04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.06/22(Wed)

リア王 

リア王 (岩波文庫)リア王 (岩波文庫)
(2000/05/16)
シェイクスピア

商品詳細を見る





-ネタバレ注意-



シェイクスピアの最高傑作と言う人もいるが、正直、苦手だ。悲劇が苦手なのではなく、あまりにも話しが突拍子もない。リアがコーディーリアを勘当するあたりから変である。その姉たちの露骨な巧言令色に騙されるあたりや、やすやす国を乗っ取られる等々。しかも、サクッとコーディーリアは捕まりサクッと死ぬ。これは、もはやあらすじである。演劇がこういうものといってしまえばそれまでである。が、いくつかの台本を読んだことがあるが、はしょりすぎもいいところである。台詞回しが格好いいのがせめてもの救い。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

リア王 (対訳・注解研究社シェイクスピア選集 (9))リア王 (対訳・注解研究社シェイクスピア選集 (9))
(2005/03)
シェイクスピア、大場 建治 他

商品詳細を見る

リア王 【講談社英語文庫】リア王 【講談社英語文庫】
(2007/10/17)
シェイクスピア、ステュウット アットキン 他

商品詳細を見る

リア王 (新潮文庫)リア王 (新潮文庫)
(1967/11)
ウィリアム シェイクスピア

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  14:19 |  戯曲  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.12/01(Tue)

年鑑代表シナリオ集 1997年 

年鑑代表シナリオ集〈’97〉年鑑代表シナリオ集〈’97〉
(1998/05)
シナリオ作家協会

商品詳細を見る


もののけ姫の脚本がどうなってるのか知りたくて借りてみた。駿は非常に細かく書き込んでいる。本書の三分の一がもののけ姫で占められていることからもわかると思う。それは、多分に役者に任せられないが故ではないかと感じた。アニメは役者の想像力の部分をすべて監督が担っているというか。だが、ジブリはやはり映像作品だ。例えば、シシガミの森にコダマにいざなわれてたどり着くシーンはこのように書かれている。

一面の苔と水面の林床、巨木の列柱、透明感ある神秘の世界。
壮大な巨木の列柱、感嘆し見上げるアシタカ。
恐ろしいほど澄んだ水の流れ。泥炭化した水底。
美しい緑の苔。蝶が一匹飛んでいる。

この文章だけで、駿ほどの映像を一体どれほどの人間が作れるというのだろうか。ジブリの映像崇高なるかな。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

もののけ姫 [DVD]もののけ姫 [DVD]
(2001/11/21)
松田洋治石田ゆり子

商品詳細を見る

もののけ姫 (スタジオジブリ絵コンテ全集)もののけ姫 (スタジオジブリ絵コンテ全集)
(2002/01)
宮崎 駿

商品詳細を見る

「崖の上のポニョ」ブルーレイディスク 特別保存版 [Blu-ray]「崖の上のポニョ」ブルーレイディスク 特別保存版 [Blu-ray]
(2009/12/08)
山口智子長嶋一茂

商品詳細を見る

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  11:31 |  戯曲  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.03/03(Sat)

年鑑代表シナリオ集 ’04 

年鑑代表シナリオ集〈’04〉 年鑑代表シナリオ集〈’04〉
シナリオ作家協会年鑑代表シナリオ集編纂委員会 (2005/07)
シナリオ作家協会
この商品の詳細を見る


下妻物語とスイングガールズが面白かった。
映画の観客は普段脚本などというものを目にしないと思う。
映画の裏にどのようなものがあるのか、
これはその一端をかいま見られるものである。
読んで、そして観て、また読むと、
どのように書いたものをどのように撮るか、それがわかる。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  16:50 |  戯曲  | TB(2)  | CM(0) | Top↑
2007.02/23(Fri)

年鑑代表シナリオ集 ’02 

年鑑代表シナリオ集〈’02〉 年鑑代表シナリオ集〈’02〉
シナリオ作家協会 (2003/06)
シナリオ作家協会
この商品の詳細を見る


2002年の代表的シナリオを集めたもの。らしい。
黄昏せいべいはよい。
しかし、そのほかのはよくわからない。
代表的なのに、大して有名な作品でもなければ、
おもしろくもない作品が目白押しだ。
何を基準に選んでいるのかが今ひとつ判然とせぬ代表集である。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  07:30 |  戯曲  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.02/22(Thu)

今夜、宇宙の片隅で Someday,somewhere  

今夜、宇宙の片隅で 今夜、宇宙の片隅で
三谷 幸喜 (1998/12)
フジテレビ出版
この商品の詳細を見る


三谷幸喜ワールドが存分に炸裂している佳篇である。
原因は全く不明だが、なぜだか視聴率は三谷作品の中で最低らしい。
しかし、その評価は甚だ不当である。
この作品はおもしろい。
一にも二にもなく観るべきである。
観れないのなら、せめて読むべきである。
だが、惜しいかな、絶版である。
図書館か古本屋で買うしかなかるべし。

オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:06 |  戯曲  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/22(Mon)

夏の夜の夢・あらし 

夏の夜の夢・あらし 夏の夜の夢・あらし
福田 恒存、シェイクスピア 他 (1971/07)
新潮社
この商品の詳細を見る


メンデルスゾーンがこの戯曲のために書いた曲が好きで、
原作を読んでみた。
単純明快な話で疲れなくていい。陳腐といえば陳腐。
ちなみに「あらし」の方は
ベートーベンのピアノソナタ、テンペストの元。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : **本の紹介** - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  01:05 |  戯曲  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/22(Mon)

ハムレット 

ハムレット ハムレット
シェイクスピア、SHAKESPEARE 他 (2002/01)
岩波書店
この商品の詳細を見る


戯曲と言えばハムレット。
これを知ることは常識の範疇なので、
余も読んではみたものの、
あまりおもしろいとはいえない。
シェイクスピアはなぜか、名作名作ともてはやされている。
確かに、17世紀当時にはすごい作品だったのかも知れない。
なぜ、これほどまでにもてはやされるのか、余には理解できない。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : 読書ノウト - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  01:02 |  戯曲  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/16(Tue)

小林賢太郎戯曲集 椿 鯨 雀 

小林賢太郎戯曲集―椿・鯨・雀 小林賢太郎戯曲集―椿・鯨・雀
小林 賢太郎 (2004/04)
幻冬舎
この商品の詳細を見る

タイトルの通り、椿、鯨、雀、の三公演戯曲をまとめたものである。
相変わらず最高に面白い。
戯曲と銘打ってあるが、お笑いコントの台本である。
されど、ただのお笑いではない。
芸術的お笑いである。
買って読んで損はなし!

オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking

テーマ : ぐっときた本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  02:46 |  戯曲  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/13(Sat)

出家とその弟子  

出家とその弟子 出家とその弟子
倉田 百三 (1949/11)
新潮社
この商品の詳細を見る


紹介に値する本はと悩んでいて、ふと思い出したのがこの本だ。
なんと主役はかの親鸞。その弟子が恋に悩んだりと、
現代的、西洋的な哲学も盛り込まれるという破天荒な戯曲である。
程よい深さが心地よい良質の作品である。

店長オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking

テーマ : **本の紹介** - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  21:33 |  戯曲  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/13(Sat)

小林賢太郎戯曲集 Home flat news 

小林賢太郎戯曲集―home FLAT news 小林賢太郎戯曲集―home FLAT news
小林 賢太郎 (2002/01)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


ラーメンズの台本。
これが上演されたときのパワーは計り知れない。
最高にイケてりる。
戯曲と言えどもシェイクスピアなどを思い浮かべてはいけない。
余はこれに接したとき、本当に衝撃を受けたものだ。
16世紀のイギリス人がシェイクスピアにから受けた衝撃より
大きいかも知れない。

オススメ度:レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  21:17 |  戯曲  | TB(1)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。