06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.07/07(Mon)

代償のギルタオン 


代償のギルタオン (スーパーダッシュ文庫)代償のギルタオン (スーパーダッシュ文庫)
(2013/10/25)
神高 槍矢

商品詳細を見る


ネタバレ注意

最近のラノベらしくないので買って読んでみた。ロボットバトル、萌はほとんどないどころか、萌えキャラを理不尽にぶっ殺したりとやりたい放題。

読んでいる最中は面白かった。文章はかなり上手い。ロボットバトルをさらりと書いてくれている。読後感はきわめて微妙である。それでも、わけのわからないラノベよりは遙かにましであるが。

ロボットもののくせに姉弟の心理描写や家族の絆のようなものが上手く描けている。だが逆に軍隊がダメダメ過ぎる。物語に出てくる軍隊がダメダメなのではなく、軍隊の設定そのものがダメダメである。イカレたキャラを出したいのはわかるけれども、イカレ過ぎていてついて行けない。小説のなかで浮いている。もったいない。
スポンサーサイト
【編集】 |  08:20 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.12/28(Sat)

イリヤの空、UFOの夏 

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 (電撃文庫)
(2001/10)
秋山 瑞人

商品詳細を見る


ラノベでは古典の部類だろうか、有名すぎる作品。何はともあれ文章や表現に舌を巻く。話の内容も面白い。ネタバレになるから詳しくは触れないけれども、ストーリーの目的が明確であり、結末に到る流れも実に自然である。それでいて、助長ではない。4巻の頭は助長気味であるが。正直レスホーマーのおじさんの話などはいらないと思った。最近ラノベが流行っている。最近の作品しかまだ読んでいない人は是非読むべし。ブックオフで400円で揃うから。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

イリヤの空、UFOの夏 1 (電撃コミックス)イリヤの空、UFOの夏 1 (電撃コミックス)
(2008/06/27)
秋山 瑞人

商品詳細を見る


DS電撃文庫 イリヤの空、UFOの夏(初回限定版)DS電撃文庫 イリヤの空、UFOの夏(初回限定版)
(2007/01/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:00 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.11/25(Mon)

棺姫のチャイカI 


棺姫のチャイカI (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカI (富士見ファンタジア文庫)
(2010/12/18)
榊 一郎

商品詳細を見る


続き物らしいので一巻で評価することは出来ないが、面白くもつまらなくもないという作品だった。ちなみに続刊は誰かがしきりに勧めてきたり、もらったりしない限り読まないと思う。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》


棺姫のチャイカVII (富士見ファンタジア文庫)棺姫のチャイカVII (富士見ファンタジア文庫)
(2013/07/20)
榊 一郎

商品詳細を見る


棺姫のチャイカ (1) (カドカワコミックスAエース)棺姫のチャイカ (1) (カドカワコミックスAエース)
(2012/03/19)
茶菓山 しん太

商品詳細を見る


棺姫のチャイカ -3 (カドカワコミックス・エース)棺姫のチャイカ -3 (カドカワコミックス・エース)
(2013/05/23)
茶菓山 しん太

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:15 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2013.11/22(Fri)

ツァラトゥストラへの階段 


ツァラトゥストラへの階段 (電撃文庫)ツァラトゥストラへの階段 (電撃文庫)
(2007/11)
土橋 真二郎

商品詳細を見る


序盤は面白いのであるが、中盤からやっつけというか、糞小説になる。プリズナーと株の要素を組み合わせた妙なゲームが登場する。あまりにリアリティーがなさ過ぎて辟易する。ゲーム自体も、ゲームに登場する女たちも、ゲームをプレイする主人公達も、ご都合主義というか、まるで夢のように支離滅裂。電撃、良く出版したな、と呆れる。続刊があるようだが……。


オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》


扉の外 (電撃文庫)扉の外 (電撃文庫)
(2007/02)
土橋 真二郎

商品詳細を見る


ラプンツェルの翼 (電撃文庫)ラプンツェルの翼 (電撃文庫)
(2009/02)
土橋 真二郎

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  04:39 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.04/16(Fri)

王都炎上  アルスラーン戦記 

王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)
(2003/02/21)
田中 芳樹

商品詳細を見る


大河小説の一巻目。王国の軍隊が宗教国家の軍隊に破れて、父王が敵国にとらわれてしまう。

アルスラーンは部下や軍師とともに王国奪還を目指す。本当に始まりの始まり。話は何も見えてこない。

昔のラノベ。王道中の王道ものであるが、じつに読みやすく情景も目に浮かぶ。余はもう三十であるが、ちょうど余くらいの年齢のものにとって、こういう世界観というのはアニメやその他で慣れ親しんでいるせいか妙な安心感がある。今の十代にこの世界観がうけるかどうかは疑問である。


オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)
(2008/10/07)
田中 芳樹

商品詳細を見る

野望円舞曲〈9〉 (徳間デュアル文庫)野望円舞曲〈9〉 (徳間デュアル文庫)
(2010/04/07)
田中 芳樹荻野目 悠樹

商品詳細を見る

蘭陵王蘭陵王
(2009/09/26)
田中 芳樹

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  19:17 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.04/12(Mon)

戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! 

戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)
(1998/09)
賀東 招二

商品詳細を見る


特殊部隊のエリート戦士が、悪の組織に狙われている女子高生を守るため日本の普通の高校に編入するという話。彼は戦闘や武器に関してはスペシャリストであるが、普通の高校生のような生活が送れない。ターミネーター2のシュワちゃんを思い出していただければ想像しやすいと思う。戦闘マシーンのような彼が、次第に女子高生に惹かれていく、バトルアクション&ラブコメディである。

本書の売りはロボットが出てくることにもよる。ロボットものの小説は少ないが、本書はその一つで、またこれが面白い。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

せまるニック・オブ・タイム―フルメタル・パニック! 10(富士見ファンタジア文庫)せまるニック・オブ・タイム―フルメタル・パニック! 10(富士見ファンタジア文庫)
(2008/02/20)
賀東 招二

商品詳細を見る

フルメタル・パニック!Σ11 (角川コミックス ドラゴンJr. 85-11)フルメタル・パニック!Σ11 (角川コミックス ドラゴンJr. 85-11)
(2009/07/09)
上田 宏

商品詳細を見る

フルメタル・パニック! (初回限定生産) [Blu-ray]フルメタル・パニック! (初回限定生産) [Blu-ray]
(2008/06/27)
関智一雪野五月

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  16:03 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.10/26(Mon)

僕は友達が少ない 

僕は友達が少ない (MF文庫J)僕は友達が少ない (MF文庫J)
(2009/08/21)
平坂 読

商品詳細を見る


学園どたばたコメディーである。主人公を含め友達ができない連中が集まって隣人部という部活を作る。その部活の中で、エロゲーをやったり、お芝居をやったりと、いろいろ友達を作る試行錯誤をする。美少女キャラは二人出てくるが、どちらもある意味性格が破綻していて、おもにこの二人の掛け合いを楽しむ。主人公は冷静な突っ込み役と言ったところか。

個人的には夜空があまりに暴力的で若干引いたが、全体的に面白い。ギャルゲーのキャラの名前を付けるくだりは秀逸だ。吹き出した。これぞラノベというくだらなさとゆるさと面白さがつまってる。

最後の章は次巻に繋げるつもりなのか、若干テイストが変わる。特に笑えない。次巻への複線の説明書のようだ。まぁ、次巻が楽しみといえば楽しみ。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

ラノベ部 (MF文庫J)ラノベ部 (MF文庫J)
(2008/09)
平坂 読

商品詳細を見る

ねくろま。 (MF文庫J)ねくろま。 (MF文庫J)
(2007/06)
平坂 読

商品詳細を見る

ホーンテッド! (MF文庫J)ホーンテッド! (MF文庫J)
(2004/09)
平坂 読

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  17:27 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.09/24(Thu)

マリア様がみてる―黄薔薇革命 

マリア様がみてる―黄薔薇革命 (コバルト文庫)マリア様がみてる―黄薔薇革命 (コバルト文庫)
(1999/02)
今野 緒雪

商品詳細を見る


一巻の書評で書いたとおり、本作品の魅力は姉妹(スール)システムである。本巻はそんなスールシステムを存分にいかした作りとなっている。黄薔薇のつぼみの令とその従妹の由乃はスールであった。しかし、突然由乃が令にロザリオを返還したことから、問題が勃発する。(姉は妹を作るときにロザリオを授けることになっている。スールシステムを強調するガジェットとして用いられる)

一気に読める面白さはあるのだが、主人公の存在が希薄なのと、新聞部はどうケジメをつけたのか等、腑に落ちないところがある。それに、彼女らの悩みが表面的で文学的にもうったえるものがない。

オススメ度: レベル
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

ドラマCD マリア様がみてる レイニーブルードラマCD マリア様がみてる レイニーブルー
(2009/09/18)
イメージ・アルバム植田佳奈

商品詳細を見る

マリア様がみてる (コバルト文庫)マリア様がみてる (コバルト文庫)
(1998/04)
今野 緒雪

商品詳細を見る

マリア様がみてる~春~ DVD-BOX (初回限定生産)マリア様がみてる~春~ DVD-BOX (初回限定生産)
(2009/06/24)
植田佳奈伊藤美紀

商品詳細を見る

テーマ : あたしの本棚 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:48 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.09/22(Tue)

マリア様がみてる 

マリア様がみてる (コバルト文庫)マリア様がみてる (コバルト文庫)
(1998/04)
今野 緒雪

商品詳細を見る


いわゆる少女系のライトノベルであるが、広範囲で人気のある作品。アニメ化もなされているので読んでみた。

舞台は女子校。それもそんじょそこいらの女子校ではなく、幼稚舎から大学まで備えた超お嬢様用の女子校である。主人公はそんな中でも比較的庶民的な女の子。超一流のお嬢様高なので、大財閥の令嬢とかもいて、比較的パンピーな主人公は超お嬢様の一人に憧れる。

この学園には独自のシステムがある。上級生が下級生を妹として教育する(スールシステム)というもの。

主人公は憧れていた雲の上の存在にも均しい先輩とひょんなことから姉妹となることを申し込まれる。これ以上はネタバレになるので自粛。

本書の魅力はなんと言っても超お嬢様学校という舞台と学園にあるスールシステムである。また、白薔薇さま、赤薔薇さまと呼ばれる生徒会幹部は一般生徒とは一線を画され、憧憬の存在として描かれている。学園内が疑似階級社会となっている。水戸黄門からコードギアスまで、我々は階級社会が大好きである。その中で起こる波瀾万丈が多くの読者の支持を受けているのではなかろうか。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

マリア様がみてる―リトルホラーズ (コバルト文庫)マリア様がみてる―リトルホラーズ (コバルト文庫)
(2009/07/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る

マリア様がみてる 1stシーズン DVD-BOX (初回限定生産)マリア様がみてる 1stシーズン DVD-BOX (初回限定生産)
(2009/03/25)
植田佳奈伊藤美紀

商品詳細を見る

マリア様がみてる 8―いつしか年も (マーガレットコミックス)マリア様がみてる 8―いつしか年も (マーガレットコミックス)
(2008/01/25)
長沢 智今野 緒雪

商品詳細を見る

テーマ : あたしの本棚 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:51 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.04/15(Wed)

とある飛空士への追憶 

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
(2008/02/20)
犬村 小六

商品詳細を見る


題名と中身が一致していない。追憶は最後の数頁である。追憶がメインの話だと思って読むと拍子抜けする。飛行士の話である。

被差別人種の主人公が次期皇太子妃を飛行機の後部座席に乗せて、敵の制空域を突破するというもの。簡単にいうと、脱出劇なのだが、その脱出に飛行機と空戦をからめた。

次期皇太子妃は最初はしおらしくしているのだが、次第にうち解けて馴れ馴れしくなっていく。こういう展開は良くあるが、悪くない。文章も良い。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)
(2009/02/19)
犬村 小六

商品詳細を見る

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る

レヴィアタンの恋人 (ガガガ文庫)レヴィアタンの恋人 (ガガガ文庫)
(2007/06/19)
犬村 小六

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  00:34 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03/12(Thu)

バカとテストと召喚獣 

バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)
(2007/01/29)
井上 堅二

商品詳細を見る


テストの点数で召喚獣の強さが決まる。クラス対抗で召喚獣を戦わせて、勝敗を決する「戦争」と呼ばれる行事が盛んな実験校という設定。生徒の学力向上のために導入されたというのがやけに説得力がある。

特筆すべきは、まさにラノベ!といったギャグが随所にちりばめられている。余りのくだらなさに、かなり笑える。かといって現実味のない話ではなく、ちゃんとこの物語の中で、すべてがリアルに処理されている。

最近のラノベでこういう軽いノリのものに出会えていなかったので、かなり楽しく読ませてもらった。軽いと言っても、この芸はなかなか真似できるものではなかろう。続刊も出ているので気になっているところ。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

コラボアンソロジー2 “文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る (ファミ通文庫)コラボアンソロジー2 “文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る (ファミ通文庫)
(2008/10/30)
野村 美月ほか

商品詳細を見る

バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)
(2008/11/29)
井上 堅二

商品詳細を見る

ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02)
アサウラ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  18:39 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.01/28(Wed)

カッティング ~Case of Mio~  

カッティング ~Case of Mio~ (HJ文庫 は 1-1-1) (HJ文庫)カッティング ~Case of Mio~ (HJ文庫 は 1-1-1) (HJ文庫)
(2007/06/30)
翅田 大介

商品詳細を見る


第一回ノベルジャパン大賞佳作作品。

文体と台詞回しが好きになれないが、話としては面白い。

ヒロインは科学技術で死なないように改造されていて、そのことに悩みを抱き自傷を繰り返す。

ネタバレすると、

象徴的なのは敵で、ヒロインと同じく、死なない改造が施されている。しかし、敵は死なないことを苦にして自殺を繰り返し、最後は遺書に、再生させるな、と書く。

また、黒幕がいて、死なない改造を施した人間達の心理を研究している。主人公達は巨大な組織に運命を弄ばれているような感覚になる。このテーマは良い。最後は世界的コングロマリットなどが顔を覗かせて、続刊へ誘う。

他のブロガー様の感想
http://d.hatena.ne.jp/hobo_king/20070710/1183993414
http://blog.livedoor.jp/yamata14/archives/51543426.html
http://urara.tank.jp/log/eid629.html

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

たま◇なま ~生物は、何故死なない?~ (HJ文庫)たま◇なま ~生物は、何故死なない?~ (HJ文庫)
(2007/06/30)
冬樹忍

商品詳細を見る

SAS スペシャル・アナスタシア・サービス (HJ文庫 (と02-01-01)) (HJ文庫)SAS スペシャル・アナスタシア・サービス (HJ文庫 (と02-01-01)) (HJ文庫)
(2007/06/30)
鳥居 羊

商品詳細を見る

カッティング ~Case of Tomoe~ (HJ文庫)カッティング ~Case of Tomoe~ (HJ文庫)
(2007/12/01)
翅田大介

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:43 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.01/19(Mon)

死神ナッツと絶交デイズ 

死神ナッツと絶交デイズ (MF文庫J)死神ナッツと絶交デイズ (MF文庫J)
(2008/05/21)
早矢塚かつや

商品詳細を見る


並列するパラレルワールドを行き来して、明るい未来を取り戻そうと頑張る話。おそらく、続編前提の話なので、意味不明な部分とかも多いが、これはこれで楽しめる。

キャラが嫌味なく立っていて好感が持てる。文章も読みやすいし、ノリもいい。

話のテーマも好きだ。かわいい女の子のどちらかが死んで、いずれかしか助けられない。究極の選択の中で悩む。まぁ、結局は両方助けちゃうんだけどね……。

オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

悠久展望台のカイ (MF文庫J)悠久展望台のカイ (MF文庫J)
(2006/07)
早矢塚 かつや

商品詳細を見る

死神のキョウ (一迅社文庫)死神のキョウ (一迅社文庫)
(2008/05/20)


商品詳細を見る

短篇集 死神とのインタヴュー (岩波文庫)短篇集 死神とのインタヴュー (岩波文庫)
(1987/02)
ノサック

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  01:31 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11/22(Sat)

ミスティック・ミュージアム 

ミスティック・ミュージアム (HJ文庫 ふ 4-1-1)ミスティック・ミュージアム (HJ文庫 ふ 4-1-1)
(2008/07/01)
藤春 都

商品詳細を見る


久しぶりに、なぜ受賞したのか皆目見当がつかない作品を読んだ。

兎に角つまらない。萌えも甘い。話の内容もない。視点移動も下手くそで疲れる。ご都合主義。しかも、舞台がなぜか昔のロンドン。

せめて、キャラか、萌えか、ストーリーか、雰囲気か、なにかを立てればよかったのに、全てに失敗している。多分著者は、当時のイギリスの雰囲気が好きなのであろう。そこで、イギリスを舞台にした小説を書こうと思ったが、ラノベ的に萌を入れてみた。謎の少女を出したはいいが、そのせいで舞台とミステリーが壊れた。辛い食べ物を甘くしようと砂糖を入れたら、とてつもなく不味くなってしまった。そんなところであろう。

オススメ度: レベル1
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

ミスティックミュージアム2~For Your Eyes Only~ (HJ文庫 ふ 4-1-2)ミスティックミュージアム2~For Your Eyes Only~ (HJ文庫 ふ 4-1-2)
(2008/11/01)
藤春 都

商品詳細を見る


第二回ノベルジャパン大賞受賞作品

スクランブル・ウィザード (HJ文庫 す 3-1-1)スクランブル・ウィザード (HJ文庫 す 3-1-1)
(2008/07/01)
すえばしけん

商品詳細を見る

彼女は眼鏡HOLIC (HJ文庫 う 1-1-1)彼女は眼鏡HOLIC (HJ文庫 う 1-1-1)
(2008/07/01)
上栖 綴人

商品詳細を見る

ミスティック・ミュージアム (HJ文庫 ふ 4-1-1)ミスティック・ミュージアム (HJ文庫 ふ 4-1-1)
(2008/07/01)
藤春 都

商品詳細を見る


第一回ノベルジャパン大賞受賞作品

たま◇なま ~生物は、何故死なない?~ (HJ文庫)たま◇なま ~生物は、何故死なない?~ (HJ文庫)
(2007/06/30)
冬樹忍

商品詳細を見る

SAS スペシャル・アナスタシア・サービス (HJ文庫 (と02-01-01)) (HJ文庫)SAS スペシャル・アナスタシア・サービス (HJ文庫 (と02-01-01)) (HJ文庫)
(2007/06/30)
鳥居 羊

商品詳細を見る

カッティング ~Case of Mio~ (HJ文庫 は 1-1-1) (HJ文庫)カッティング ~Case of Mio~ (HJ文庫 は 1-1-1) (HJ文庫)
(2007/06/30)
翅田 大介

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  10:28 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11/13(Thu)

クレイジーカンガルーの夏 

クレイジーカンガルーの夏 (GA文庫)クレイジーカンガルーの夏 (GA文庫)
(2006/11/14)
誼 阿古

商品詳細を見る


過激につまらない。よく発行されたな、と驚きの一冊。

話の内容が厨房。主要キャラは中1なので、厨房なのは仕方ないが、本当に小説の中で厨房やっていて、なぜ、中学生の生態を小説の形で読まなければならないのか甚だ疑問。

一応、キャラ割があって、頭良いキャラとかデブキャラとかいるんだが、これが一切機能していない。ただ、そういうキャラがいるだけ。

ストーリーは予定調和。悪い予感が全て的中する虚しい話。読まなくてもわかる、みたいな。

一番参ったのが、設定が関西だと言うことで、登場人物が関西弁で会話する。読みにくいことこの上なし。地の文も保坂和志がいうところの「小説言葉」で埋め尽くされおり、寒い上に疲れる。

一言で評価するなら、疲れる作品、というところか。

オススメ度: レベル1
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

クレイジーフラミンゴの秋 (GA文庫 よ 1-2)クレイジーフラミンゴの秋 (GA文庫 よ 1-2)
(2007/02/14)
誼阿古

商品詳細を見る

オーガストバラエティBOXオーガストバラエティBOX
(2008/10/09)
不明

商品詳細を見る

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 1 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫 さ 1-10)神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 1 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫 さ 1-10)
(2008/11/15)
榊 一郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  11:37 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2008.11/01(Sat)

シゴフミ―Stories of Last Letter 

シゴフミ―Stories of Last Letter (電撃文庫)シゴフミ―Stories of Last Letter (電撃文庫)
(2006/10)
雨宮 諒湯澤 友楼

商品詳細を見る


漢字で書くと「死後文」死んだ後に送ることが出来る手紙、という意味らしい。漢字で表記した方が売れるような気がしたのは余だけか? シゴフミの刊行は知っていたが、読もうと思ったのは、表題の内容を知ったからだ。最初から「死後の手紙の話」と知っていればもっと早く読んだのに。今気付いた、確かに、副題が最後の手紙となっているが……

三章構成。一章はかなりつまらないのでガッカリしかかった。二章目から深い物語が始まり、はまる。

死んだ人間から、生きている人間に手紙を届けることにより、死者が生者を動かす。生きている人間も死んだ人間に対してさまざまな思いを抱く。そこに、本来ありえない、死人から手紙が届くことによって、心がどのように変化するかをシミュレートした文学である。

最近読んだラノベのなかでは一押しである。

同じ設定でアニメも作られている。

オススメ度: レベル
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

シゴフミ 4―Stories of Last Letter (4) (電撃文庫 あ 17-8)シゴフミ 4―Stories of Last Letter (4) (電撃文庫 あ 17-8)
(2008/03/10)
雨宮 諒

商品詳細を見る

別冊アニカンR004 ホリック継 狼と香辛料 ARIAシリーズ シゴフミ さよなら絶望先生 創聖のアクエリオン[雑誌]別冊アニカンR004 ホリック継 狼と香辛料 ARIAシリーズ シゴフミ さよなら絶望先生 創聖のアクエリオン[雑誌]
(2008/04/01)
不明

商品詳細を見る

シゴフミ 一通目シゴフミ 一通目
(2008/03/25)
大前茜代永翼

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  23:14 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.10/12(Sun)

世界平和は一家団欒のあとに 

世界平和は一家団欒のあとに (電撃文庫 は 9-1)世界平和は一家団欒のあとに (電撃文庫 は 9-1)
(2007/02)
橋本 和也

商品詳細を見る


第13回電撃小説大賞金賞受賞作。
ハルヒのような一人称作品で、読んでいて疲れる。話は唐突だが、どうにかまとまっている。それなりに引っ張る。

登場人物が多すぎて消化しきれていない。ヒロインがツンデレなのだが、暴力的等、行き過ぎで引く。また、ヒロインのくせに扱いが端役。どちらかというと妹萌え作品か。

世界の危機を救う、超人一家に生まれた主人公。主人公の兄弟も皆、特殊能力を持った超人。宇宙とかに出張して、地球の危機を救っている。主人公は自分の能力で過去に妹を殺してしまったことを悩んでいる。主人公のもう一人の妹も、超人的な力をもっていることを悩む。主人公は自殺してしまいそうな妹を救う、という話を、ギャグを交えながら、ライトタッチで描く。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

第13回電撃小説大賞よりの出版作品

ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1)ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る

扉の外 (電撃文庫 と 8-1)扉の外 (電撃文庫 と 8-1)
(2007/02)
土橋 真二郎

商品詳細を見る

なつき☆フルスイング!―ケツバット女、笑う夏希。 (電撃文庫 き 4-1)なつき☆フルスイング!―ケツバット女、笑う夏希。 (電撃文庫 き 4-1)
(2007/02)
樹戸 英斗

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  11:37 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.09/26(Fri)

二四〇九階の彼女 

二四〇九階の彼女 (電撃文庫)二四〇九階の彼女 (電撃文庫)
(2006/10)
西村 悠

商品詳細を見る


hp電撃短編受賞作とその他3編の短編、1編の掌編が収められている。受賞作の世界観を膨らませて、その他の短編は書かれている。

あの年の受賞作の中で、余はこの作品がもっとも好きであった。受賞作は文学として成立していた。数多のミステリーやアクションや茶番のような萌えとは一線を画していた。

しかし、残念なことに、受賞作以外の短編は上記にあげた取るに足りないミステリーや萌えと化していた。

この作品の世界観は巨大な塔のなかが階層に別れていてそれぞれ別の世界が存在する。銀河鉄道999を思い浮かべてもらえば早い。星の代わりに階層というわけだ。

受賞作とその他の短編の最大の違いは、受賞作の世界は普通の世界だったと言うこと。その他の世界はあらかじめ狂っているのだ。だから、話の根本から変わってくる。ジャンルが違う。青くて良いところもある。1056階の幻想のラストなどはちょっとしんみりした。だが、詰めが甘い。振り返らせずに終わらす技法の方がよかった。黙説とでも言おうか、そういう技法があったはずである。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

二四〇九階の彼女 2 (2) (電撃文庫 に 4-2)二四〇九階の彼女 2 (2) (電撃文庫 に 4-2)
(2007/03)
西村 悠

商品詳細を見る

幻想症候群 (一迅社文庫 に 2-1) (一迅社文庫 に 2-1)幻想症候群 (一迅社文庫 に 2-1) (一迅社文庫 に 2-1)
(2008/07/19)
西村 悠

商品詳細を見る

キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))
(2000/07)
時雨沢 恵一黒星 紅白

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  11:07 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2008.04/03(Thu)

アストロノト! 

アストロノト! (MF文庫 J あ 5-1)アストロノト! (MF文庫 J あ 5-1)
(2007/11)
赤松 中学

商品詳細を見る


第3回MF文庫J新人賞〈優秀賞〉受賞作品。
ノトという少年が、王国の宇宙飛行士選抜試験を受けて、アストロ(宇宙飛行士)になって月面踏破するお話。
普通に冒険ファンタジーで楽しめる。時代設定は未来の地球。今の文明が崩壊して、魔法と科学がドッコイドッコイであるという世界設定。嫌いじゃない。

冒険ファンタジー&ちょっとしたミステリーなので、内容を書くと非常につまらなくなる。大したオチではないが、それまでの冒険&ちょっとしたロマンスが楽しいので良しとする。

まぁ、綺麗にラノベの要素がつまっている。複線もちゃんと回収されており、最後まで一気に読ませる吸引力はなかなかである。最近のラノベは奇をてらったのが多いが、これは直球勝負、そういう面でも安心して読める。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking


《参考図書》
第3回MF文庫J新人賞受賞作品

ギャルゴ!!!!!-地方都市伝説大全 (MF文庫 J ひ 3-1)ギャルゴ!!!!!-地方都市伝説大全 (MF文庫 J ひ 3-1)
(2007/10)
比嘉 智康

商品詳細を見る
魔女ルミカの赤い糸 (MF文庫J (た-05-01))魔女ルミカの赤い糸 (MF文庫J (た-05-01))
(2007/10)
田口 一

商品詳細を見る

地を駆ける虹 (MF文庫 J な 3-1)地を駆ける虹 (MF文庫 J な 3-1)
(2007/09)
七位 連一

商品詳細を見る

ヒトカケラ (MF文庫 J ほ 2-1)ヒトカケラ (MF文庫 J ほ 2-1)
(2007/11)
星家 なこ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  14:40 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.03/25(Tue)

五代ゆう&榊一郎の小説指南 (ホビージャパンMOOK) 

五代ゆう&榊一郎の小説指南 (ホビージャパンMOOK)五代ゆう&榊一郎の小説指南 (ホビージャパンMOOK)
(2007/07/05)
五代 ゆう/榊 一郎

商品詳細を見る


題名は小説指南であるが、詳しくはライトノベル指南である。五代も榊も第一線で活躍するライトノベル作家である。ちなみに、余は彼らの作品を読んだことはない。

余は自分でも小説を書く。ちなみに、余が書く小説は驚くほどつまらない。自分でつまらないぐらいだから、読ませてみた友人もやはりつまらないと言っていた。面白い小説を作りたいので、片っ端から小説作法や小説の作りかたを読んでいる。効果はからきしだ。

むかし、宮台真司が、
「育児をするにあたり、育児マニュアルを読むのはまずい。なぜなら、マニュアル通りに行動する赤ん坊などはいないからだ。マニュアル通りに行動しない我が子を見て、また他のマニュアルを参照する。で、また次のマニュアル、また次、また次。マニュアル地獄におちいって、わけがわからなくなり不安になる。」
といったような意味のことを言っていた。

小説作法も同じことがいえるかも知れない。
面白い小説が書けない → マニュアルを読む → マニュアル通りに書けない → 別のマニュアルを読む → 以下繰り返し

しかし、本書は悪くない。押しつけがましいところがないからだ。逆に、具体性がないともいえる。余はそのくらいがちょうど良いような気もする。とくに、小説を書く心得を垣間見たいと思う諸賢にはお勧めである。

五代と榊とHJ文庫の編集者の鼎談で進む。そのなかで、小説を一つ作ってみようという話になり、実際に五代が与えられた条件を元に作品を書く。全文が収録されていて、その作品の発想から完成までを俯瞰することが可能である。余は五代の作品を読んだことはないが、この小説がまた佳作。小説だけでも読む価値有りである。五代の作品にたいする弁明もついていて、非常に参考になる。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

参考図書
パラケルススの娘 7 (7) (MF文庫 J こ 2-7)パラケルススの娘 7 (7) (MF文庫 J こ 2-7)
(2007/09)
五代 ゆう

商品詳細を見る


神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫 (さ-01-07))神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫 (さ-01-07))
(2008/01/15)
榊 一郎、大迫 純一 他

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  02:47 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.02/24(Sun)

ミミズクと夜の王 

ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1) ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1)
紅玉 いづき (2007/02)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


第13回電撃小説大賞「大賞」受賞作品。
正直、個人的にはあまり好きではない小説であるが、この作品に大賞を与えた電撃の姿勢は評価できる。というのも、最近の大賞作品はどれも下らないからである。トリックとか、複線の回収などが評価されて、物語としての本質の部分が疎かになってしまっている。ミステリーならミステリーでも良いが、300ページも読まされて、ただ犯人が判明するだけだと、徒労感を覚えざるを得ない。

本作品は、自我の希薄な少女が、感受性を獲得するという話し。はっきり言って前半はかなり好きだ。森の中でうだうだやって、フクロウや魔物との幻想的な会話、少女が感性を働かせようとする姿。

後半はフクロウの救出劇。しかも、最後は無理のある大団円。フクロウはバカか? といいたくなる数々。論じるに及ばない。

新人賞には珍しい神様視点。あと、ラノベのくせに挿絵がないから、電車の中でも遠慮なく読める。しかし、挿絵も楽しみの一つなんだがなぁ。

表紙の絵は秀逸。本当に美しい。ラノベのイラストというと、漫画チックな女の子と相場は決まっている。普段、ネットをやっていると、だいたい見るのはそんな絵ばかり。この表紙は違う。絵画である。芸術の力である。絵師のHPを発見したのではっとく。
http://www9.ocn.ne.jp/~hiroo/

ちなみに、フクロウも作中で絵を嗜む。ひょっとすると、それを再現しているのやも知れぬ。森の中で絵を描くフクロウのシーンとかは好きだ。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:58 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.12/02(Sun)

ガン×スクール=パラダイス! 

ガン×スクール=パラダイス! (集英社スーパーダッシュ文庫 ほ 2-1) ガン×スクール=パラダイス! (集英社スーパーダッシュ文庫 ほ 2-1)
穂邑 正裕 (2007/09/25)
集英社
この商品の詳細を見る


第六回スーパーダッシュ小説新人賞佳作作品。
結構久しぶりにラノベを読んだ。コメディ作品で意外に楽しめた。
モデルガンで戦って、最後に生き残ったものが校則を一つ決められる「ガンスター」という学校行事がある学校が舞台。主人公たちは、理想の校則を求めて戦うのである。コメディアクション作品なので、キャラの心の動き等に関心を寄せるのは野暮。

ノリがいい。舞台の設定は決して奇抜ではないが面白い。キャラは今ひとつ。就中ヒロインがクーデレなんだが、出番がほとんどなく、最後だけデレるのが腑に落ちない。もっとも、ほとんど出番がないだけあって、クーデレ以外だとなお成立しない恐れがある。

物語も序盤はいい。しかし、後半、まとめるに辺り些か強引すぎ。力でねじ伏せているので冷める。余は銃が好きなので様々な重火器が登場するのは嬉しい。アクションはよく書けていると思う。

オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:27 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.07/22(Sun)

魔王の憂鬱  

魔王の憂鬱 魔王の憂鬱
相川 直樹 (2006/08)
新風舎
この商品の詳細を見る


小説の体をなしていない。
プロットというか、下書きというか第一稿というか、
普通はここからキャラの性格やら、世界の情景やら、
文体を練り上げていくものだろう。
話の中身は悪くない。
ギャグも結構さえている。
世界設定もしっかりしていて深い内容になっているのに…… 
なんでもっと練らなかったんだ! 
編集は何をやってたんだ!?
791円は高いだろ!

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:52 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.06/26(Tue)

ナハトイェーガー 菩提樹荘の闇狩姫  

ナハトイェーガー ~菩提樹荘の闇狩姫~ ナハトイェーガー ~菩提樹荘の闇狩姫~
涼元 悠一 (2006/12/14)
ソフトバンククリエイティブ
この商品の詳細を見る


普通に楽しめる毒にも薬にもならぬ小説。
全編にわたって微笑ましい限り。
謎は拍子抜けするような結末。
次巻に続くようであるので、シリーズ化すれば面白いかも知れない。
作者はAIRやクラナドのシナリオを手がけた人。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  16:50 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.03/12(Mon)

コカリナの海 小さな木の笛の物語 

コカリナの海―小さな木の笛の物語 コカリナの海―小さな木の笛の物語
鈴木 ゆき江、小泉 るみ子 他 (1998/11)
ひくまの出版
この商品の詳細を見る


児童文学である。ある人に勧められて読んだ。
余が借り受けた本は試供品かなにかなのか、
値段も書いていなく、
自費出版に毛が生えたようなものかと、
なめて読んでいたのだが、これがなかなか面白い。
物語自体はこれといって特記すべきところはないのだが、
作者の確かな筆致により、
すんなりと読める作品となっていた。
小学生の読書感想文などにちょうどいいのではないか。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  18:13 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.02/06(Tue)

108年目の初恋。 

108年目の初恋。 108年目の初恋。
末永 外徒 (2007/01/29)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る


絵に騙された……。久しぶりに鼻で笑える駄作を読んだ。
ムキになって批判する気も起きない。
駄目な点を羅列。
主人公がバカ。IQが足りてない。悪い意味で先が読めない。
脇役がもはや端役。記号でしかない。
108年も生きてるくせに校舎もバカ。
文章が稚拙。気の利いた表現は皆無。
数年前の電撃大賞「ルカ」のオマージュか?
ルカのほうが5倍くらい面白い。
中学生が生まれて初めて書いたような小説。

オススメ度: レベル1
FC2 Blog Ranking

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

タグ : えんため大賞

【編集】 |  22:02 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/31(Wed)

ミナミノミナミノ 

ミナミノミナミノ ミナミノミナミノ
秋山 瑞人 (2005/01)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


話について行けない。以下ネタバレ注意。
島の人間は全員宇宙人らしいが(最後のページでそう告白する)、
どこにもそれを臭わせる描写がない。
だから、最後のページで、実は……! と言われたところで、
はぁ? という感じになる。
あまりにも地球人との差異が見られない。
次巻に続くらしいから、つまらないと断定は出来ないが、
余の予想だと、次巻は、
詰んでいるのに投了しないで苦しい逃げを演じるような、
そんな気がしてならない。
その証拠に、一巻が発売されてからもう二年以上たっている。
名誉を挽回するのはよほどの気合いが必要。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

【編集】 |  22:40 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/24(Wed)

ひかりのまち 

ひかりのまち―nerim’s note ひかりのまち―nerim’s note
長谷川 昌史 (2005/02)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


はっきり言って話の大筋と、登場人物の思考がお粗末。
複線やミステリー的なものは良いのに、
舞台や、結末に興醒めする。
ちなみに、続編は全く別物になっているらしい。
読んでないからわからないが。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎し。
題名、全部平仮名なのがなんかね。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking

テーマ : ライトノベル書評 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  18:22 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/24(Wed)

塩の街 Wish on my precious 

塩の街―wish on my precious 塩の街―wish on my precious
有川 浩 (2004/02)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


第10回電撃小説大賞作品。
有川浩のデビュー作。
諸悪の根源である塩害を除去する話。
いわゆるセカイ系と目される作品。
結果的に世界を救うが、恋愛話。
世界と愛する人を天秤にかけて、
愛する人を取る人は、読んでみて良いかもしれない。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  18:16 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.01/23(Tue)

ブギーポップ・リターンズVSイマジネーター (Part 1.2) 

ブギーポップ・リターンズVSイマジネーター (Part 1) ブギーポップ・リターンズVSイマジネーター (Part 1)
緒方 剛志、上遠野 浩平 他 (1998/08)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


ブギーポップシリーズ二作目。
あんまり面白くない記憶しか残っていない。
上下二冊ある。無駄に長くて屈託してしまう。
ブギーポップシリーズは当たり外れがでかい。

オススメ度: レベル2

関連
ブギーポップ・オーバードライブ歪曲王
ブギーポップ・イン・ザ・ミラー「パンドラ」

ブギーポップは笑わない
FC2 Blog Ranking

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  01:01 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。