08月≪ 2007年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09/26(Wed)

夕張破綻と再生―財政危機から地域を再建するために 

夕張破綻と再生―財政危機から地域を再建するために 夕張破綻と再生―財政危機から地域を再建するために
保母 武彦 (2007/02)
自治体研究社
この商品の詳細を見る


知ってるところでは知られている話なのかもしれないが、余的にはかなり目から鱗だった。130ページの小冊なれど、示唆的な話題がてんこ盛り。

世間では夕張市が無駄な施設を野放図に造った結果、財政破綻の憂き目にあった。夕張は自業自得だ、という見解が一般的なのではないだろうか? 夕張批難論は諸賢ご存じのことと思うので、本書に基づき以下夕張擁護論を記す。

十人十色が如く、自治体もその数だけ特色や歴史がある。夕張の歴史は炭坑の歴史だ。齋藤信義の言を借りれば「国策で繁栄し国策で衰退した」ということになる。明治以来、石炭産業により国づくりの礎をなしたが、石油へのエネルギー転換により衰亡した。2007年6月末の人口は12,494人。1960年の人口は107,972人。50年足らずで10分の1になってしまった。ちなみに1985年でも倍以上の31,665人住んでいたのだ。職員の数が多すぎると言われているが、これだけ急激に人口が減少しているのである。一般の自治体と同列には語れぬ。

本書は破綻の主な原因を三つ挙げている。

①炭坑閉山後の処理負担。夕張炭坑は1990年に全てなくなった。市は炭坑会社の所有であった土地や病院を買い取るのに332億円の借金をした。

②観光・リゾート開発。市は「炭坑から観光へ!」をスローガンに町おこしを行った。語呂がよかったのも災いしたかもしれない。しかし、当時はリゾート法(総合保養地域整備法)の後押しもあり、国中でリゾート乱開発が行われていた。当然、国も北海道庁もリゾート開発を煽っている。夕張は炭坑基金からヤミ起債をしたとマスコミから叩かれた。が、この産炭基金を運営しているのは北海道庁だ。理事長は副知事である。地方財政法では知事の許可を得なければならないことになっている。確かに市は知事の許可を受けていない。しかし、副知事も加わった理事会で適用されたものだ。知事や道企画振興部は「知らなかった」としているが、本当に知らなかったのであれば、職務怠慢どころか職務放棄に近いだろう。

③産炭地域振興臨時措置法の廃止。炭坑で回っていた都市は、炭坑がなくなれば滅ぶ。炭鉱都市の地域振興が出来るように国が面倒見ていたのが産炭法だ。2001年に産炭法は廃止された。60年代くらいに炭坑をなくした都市は充分恩恵を受けたと言えるが、夕張はそうではない。

他にもいくつも理由があるのだが、詳しくは本書で。これだけの国や北海道庁の責任があるにもかかわらず、マスコミは盛大に夕張バッシングをやった。明らかに情報操作であり、世論誘導である。総務省の陰謀だ、というのが著者の所感らしい。

夕張夕張とかまびすしいころ、高橋ジョージが夕張を訪れてレポートするという番組をやっていた。生活苦の住人や、静寂に包まれた遊園地を映していた。そのレポートをゲストで出ていたある国会議員が見て、「日本は民主主義の国なんだから、こんな政治家を選んだ夕張市民にも問題がある」と発言していた。スタジオに戻ってきていた高橋ジョージは激怒。「おまえ夕張行ってそんなこと言えんのかっ!」余はこの番組を見ていたときは、国会議員の言うことはもっともだと思った。高橋はバカだと思った。が、改めて夕張の状況や、現在の社会の状況を見澄ましたとき、果たして夕張市民が最善の投票を行えば、この状況を回避できたかどうか? 疑問である。一地方自治体の投票行動などでは、どうにもならぬほど全体の意志は大きいのではないのであろうか。亡国の歴史とは大概そうではないか。ある時から運命が滅びに向かい、最善を選択していたはずなのに、気がついたら最悪に陥っているという。ナチスドイツの国民達も、自分たちの意志で最善を選んだはずなのだ。ソビエトもそう。

地方自治体の選挙だけでなしに、国政選挙にも同じ事が言える。曖昧模糊として流れている社会の風潮というものに対し、我々の投票行動はどれほど有効なのであろうか。投票行動というものは漠然と流れる風潮の一要素でしかなく、投票を以てして実態のない風潮を動かそうなどとするのは、幻想にすぎぬのではないか?

Ⅳの提言は下らない。市で出来ないことを、道にやらせようとしているだけである。いずれ、道が出来なくなれば、国にやらせればいいと言うことになり、国が出来なければ……

オススメ度: レベル4.5
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ : 知的好奇心を刺激 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  00:27 |  思想 社会科学  | TB(1)  | CM(4) | Top↑
2007.09/24(Mon)

負けるな晋ちゃんまんじゅう! 

20070923.jpg


秋葉原で晋ちゃんまんじゅうが売られていたので買った。
入院中だったので、

「さよなら! 晋ちゃんまんじゅう!」

と売られていた。
もちろん本当は

「負けるな晋ちゃんまんじゅう!」


麻生さん以外、みんな顔が同じだよ。
20070924224545.jpg



20070924224817.jpg



中はこんな感じ。
20070924224449.jpg



ビニールにも絵が。
20070924224358.jpg



見た目は美味そう。
20070924224108.jpg



割ってみた。美味そう。
20070924224855.jpg



肝心の味は、本当にヨモギの香りがする。食欲を誘う。でも、パサパサしててそんなに美味いもんじゃない。ネタ食い物だから美味さを期待しちゃいないけど。ほうれん草パワー入りで元気になれるらしい。「ほうれん草入り」ではなく、「ほうれん草パワー入り」なのだ。なかなか芸が細かい。

今日会見してたけど、元気そうでよかったです。首相最後の夜をゆっくり過ごしてください。

「美しい国」という響きが、人間は所詮孤独であることを教えてくれた。


美しい国へ (文春新書) 美しい国へ (文春新書)
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


FC2 Blog Ranking

テーマ : 食に関するニュース - ジャンル : ニュース

【編集】 |  22:30 |  余の日記  | TB(1)  | CM(2) | Top↑
2007.09/22(Sat)

今林大の呪い。また世の中が窮屈になった 

車の客に酒、店の経営者逮捕…改正道交法で助長行為にも罰
9月21日3時3分配信 読売新聞

 客が車を運転して帰ることを知りながら、酒を提供したとして、大阪府警は20日、大阪府寝屋川市池田、飲食店経営・西岡真理子容疑者(53)を道路交通法違反(酒類提供)の疑いで逮捕した。

 飲酒運転を助長する行為に罰則が設けられた改正道交法は19日に施行された。

 調べでは、西岡容疑者は19日深夜、経営する同市八坂町の飲食店で、客の男(45)が車を運転して帰ることを知りながら、生ビールを提供した疑い。

 男は帰宅途中、府警の検問を受け、同法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕された。西岡容疑者は「近くの駐車場に止めた車で帰るのを見送った」と、容疑を認めている。   読売新聞より

…………………………………………………………………………………………………………

福岡の今林大(ふとし)容疑者がクラウン・マジェスタで幼児三人を殺害して以来、にわかに取り締まりが厳しくなった飲酒運転。

しかし、これはやり過ぎだろう……

加わった一文はこれ

第65条 2  何人も、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。改正道路交通法(2007年6月14日改正 9月19日に施行)

罰則は
運転者が酒酔い=3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
運転者が酒気帯び=2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

一応執行猶予がつくようにはなってるが、罰金50万は痛いぞ。しかも、拡大解釈すれば何でも逮捕だ。風が吹けば桶屋が儲かる。乱用すれば酒屋だってビール会社だって逮捕じゃないか?

ああいう事件があったから厳罰化に走りたい気持ちは分かる。法律を作って取り締まれば減るという話も分かる。余は飲酒運転はしない。勧めることもおそらくない。しかし、これはやり過ぎだ。窮屈な世の中がまた窮屈になった。実に面白くない。

風が吹けば桶屋が儲かるのだ。なんでもかんでも法でがんじがらめにする窮屈さが、人々の鬱憤を誘い、厭世観を育み、また事件が起きる。そして、また法で縛る。さらに事件が起きる。また法で縛る。先の尖った円錐形の壺にはまるように窮屈になる。繰り返せば、この社会はいつかショートする。余はそれを危惧する。


今林大の事件が起きた時に書いた日記

FC2 Blog Ranking

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

【編集】 |  01:36 |  余の日記  | TB(1)  | CM(0) | Top↑
2007.09/21(Fri)

地方自治体壊滅 

地方自治体壊滅 (One theme books) 地方自治体壊滅 (One theme books)
神野 直彦 (1999/12)
NTT出版
この商品の詳細を見る


この本が上梓されたのは1999年の12月。だから、ちと情報が古い。

地方自治体が壊滅する要因として、小渕内閣が景気回復のために公共事業を拡大する政策に転じたことを挙げている。しかし、ハコモノが乱立するだけで景気は回復しなかった。地方自治体はラストダンスを踊った。

普通、デフレの時は公共事業で金をばらまき、景気を回復させる手法がとられる。ニューディール政策などが有名。しかし、著者はニューディール政策は実は失策だったという。連邦政府が積極的財政をとったのに対し、地方政府が緊縮財政をとったからである。

著者は公共事業で金をばらまいても景気は回復しないという。上記の理由以外にもう一つ理由がある。現在の不況が単なる景気の動向による循環型不況ではなく、社会のありかたそのものに由来する構造型不況だからだというのだ。昭和恐慌(1929年)も三年で景気は回復した。だから、今回も三年で回復するだろうと地方自治体は基金を取り崩すが、不況の要因が違うので上手いこといかぬ。

現在の不況と類似した不況は19世紀末のヨーロッパにおける大不況だという。1873年から20年以上続いた。(以下65ページから引用)
【この大不況は軽工業を基軸とした当時の産業構造が重化学工業を機軸とする産業構造に転換する時期に生じている。つまり、重化学工業を基軸とする自動車や家電という戦略産業が登場しなければ解消しない構造不況だったということができる。現在の大不況も、重化学工業を基軸とする産業構造が行き詰まり、情報産業を基軸とする産業構造が形成される過渡期に生じている。したがって、自動車や家電に変わる新たな戦略産業が現れて産業構造を根底から覆さない限り、全面的な打開策は見えてこない恐れがある。】

つまり、この不況は当分続くから覚悟しないと駄目だよ。ということである。現在、いざなぎ景気を越えたとか言っているが、地方自治体の財政はこの本が記された頃よりも確実に悪くなっている。

面白いのは著者は三位一体の改革を先取りしたような税源移譲を主張しているのだ。しかし、著者の言うようには行かなかった。地方税は確かに増えた。が、その増収よりも多く地方交付税が削られているからだ。得しているのは不交付団体の東京や元々財源豊かな所だけ。歳入は減るが扶助費は増える一方。住民サービスは低下の一途を辿る。



オススメ度: いかにせん情報が古いので、レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : 地方再生 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  03:04 |  思想 社会科学  | TB(1)  | CM(0) | Top↑
2007.09/17(Mon)

比較政治・入門―国際情報を整理する 

比較政治・入門―国際情報を整理する (有斐閣アルマ) 比較政治・入門―国際情報を整理する (有斐閣アルマ)
河合 秀和 (2000/10)
有斐閣
この商品の詳細を見る


安倍総理、まさかの電撃辞任。麻生陰謀説。農水大臣三人連続辞任。その他にも公選法違反で自民党の小林温が辞任。賭けゴルフ問題のさくらパパ。公選法違反で関係者が逮捕された青木愛参院議員。等々。今の政界は政治的行動よりもスキャンダルで賑わっている。政治家の権威は地に落ちた。誰がこんな連中に正当性を認めるというのだ。

しかし、政治家の権威が失墜しているのは何も日本だけではない。ではなぜ、政治家の権力は失墜したのか? コリン・クラウチに言わせれば、政治家がマーケティング手法を用いて、選挙を行い、民衆もそれを見抜けずに、いわゆる衆愚政治に陥ったのが原因。そういった政治家達は実務能力がないので、政府の機能を民間企業に委託。つまり、政治的権力を民間企業に売りまくった結果、政治的特権も権力も権威も失ってしまったというもの。

この書は、政治的実験の時代と銘打ち、上記の民主主義のディレンマを分析している。一言で言うと「国民は福祉は望んでいるが、増税は望んでいない」ということである。著者は1988年のアメリカ大統領選挙で、福祉と増税を約束した候補に共和党の父ブッシュが大勝したのを証拠としてる。

僅差で議席を争っている多くの政治家にとって、例え必要な増税でも選挙で口にすることは出来なくなった。偽りの争点と一時しのぎの対策で自己保存を謀るようになったのが、1970年以降民主主義国の政治に顕著に表れた傾向である、というのが著者の主張だ。

さらに、……公約違反は当然となり、国民は政治家に何も期待しなくなる。結果、政治的決定は官僚機構や民営化された巨大企業によって、民主的統制の及ばないところで決定される。恰も民主主義に挑戦する体制になった、と著者は主張するのである。

アメリカ帝国終焉の分析も秀逸。アメリカが世界で覇を唱えていた最も大きな理由は、軍事大国だと言うことである。アメリカは軍事力にものを言わせて世界を睥睨していた。しかし、冷戦終結後、世界各国が軍事力競争から降りてしまい、ソ連という強敵もいなければ、アメリカは強大な軍事力を持て余す羽目になる。世界各国が軍事力競争という土俵から降りてしまったのだから、最強の軍事力を誇示しても相手にされない。喧嘩が強いだけで周りを従わせていた小学生が中学に上がり、勉強という土俵にシフトした途端立場を失う現象と酷似している。

ここからは余の分析だが、だとすると、アメリカはグレるしかない。イラクやアフガンに因縁ふっかけてるのがその現れか!?


オススメ度: レベル4.5
FC2 Blog Ranking

テーマ : 政治 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  00:09 |  思想 社会科学  | TB(2)  | CM(2) | Top↑
2007.09/14(Fri)

良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖 

良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖 良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖
マーサ スタウト (2006/01)
草思社
この商品の詳細を見る


この世には良心を全く持っていない人間がいる。そういった人間達は、一切の良心の呵責なしに、人を騙し、傷つけたり、時には殺す。良心を持たぬ人間たちをサイコパス(精神病質者)、ソシオパス(社会病質者)と呼ぶ。厳密に言うと病気ではないので、現在では「反社会的人格障害」という呼び名が使われている。が、この本では一貫してサイコパスという名称で呼ばれることになる。

現代のアメリカでは約4%、25人に一人がサイコパスだという。サイコパスの特徴として、刺激を求める、共感性が薄い、愛情に対する脳の働きが鈍い、などの実例をあげ、サイコパスが社会にもたらした被害を存分に例証する。

そして、最後はこう結論づけるのである。
「良心を持たない人間は『いる』のである。我々がこの良心を持たぬ人間の餌食にならぬ為には、自分の生活範囲からサイコパスを徹底排除するしかない。また、社会も一丸となり、サイコパスを排除すべきである」


余はこの結論というか、この書物の趣旨全般に疑念を覚えた。「良心を持たない人間はいるのであろうか?」こういった質問、設問は、常に人間が良心を持っていると言うことを前提として投げかけられているではないか。だから、余は設問を変えてみる。

この世に良心を持つ人間は存在するのであろうか?

すると、次の質問に進める。すなわち、「良心とは一体何か?」
この本の著者も「良心とは何か」を最後の章で進化心理学まで持ち出して解明しようとしているが、結局は自分の信じる「良心」なるものを、学問の袈裟を着せて体裁づける虚しい努力に終わっている。つまり、終始全く学問的ではないのである。著者はサイコパスが好む快感や勝利感を原始的な感情と切って捨てる。そして「愛情」を高次の感情と定義する。愛情なんか猿もイルカも持っている。なぜ快感や勝利感だけ原始的でなくてはいけないのだ? 腑に落ちない。

著者はルークというサイコパスの例を取り上げて説明する。ルークは何にもましてプールが好きだった。日がな一日プールサイドでのんびりし、気が向いたらプールで泳ぐ。ぼろアパートに住んでいたのも、プールが付いていればこそだった。そんな彼が、ある素敵なプール付きの家を持った女性と知り合い結婚する。女性も最初のうちはルークの外見等を気に入っていたので満足して子供まで産んだが、次第にルークが自分ではなく、プールを愛していることに気付いて離婚する。すると、ルークはプールを失いたくないから、急に家族に献身的になる。

さて、ルークの行動はサイコパス、良心を持たぬ人間として非難されるべきであろうか? プール目当てに結婚したから、彼は非難されるべきなのであろうか? ならば、彼は何を目当てに結婚すれば非難されずに済んだのであろう? 彼女の容姿か? それとも、精神か? 精神ほど分からぬものはない。彼女もルークの精神を見抜けずに結婚したのだから。ルークが彼女の精神に惹かれて結婚したとしても、自分の勘違い、見込み違いだということは大いにあり得るのではないだろうか。それに、経済的理由で結婚する人間などは掃いて捨てるほどいるだろう。経済的理由で結婚する分には非難に当たらぬが、プール目当てに結婚すると非難に当たるのであろうか? 滅法な話である。

著者はこのルークの行動を全面的に非難する。著者がこの世の価値を「人を愛し、人に愛されること」だと宗教的な純粋さで信じ切っているからである。人よりもプールを愛している人間に思いが至らない。

さらに、著者の間違いは、良心が人間の器官として存在すると思いこんでいるところにある。良心を心臓とか手足とか、そういった形で存在するものであると思いこんでいる。だがそれは違うのだ。確かに、能の一部に良心を司る器官、機能は存在するかもしれない。余が言いたい問題はそんなことではないのだ。以下に述べる。

良心を持たぬ人間といえども、大きく分けると二種類になる。一つは、ある身体的欠陥により、喜怒哀楽といった感情が充分に機能しないもの。もう一つは、社会で生き抜くため、あるいは自分の理想とする地位なり金銭なりプールなりを目指す故に、感情をコントロール出来るもの。著者も言っているではないか。「ためらいなく人を殺せるのは良く訓練された兵士とサイコパスだけだ」と。まさしくその通りで、良く訓練された人間は栄達栄誉のために原始的なストッパーである感情を故意に外すことが出来るのだ。さらに、理性的に良心の使い分けが出来るのである。余は良心などまるで持たぬ人間が、自分の老い先の短さに悶えているのを見たことがある。

ある障害者が言っていた。「足がないということは不幸なことでも何でもない。ただそれだけのこと」
良心についても、全く同じように言うことが出来る。
「良心がないということは不幸なことでも何でもない。ただそれだけのこと」
さらに、次の点で著者も認めているのが面白い。「ウォール街や学界、政界に於いては良心などが機能しない方が仕事の妨げにならない」そして、過去の偉大な指導者達を例にとり、良心を持たぬサイコパスだと断罪するのである。
逆に、マザーテレサ等の良心をふんだんに備えていそうな人物を賞賛する。しかし、こんなものは余に言わせれば、ルークがプールを愛したように、マザーテレサはただ人を愛しただけに過ぎない。

仮に良心があるとして、我々が真に迷惑だと思う人間とはどういうものか思いを巡らせてもらいたい。それは、良心のカケラも持たぬが、理性と学問により、他人や栄誉に対し合理的に振る舞える人間か。はたまた、存分に良心を備えているが、頭が悪い故に物事の一面しか見えず吹き上がってしまう人間か。前者は非常にその判断が迷うところである。後者は紙面を賑わす平和団体などによく見受けられるが。

では、良心とは何なのか? 結論を言うと、良心とは非道く相対的なものである、となるだろう。つまり、ゴキブリは人間が良心を持っていると思えるであろうか? あれだけ執拗に追い回されて虐殺されても? 家畜の豚は「人間とは愛の生き物である」と思っているであろうか? ユダヤ人から見たドイツ人は? パレスチナ難民から見たユダヤ人は? 良心を持った人間と言えるであろうか?

そこで、編み出されたのが近代法なのである。近代法の理念を一言であらわせば、「行いのみを法に照らし合わして裁き、内面を一切裁かず」ということに行き着く。つまり、個人がどんなに凶悪とされる考えを持っていても構わないのである。ただ、法に反した事のみを裁く。これが近代法だ。そして、近代法の正当性は民主的に選ばれた議会が立法することで得られているのである。

だから、著者も指摘しているように、サイコパスはアメリカで最も多い。それは近代法の概念が徹底しているからである。逆に、近代法が不徹底で、慣習によって裁かれるアジアなどではサイコパス率は低いのだ。近代法が比較的浸透しているアメリカでは内面が裁かれることはまずない。内面を隠す必要はあまりない。引き替え、アジアでは村落的連帯が残存し内面が社会的立場に強い影響を及ぼす。ただ、慣習による抑圧は昔の日本のように言語や文化が統一されていて、ご近所に顔が知れ渡っているような社会でなければ難しい。多民族国家では近代法の方がよほど間違いが少ないであろう。民族によっても良心の基準は曖昧だからである。

良心は万能でもなければ、絶対的存在でもない。ユダヤ人を虐殺したドイツ国民を全てサイコパスと呼ぶつもりか? 良心なるものは時として人を傷つけることが多分にあるのを知った方がいい。この本は下らなく、前進的な学びの価値は皆無である。しかし、良心を持っていると思いこんでいる人間が、ある人達を良心を持たぬ人間(サイコパス)とレッテルを貼り迫害しようとする危険な思想を味わうならばレベル5だ。

最後に、精神病質、社会病質、反社会的人格障害、などと呼ばれているが、どれも不適切であり、差別や偏見を助長するものでしかない。余は決して感情を第一の人間の資質とは考えない。その点において、感情に左右されにくいサイコパスを奨励したくもおもう。学問のすゝめならぬ、サイコパスのすゝめなるものを記そうかとも考えている。あまりに直情的な行動は醜いからである。せめて、自分が感じた感情が何に起因するのか? 起因すると思う感情の根源とはなにか? 根源の根拠は? 根拠の……。と無限退行するわけであるが、自分感情を鵜呑みにするのではなく、多角的に検証してもらいたい。結局、最後は鶏が先か卵が先かの問題になるが。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  00:26 |  思想 人文科学  | TB(0)  | CM(10) | Top↑
2007.09/12(Wed)

安倍内閣の終焉 

abe.jpg



安倍さんが辞職表明した。健康上の問題とか、精神的に参っちゃってるとか、安倍事務所に捜査が入るからとか、色々噂されている。何が本当かは分からない。安倍さんが病んでるのはマジっぽい。記者会見で目が死んでました。

究極のバカ内閣とか、このブログでも結構扱き下ろしてきたが、終わってみると何か寂しい。陳腐な表現を使うと、胸にぽっかり穴が空いたような虚しさ、といったところか。話題の尽きない内閣だった。次々閣僚は辞めるし、みんなキャラが立っていた。問題大臣のなかでとくに印象的だったのが赤城大臣と柳沢大臣だろうか。衝撃的だったのは松岡大臣だな。教育再生会議とかいうオバカ集団もあったり、防衛庁は省に昇格するし、靖国は行ったか行かないか言わない、とか。

思い返すと色々なことがあった。確かに、あれが日本の顔だというのはどうかと唸らざるを得ないが、諸賢もなんだかんだ言って結構楽しんだのではなかろうか。

そして、最後まで楽しませてくれた。小泉さんは色々サプライズを起こして人気を得た。安倍さんの起こした最大のサプライズは辞任だった。格好いいではないか。鳩山弟がいうように、潔すぎるではないか。

あの右往左往する安倍内閣がもう見られないとは、やはり一抹の寂しさがある。まぁ、日本の将来の為には仕方あるまい。


美しい国へ (文春新書) 美しい国へ (文春新書)
安倍 晋三 (2006/07)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

FC2 Blog Ranking

テーマ : 安倍総理辞任表明 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  23:50 |  余の日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/10(Mon)

生命だけは平等だ―医療一揆編 上下 

生命だけは平等だ―医療一揆編 (上) 生命だけは平等だ―医療一揆編 (上)
前田 和男、花岡 一 他 (1998/01)
道出版
この商品の詳細を見る


明日はいい日だ」の続編。しかし、絵師さんは別の人。

徳田虎雄が阪大に入ってから巨大医療法人を作り上げるまでの軌跡。徳田虎雄と徳州会グループがどういうものかは、前述の明日はいい日だで述べてあるので参照していただきたい。

徳之島時代から、徳田虎雄は一貫して努力の人である。徳田虎雄語録にも収められている「自分の本心と反対のことをやれば人生は上手くいく」どういう意味かというと、大体人間はサボりたいとか楽したいとか思う。だから、そう思う心の逆をやればいいと言うのだ。なかなか実現は難しい。余もそう思ってちょっと頑張ったが、無意識に身体が楽な方に流れている(ネットサーフィンとか……)。

これはノンフィクション漫画と銘打ちながら、なぜか徳田と争う衆議院候補が匿名だ。その他は実名で出てくる。悪役があまりにもわかりやすすぎる。最近のフィクションでも、こんな露骨な悪人はいないだろう。

自己啓発に興味ある方。努力したいと思っている方、人間の頑張りが好きな方は読んで損なし。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  17:49 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/07(Fri)

悲劇! 30歳になるまでに…… 



新着情報30件→RSS
goo ランキング
30歳になるまでにやっておきたいことランキング
1貯金
2長期旅行
3大恋愛
4結婚
5資格取得
6同性の友人を増やす
7体力をつける
8マナーを身につける
9一人での旅行
10親孝行
もっと見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.





新着情報30件→RSS
goo ランキング
30歳になるまでにやっておきたかったことランキング
1貯金
2長期旅行
3資格取得
4大恋愛
5結婚
6外国語を使えるようになる
7一人での旅行
8体力をつける
9同性の友人を増やす
10親孝行
もっと見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.




上記の表は先月gooが発表した30歳になるまでに
やっておきたいこと
やっておきたかったこと

ランキング結果である。

ご覧になり、何か気付いたであろうか? そう、二つの票は酷似しているのである。1位から5位は順位こそ違え、項目は同一。その他も、外国語とマナーの違いがあるだけで同一。諸賢はこれを見て背筋が寒くならないか? 余はびびった。

人間が望むもは大体似通っている、ということを前提に、この表を見たとき、二通りに解釈できると思う。望みを叶えたかそうでないかだ。望みを叶えた場合は、例えば、A君は20代の時貯金にいそしんだ。だから、結婚はお預けとした。故に、30歳になって、結婚を20代の時にしたかったと答える。このように、何かのために何かが犠牲になたと解釈できる。もう一つは、貯金したい貯金したいと思っていて結局貯金できなかったタイプ。

余は後者が大多数だと思う。何となれば、長期旅行や資格取得は貯金とは被らないからだ。さらに、結婚と一人での旅行が上位にランクインしていることを鑑み、人々は結局、20代でしたかったことが30歳になっても出来ていないのではあるまいか。

これを悲劇と呼ばずして何と呼ぼう。
それもそのはずだ。一日10時間も仕事に拘束されていて、どうして自分がしたいことが出来るのであろう? 遊ぶ暇がないなら貯金は可能だって? とんでもない。この物価高で貯金なんか不可能。家賃で消える。でかい長期的な計画が立てられないから、遊ぶのは細切れ、もちろんそれだって金がかかる。30代でやりたかったことは、きっと40歳になっても出来ない。それが現代の超労働社会の現実だからである。人々はこれで一生を終えるのか? 悲劇ではないか。プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神を読んでこの間違えた超労働社会に否!を突きつけてやるべきだ。

FC2 Blog Ranking

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

【編集】 |  23:22 |  余の日記  | TB(1)  | CM(0) | Top↑
2007.09/05(Wed)

明日はいい日だ 上下 

明日はいい日だ―立志青雲編 (上) 明日はいい日だ―立志青雲編 (上)
前田 和男、小川 たけし 他 (1997/11)
道出版
この商品の詳細を見る


明日はいい日だ

徳田虎雄という人間の伝記である。ノンフィクションコミックと銘打ってある。徳田虎雄の伝記は、この「明日はいい日だ」と「命だけは平等だ」の二つがある。「明日はいい日だ」は虎雄が生まれてから阪大医学部に合格するまでの苦闘を描いたものである。「命だけは平等だ」は阪大での学生運動、駆け出し医師の時代から、巨大グループを築き上げるまで。

徳田虎雄とは特定医療法人徳州会の理事長であり、元衆議院議員。徳州会とは、現在、札幌から沖縄まで63病院を擁し、海外にまで進出している巨大医療法人グループである。世界第3位の規模。

そんな巨大医療グループを一代で築き上げた徳田虎雄の青年期がコミカルに描かれている。舞台は戦中戦後直後の徳之島であるが、どっから見てもアフリカか東南アジアだ。到底日本とは思えない貧しい環境で、徳田虎雄は奮闘努力。勉強に勉強を重ねて見事阪大医学部に合格するという痛快ストーリー。徳田虎雄の努力は必見である。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:14 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2007.09/03(Mon)

地方自治について 

臨時財政対策債(地方財政情報館様より)なるものがある。H13年から採用されたもの。どういうものかというと、今までは地方自治体は金が足りなくなったら、地方交付税特別会計というところから足りない分を補填されていた。しかし、これからは「足りない分は自分で借りろ」というのである。ただし、借りた分は、「地方交付税に上乗せして後々払ってやる」というもの。

なんだ、どっちにしろ、国が払ってくれるんなら同じじゃん。と一見思う。

しかし、ここからが味噌。地方交付税の算定はブラックボックス。総務省のむね一つで地方自治体はもらえる額が決まる。

例えば前年、臨時財政対策債を3億円借りたとする。今までの地方交付税が15億だから、翌年の地方交付税は3億プラスされて18億だと思いきや、なんと16億だ! なぜだ……2億計算が違うぞ! 

からくりはこうだ。総務省はきっかり3億円払ってくれた。しかし、別の理由で2億削ったのだ。交付税の算定はブラックボックス。どこに文句をつけていいものやら。うかつには借りられぬ臨時財政対策債。

FC2 Blog Ranking

テーマ : 地方自治 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  19:52 |  余の日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。