

現代小説のレッスン 現代小説のレッスン
石川 忠司 (2005/06/17)
講談社
この商品の詳細を見る


よく出版されたものだと、違う意味で驚く。
ページを追うごとに、その独断と偏見ぶりが爆発してくる。
とくにペラい日本語のところでは、
その思慮のペラさに度肝を抜かれる。
我が言語は発展しているのだ。
中国人の一元と、日本人の一元では、
同じ一元でも価値がまるで違うと言うことを理解してくれ。

オススメ度: レベル1
FC2 Blog Ranking

テーマ : 小説論 - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  02:05 |  小説 文章 作法  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。