10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.08/20(Wed)

新・戦争学 


新・戦争学 (文春新書)新・戦争学 (文春新書)
(2000/08)
松村 劭

商品詳細を見る


戦争学の続編と言うよりは、近代の戦争に特化して分析している。前著とは趣を異にするもの。故に、前著を読まなくても本書は十分に楽しめる。

本書は主に、火力の増大とジェットやロケットエンジン等の内燃機関の発達が戦争にどのような変化をもたらしたかについて記述している。そして、ユーゴ空爆や湾岸戦争の爆撃を分析して、戦争のあり方について開陳する。

最初の大規模空爆はナチスドイツのイギリス空爆。ナチスは当初、イギリス軍の空軍基地を重点的に爆撃していた。イギリス空軍は壊滅寸前であった。しかし、ある日誤ってロンドンに爆弾を落とした。そこで、ロンドン市民の動揺をみたイギリスのドーディング元帥はベルリン爆撃を敢行する。

ベルリンをやられたヒトラーは怒って爆撃目標を空軍基地ではなくロンドンに定め、大規模なロンドン爆撃を行った。ドーディング元帥は市民の要望をはねのけロンドンの防空はせず軍事基地の防空に徹し、ロンドンが焼かれている隙に空軍を再建しナチスを撃破した。

この教訓から、都市や非戦闘員への爆撃というものは、戦争の勝利という観点からは甚だ疑問である。日本の敗因は帝都の防空に無駄に戦力を割いたことも要因の一つである。

最近の先進国の戦争は自国の兵士の損害を恐れるあまり空爆に徹し、その結果、敵の戦闘力ではなく、敵国のインフラや非戦闘員を大量に破壊して殺害するだけになっている。果たして、その結果得た勝利が本当の意味での勝利に繋がるのか。むしろ怨念を残すだけではないのか。

戦争の格言に「戦車には戦車を」というのがある。歩兵には歩兵を。火力兵器には火力兵器を。相手の歩兵戦力を掃討するためには、こちらも歩兵戦力を当てるしかない。そこには必ず損害が伴う。それを是認しても戦争を行うべきか。空から爆弾を落とすだけならリスクは少ない。その結果、先進国は怨念を引き受けることになる。怨念はテロという形で噴出するだろう。テロを防ぎたいならば、自らばらまいたその原因を取り除く必要があるだろう。

ときどき、中国は13億人いて日本の十倍だから、1人で十人倒さねばならない、とか真顔で言ってる人がいるが、それは三国志時代の発想である。エノラ・ゲイと数名の搭乗員は一撃で15万人のヒロシマ市民を殺害している。
スポンサーサイト
【編集】 |  09:42 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2014.07/05(Sat)

日本の敗因―歴史は勝つために学ぶ 


日本の敗因―歴史は勝つために学ぶ (講談社プラスアルファ文庫)日本の敗因―歴史は勝つために学ぶ (講談社プラスアルファ文庫)
(2001/05)
小室 直樹

商品詳細を見る


勝者敗因を秘め、敗者勝因を蔵す

この言葉で始まる本書は実に示唆に富む。太平洋戦争での日本の敗因を分析している。まず、多くの日本人が太平洋戦争は勝てるはずのない戦争であった、というが、それは間違いである。上手くやれば、勝てたはずの戦争で、真珠湾奇襲という奇蹟の攻撃が成功した後では、むしろ勝てる戦争であった。しかし、日本は負けた。その原因は日露戦争の勝因を分析しなかったからである。しかるに、太平洋戦争の敗因を分析しない故、現今の堕落が続いている。来るべき時代に勝ち残るためには、まず、太平洋戦争の敗因を分析せよ、というのが本書。

そして、事細かく太平洋戦争の海戦や作戦を分析している。飛行機のエンジンの大きさから、腐朽官僚体制まで分析する。そして、もっとも大きな敗因は腐朽官僚体制であると喝破する。その腐朽官僚体制は現在も続いている。これでは日本が浮上できるはずがない。十年以上前の本ではあるが、一読、二読の価値有り。
【編集】 |  06:18 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2014.07/01(Tue)

現代語古事記: 神々の物語 

現代語古事記: 神々の物語 (学研M文庫)現代語古事記: 神々の物語 (学研M文庫)
(2013/07/09)
竹田 恒泰

商品詳細を見る


国粋的な思想を語っているくせに、なんと今まで古事記すら読んだことがないという。我ながら反省。ギリシャ神話や聖書は読んでいるくせに。

では、なぜ今更ながらに古事記を読もうと思ったかというと、三島の日本文学小史の古事記の項に、戦前日本は教育勅語でスタティックな徳目を要求し、一方古事記では教育勅語とはまるで正反対のことを神々がやっている。三島はそれを、さらに高い目があり神々のデモーニッシュな力を国家は望み要請していた、という。

確かに読んでみると神々や天皇はそれはそれはデモーニッシュなことをしている。今の無菌状態社会、安心安全を信奉して自転車の二人乗りすら許さない社会とはまるで違う。自由というか規範が一切存在しない。恐ろしい反面あこがれすら感じる無秩序。日本がこの力を封じたのは実に愚かしきことである。

冒頭で訳者は歴史学者のトインビーの言葉を紹介している。
「12、13歳くらいまでに民族の神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる」
日本は戦後古事記を教えることはなかった。その結果、まさに大和民族と呼べるよな日本国民共通の感覚はますます失われ、すべては経済的価値でのみはかられ、国民は子々孫々のことなど考えもしなくなってしまった。

民族の成り立ちを日本国民として共有するところから始める必要がある。そして、お上品な上辺っつらの安心安全などではなく、デモーニッシュな力を人民は取り戻すべきである。

【編集】 |  12:26 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.03/29(Thu)

関東大震災 

関東大震災 (文春文庫)関東大震災 (文春文庫)
(2004/08)
吉村 昭

商品詳細を見る


関東大震災を様々な角度から検証して、全貌を浮かび上がらせようとしたもの。試みは実に良く成功している。

まず、震災の発生までの世情を論じる。2人の対照的な地震学者である大森教授と今村助教授をまるで小説の登場人物のように動かし、この2人がどのように地震について考え、帝都の民がどのように震災を思ったかを描く。震災は突然襲ったのではない。帝都の民はある程度予想し、怖れていたのである。

次に実際の震災による被害状況を資料を用いて克明に記す。さらに、被服廠跡や、浅草吉原公園など大規模な被害を出した場所を取り上げ、当時の証言を元にどのようにして悲劇が起こったのかを検証している。また、大火災を防いだ例も検証している。

震災後、人々はどのように振る舞ったか、世情はいかような影響を受けたかなども、章をさいて言及している。中でも、朝鮮人虐殺と大杉栄の殺害の項は実に良く書けている。まるで、その当時にいるような錯覚に陥る。

本書がドキュメンタリー、記録として優れていることは言うまでもないが、エンターテイメントとしても秀逸である。建物の中でこの書を読んでいたら、怖くなり建物を出てしまった。また、地下鉄に乗るのも怖くなる。この前は遠回りを承知で地上の電車に載ってしまった。首都に地震は必ず来る。この書を読んで心構えをつけておくことを勧める。


オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

「3.11キヲクのキロク」市民が撮った3.11大震災 記憶の記録「3.11キヲクのキロク」市民が撮った3.11大震災 記憶の記録
(2012/03/03)
NPO法人20世紀アーカイブ仙台

商品詳細を見る

平成関東大震災 いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった (講談社文庫)平成関東大震災 いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった (講談社文庫)
(2010/09/15)
福井 晴敏

商品詳細を見る

3・11大震災 記者たちの眼差し [DVDブック]3・11大震災 記者たちの眼差し [DVDブック]
(2012/03/11)
JNN

商品詳細を見る

テーマ : 買うべき本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  11:36 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.08/11(Wed)

ヒトラーの秘密図書館 

ヒトラーの秘密図書館ヒトラーの秘密図書館
(2010/01/07)
ティモシー・ライバック

商品詳細を見る


ヒトラーの蔵書を研究した書。と言っても、ただヒトラーの蔵書を羅列したにあらず。ヒトラーの幼年時代から、晩年まで、その時代その時代にヒトラーが読んだと思われる代表的な本を取り上げ、ヒトラー自身の思想の動きを浮き彫りにした。研究書というよりは、面白い伝記読み物だ。

本書は10章に分けられている。ヒトラーの生涯を10に区分している。ヒトラーが欄外にした書き込み、開き癖のついたページ、秘書や側近の証言、利用できるものは全て利用してヒトラーという人間を分析する。

第一章はヒトラーが芸術家を目指していたときに読んだ「ベルリン」という書である。この書物を持って、戦争中の休暇、ヒトラーがどんな思いでベルリンの街を観光したかが描かれる。

第二章は反ユダヤ主義。ヒトラーがどんな本を読んで、誰の影響を受けて、どういうふうに反ユダヤ思想を育んでいったかが述べられる。

既存の本だけではない。我が闘争や、出版に至らなかったヒトラーの草稿なども持ち出されて、彼の思想を想像する。ただ、終章に近くなるにつれて、ヒトラーの歴史的犯罪を断罪しようとする記述が散見される。誠に残念だ。

本書の思想は文芸評論家ヴァルター・ベンヤミンの一言につきる。
「人は自分が書物を保存しているのだと信じて書物を収集しているが、実際には、書物の方がその収集者を保存しているのだ。


オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

時代を撃った声~20世紀の偉大なスピーチ~(6巻組BOX) [DVD]時代を撃った声~20世紀の偉大なスピーチ~(6巻組BOX) [DVD]
(2008/09/26)
20世紀の偉大な人物

商品詳細を見る

ヒトラーの経済政策-世界恐慌からの奇跡的な復興 (祥伝社新書151)ヒトラーの経済政策-世界恐慌からの奇跡的な復興 (祥伝社新書151)
(2009/03/27)
武田 知弘

商品詳細を見る

ヒトラーの大衆扇動術ヒトラーの大衆扇動術
(2010/07/10)
許 成準

商品詳細を見る

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:24 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.06/18(Thu)

イングランドの中世騎士―白銀の装甲兵たち (オスプレイ戦史シリーズ) 

イングランドの中世騎士―白銀の装甲兵たち (オスプレイ戦史シリーズ)イングランドの中世騎士―白銀の装甲兵たち (オスプレイ戦史シリーズ)
(2002/09)
クリストファー グラヴェットグラハム ターナー

商品詳細を見る


いわゆる騎士道や中世史の本ではない。副題の「白銀の装甲兵たち」が示すとおり、板金鎧の中世騎士を扱っている。鎧の本である。チェーンメイルでさえない。

鎧の話が中心ではあるが、それに附随して、戦争の話、戦略の話、武器の話、戦争で負傷をした場合どうするか、等のかなりマニアックな話が盛りだくさんである。そもそも、このシリーズはマニアックなのだ。写真や絵が豊富に掲載されているので、見ているだけでも面白い。

オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

中世ヨーロッパ騎士事典 (「知」のビジュアル百科)中世ヨーロッパ騎士事典 (「知」のビジュアル百科)
(2005/09)
クリストファー グラヴェット森岡 敬一郎

商品詳細を見る

中世騎士物語 (岩波文庫)中世騎士物語 (岩波文庫)
(1980/01)
ブルフィンチ

商品詳細を見る

図説 西洋騎士道大全図説 西洋騎士道大全
(2005/10)
アンドレア ホプキンズ

商品詳細を見る

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:54 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.05/13(Wed)

十字軍の思想 

十字軍の思想 (ちくま新書)十字軍の思想 (ちくま新書)
(2003/07)
山内 進

商品詳細を見る


十字軍がどのような歴史的経緯を持って結成されたか。そこには、単にエルサレム奪還という純粋な意思とは別に、様々な歴史的背景が存在した。だから歴史は面白い。これは、歴史書である。

そして、十字軍がどのようにして廃れてきたかまでを描いている。著者は十字軍を教皇の命令によってキリスト者が集まり進軍するものと定義する。それ以外のキリスト教的な戦争は「聖戦」という括弧に入れて、十字軍と区別する。

しかし、教皇の命令がなくとも、十字軍的思想に基づいて起こされる争いは存在する。近年ではアメリカのブッシュがアフガンを攻める際に十字軍という言葉を用いた。イスラム諸国もアメリカの攻撃を十字軍からの攻撃だと言った。イスラム諸国にとって十字軍とは殺戮者の集団である。

そのような意味で、現在でも十字軍の思想というものは残っている。それは、未だに宗教的対立が完全に消え去っていないことを明らかにしている。我々日本人は宗教的にはニュートラルなので、この言葉、この思想の意味をおそらく彼らほど感じ得ることは出来ないだろうが、西洋史の一端を知る上で、この書は面白い。

オススメ度: レベル4.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

アラブが見た十字軍 (ちくま学芸文庫)アラブが見た十字軍 (ちくま学芸文庫)
(2001/02)
アミン マアルーフ

商品詳細を見る

十字軍という聖戦―キリスト教世界の解放のための戦い (NHKブックス)十字軍という聖戦―キリスト教世界の解放のための戦い (NHKブックス)
(2008/02)
八塚 春児

商品詳細を見る

十字軍の遠征と宗教戦争 (シリーズ絵解き世界史 5)十字軍の遠征と宗教戦争 (シリーズ絵解き世界史 5)
(2008/02/25)
ジェイムズ・ハーパー

商品詳細を見る

テーマ : 読了本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  00:05 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.06/19(Thu)

松下村塾と吉田松陰―維新史を走った若者たち 

松下村塾と吉田松陰―維新史を走った若者たち松下村塾と吉田松陰―維新史を走った若者たち
(1996/03)
古川 薫

商品詳細を見る

幕末の志士、吉田松陰の伝記である。とくに、松下村塾での出来事が詳しく載っている。そこに参集する若者、高杉、久坂、伊藤、山縣、といった、幕末から明治にかけて活躍するキャラたちの若き日の姿が描かれている。すべて、松陰を通しての彼らの姿なので、意外な一面とかもある。

しかし、これを読んだからと言って、松陰の思想がわかるわけでもない。というのも、松陰はかなり頭が良くて、松陰の行動には、いくつもの先を予測してのことがある。だから、行動だけを見たのでは、彼がなにを本当にやりたかったのか判然としないのである。日本を諸外国に負けないようにしようとするのであるが、おそらく、それだけの狙いではあるまい。なにか、神懸かったところがある。

本書は萩のカラー写真をふんだんに使い、視覚的にも松陰の時代や町をうったえる工夫をしている。また、字がでかくて読みやすい。注は小さくて読みにくい。読みにくいが、注には結構重要かつ興味深いことが書かれているので、ぜひ、とばさずに読みたい。

「勉強なさられませい」 by 松陰

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

吉田松陰・留魂録 (講談社学術文庫)吉田松陰・留魂録 (講談社学術文庫)
(2002/09)
古川 薫

商品詳細を見る

吉田松陰の実学―世界を見据えた大和魂 (PHP新書)吉田松陰の実学―世界を見据えた大和魂 (PHP新書)
(2005/05)
木村 幸比古

商品詳細を見る

テーマ : ぐっときた本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  09:43 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01/07(Mon)

虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実 

虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実 (講談社+α文庫 (G143-2)) 虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実 (講談社+α文庫 (G143-2))
平野 貞夫 (2007/10/19)
講談社
この商品の詳細を見る


著者の平野貞夫は小沢一郎の側近である。小沢一郎と長年接してきて、小沢側から見た戦後日本の政治史を語っている。その点において、森田実の本に非常によく似た構成となっている。

内容はまさに小沢一郎の伝記で、祖父の代から語られている。側近だけに、その時々起こった事件が実に鮮やかに描かれている。小沢に対する誤解も、事実を提示して否定している。森田の礼讃本よりかは遙かにまともに書かれていて、小沢の問題点なども憚ることなく載せている。

ただ、やはり歴史を追った本なので、小沢の思想を知るならば小沢主義の方が優れている

しかし、諸賢。小沢一郎が如何に大物政治家であり、野党第一党の党首だと言っても、その思想が必ずしも優れているわけではなく、また、小沢は思想家ではなく活動家。思想のままにならぬ現実というものを扱う人間だ。書物のみにて小沢を知ることは出来ない。ぶっちゃけて言うと、現実を扱うものは表掲するものを以てまた現実を弄くろうとするので、それをさっ引いて読まないといけない。つまり、純粋な読み物としては読めない。

例えば最後のページに載っている、日本一新基本構想の「一新八策」などは、選挙チラシのようなまるで中身のないプロパガンダだとすぐに見抜けるはずだ。そこから先の細かいことなど、所詮オブザーバーには見えないところ。現実に係わるものがやることは全て選挙チラシだとよくよく戒心したほうがいい。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 民主党 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  19:28 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.07/21(Sat)

諸葛孔明 「三国志」の名軍師 

諸葛孔明―「三国志」の名軍師 諸葛孔明―「三国志」の名軍師
桜井 信夫 (1992/06)
講談社
この商品の詳細を見る

子供向けの伝記。
三国志を知っていなくても楽しめるように作られている。
知っていればもっと楽しいことであろう。
諸葛孔明が才知迸る機械的な人間などではなく、
失敗も結構やっているし、
人間的な感情により
最適な判断を見過ごしたりする部分がよく書かれている。
孔明がこれほどまでに人気があるのも、
天才だからというよりは、人間的であり、
かつ悲運だったからであろう。
三国時代などというのは、人類の長い歴史の中で、
ほんの数十年、中国の一画でのでの出来事に過ぎない。
これだけ、人々の心を捕らえる物語が繰り広げられたというのは、
まさに奇蹟だろう。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  00:20 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.07/15(Sun)

日本史集中講義 

日本史集中講義―点と点が線になる 日本史集中講義―点と点が線になる
井沢 元彦 (2007/06)
祥伝社
この商品の詳細を見る

面白い。余はもともと日本史が好きで、
ここに書いてあることの大半は知っていた。
それでも、十七条憲法の精神が現在まで
脈々と受け継がれているという理論は見事であった。
他にも、戦国時代の宗教と現在の宗教の感覚がいかに違い、
その異なった感覚が派生する理由、なども大変興味深い。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  21:17 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.06/16(Sat)

路上喫煙にNO!―ルールはマナーを呼ぶか 

路上喫煙にNO!―ルールはマナーを呼ぶか 路上喫煙にNO!―ルールはマナーを呼ぶか
千代田区生活環境課 (2003/10)
ぎょうせい
この商品の詳細を見る


平成14年10月1日から千代田区は全国で初めて、
路上喫煙に対し、金二千円の過料を徴収することになった。
まだ記憶に新しいかもしれない。
どうして、千代田区が路上喫煙に罰金を科すようになったのか?
そのいきさつ。取り締まりの体制、条例に対する世論、
また、取られる方ではなく、
罰金を徴収する側の心理的な重圧などもリアルに記されている。ドキュメンタリー、ノンフィクションとして秀逸な一冊。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  00:09 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.03/11(Sun)

テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う 

テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う
朝日新聞アタ取材班 (2002/04)
草思社
この商品の詳細を見る


副題の通り、911事件の首謀者とされる
モハメド・アタの生い立ちと、
その思想がどのような変遷をたどったかを追うドキュメント作品。
しかし、昨今のアメリカの横暴を思えば、
彼がこれと言って異常者だとは言えない。
誰だって、アメリカに反感を持っている。
むしろ、テロの少なさに驚くべきではなかろうか?
この本は詳細で、褒めるべきものであるのだが、
問題点を上げるとすれば、
テロ=悪という解釈をしているところであろうか? 
実行犯のみならず、その周りの人間の思想までも
悪と描くは些か公平を欠くと言わざるを得ない。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking
【編集】 |  03:05 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.03/08(Thu)

いわゆるA級戦犯 ゴー宣SPECIAL  

いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL
小林 よしのり (2006/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


ゴー宣スペシャル。
丸ごと一冊A級戦犯である。
書き下ろしだから、
ゴー宣を全部読んでいる人間も買って損はしない。
A級戦犯を擁護すると言うよりも、
A級戦犯になった人たちは、
いったいどのような人たちだったのか、
そこに光を当てる作品となっている。

オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking
【編集】 |  16:09 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.02/20(Tue)

レオナルド・ダ・ヴィンチ 真理の扉を開く 

レオナルド・ダ・ヴィンチ―真理の扉を開く レオナルド・ダ・ヴィンチ―真理の扉を開く
高階 秀爾、アレッサンドロ ヴェッツォシ 他 (1998/11)
創元社
この商品の詳細を見る


ダビンチダビンチと右を向いても左を向いてもダビンチな昨今、
そんなダビンチ番組を見て興味がわいたので読んでみた。
ダビンチは画家だけあって、色々な物を絵に描いて残している。
この本は絵の写真がたくさんあっていい。
入門には悪くないと思う。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  19:36 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.02/20(Tue)

チェ・ゲバラ―革命を生きる 

チェ・ゲバラ―革命を生きる チェ・ゲバラ―革命を生きる
太田 昌国、ジャン コルミエ 他 (2004/12)
創元社
この商品の詳細を見る


ゲバラの伝記本である。
この出版社のレオナルドダビンチの伝記を読んで
なかなか面白かったので、ゲバラも読んでみた。
まぁ、それなりにゲバラという人間がわからんではないが、
今ひとつ迫力に欠ける本である。
ダビンチは画家なので図解が必要だが、
ゲバラはそれをあまり必要としていない。
なのに、これは絵が多い。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  19:33 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/20(Sat)

バッハの思い出 

バッハの思い出 バッハの思い出
アンナ・マグダレーナ バッハ (1997/09)
講談社
この商品の詳細を見る


バッハを音楽の神とあがめる人間は必ずこの作品を楽しめる。
なぜならば、この作品はバッハをこの上なく
崇拝している人間が書いたものだからである。
二番目の妻(アンナ・マグダレーナ)が書いたことになっているが、
出版当時からその真偽はさだかではない。
しかし、いずれにせよ、
この作品の中のバッハは明瞭に生きているのだ。

オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : バッハ

【編集】 |  02:16 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。