02月≪ 2008年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.03/30(Sun)

暴力の考古学―未開社会における戦争 

暴力の考古学―未開社会における戦争暴力の考古学―未開社会における戦争
(2003/08)
ピエール クラストル

商品詳細を見る


全く題名の通りの論文である。半分が論文、半分がその論文の解説という構成。

非常に読みにくい本である。未開社会に対するある程度のリテラシーと、構造主義的な社会観の概念がないと意味不明になる。

未開人がどのような理由に基づいて戦争をするのか、という命題を扱う。

これまで、未開人の戦争は狩猟の延長のように言われてきた。経済的な理由からの戦争も、狩猟の延長と同意義であろう。だが、クラストルは違うという。

「戦争が人間を目指した狩猟であるというなら、狩猟は野牛を目指した戦争でなければならない。あり得ないことだ」

未開人の戦争は物質的と言うよりも、精神的なものであると彼は言う。未開社会は、個々人が全て平等であることが前提とされている。つまり、分化しない社会である。分化しないとは、統治者と、被統治者に別れてはいけないという意味である。そして、他の共同体に依存しない社会であることである。

極言してしまうと、未開社会に於いて、戦争で勝利して支配するという発想はない。戦争はあくまで共同体のアイデンティティーを維持することにこそ主眼が置かれる。内をまとめるために、敵を作る、とでも言えばいいか。

我が国にも、アイヌ民族の哲学として、「求めぬことこそ幸福なれ」という言葉があるが、未開社会の幸福も、富むと言うよりは、持続する現在を重視しているともいえる。だから、未開社会の首長は命令しない、命令しないためにそこにいる、絶えず、過去を参照する存在である。首長はリーダーシップとは無縁の存在でなければならない。また、権威としてのゲバルトを持たないことも、権力を行使しない要因の一つといえる。

未開社会は統合化を恐れる。一人一人が平等であることを大切にする。しかし、考えてみれば、これは自然なことのように思う。好き好んで支配されたがる人間はいないだろう。そうすれば、自ずと、平等であるべき社会を形成せざるを得ない。今の先進国のように、溢れる物質の豊かさで統治を韜晦するのでなければ、未開社会の状態こそ、人間らしいといえる。


オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

参考図書
国家に抗する社会―政治人類学研究 (叢書 言語の政治)国家に抗する社会―政治人類学研究 (叢書 言語の政治)
(1989/06)
ピエール クラストル

商品詳細を見る


大いなる語り―グアラニ族インディオの神話と聖歌大いなる語り―グアラニ族インディオの神話と聖歌
(1997/01)
ピエール クラストル

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  13:56 |  思想 社会科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.03/29(Sat)

Fender Duo Sonic 

duo.jpg

某所でフェンダー デュオソニック66年製が、約23万円で売っていた。
あまり、有名なギターではないが、ムスタングの兄弟。

弾いた感じ、全然オールドといった感じがしなかった。まぁ、見た目は確かに古いが。音だけなら「現行品ですよ」と言われたってわからない。弾きにくさもない。

ピックアップセレクタのスイッチが面白い。以下wikiから抜粋。

「ピックアップ・セレクタはピックアップ上部に移され、2つの3ポジションスイッチでフェイズ効果の選択ができた。それぞれのピックアップは逆極性で、あわせて使用したときにはハムバッカーの機能も得られた。」

フェイズというのはピックアップの出力を逆にして、打ち消す合うようにして、不思議な音色を出そうとするもの。たしかに、普通のギターではならない変な音が鳴る。現行のギターにこの機能がついたものが少ないのは、もちろん、使い道があまりないからである。

そんなに悪いギターではなかったが、23万出す気にはならない。っていうか、後々調べたら、だいたいこれが相場なのね。オールドにしては安いかも。

写真は、いつもの通り、余の弾いた個体にあらず。あくまで、イメージ。

FC2 Blog Ranking

参考図書

ヴィンテージ・ギター (Vol.5)ヴィンテージ・ギター (Vol.5)
(2001/10)
不明

商品詳細を見る


弾けるフェンダームスタング (えい文庫)弾けるフェンダームスタング (えい文庫)
(2003/05/08)
ヴィンテージギター編集部

商品詳細を見る

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

【編集】 |  00:30 |  ギターのはなし  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.03/25(Tue)

五代ゆう&榊一郎の小説指南 (ホビージャパンMOOK) 

五代ゆう&榊一郎の小説指南 (ホビージャパンMOOK)五代ゆう&榊一郎の小説指南 (ホビージャパンMOOK)
(2007/07/05)
五代 ゆう/榊 一郎

商品詳細を見る


題名は小説指南であるが、詳しくはライトノベル指南である。五代も榊も第一線で活躍するライトノベル作家である。ちなみに、余は彼らの作品を読んだことはない。

余は自分でも小説を書く。ちなみに、余が書く小説は驚くほどつまらない。自分でつまらないぐらいだから、読ませてみた友人もやはりつまらないと言っていた。面白い小説を作りたいので、片っ端から小説作法や小説の作りかたを読んでいる。効果はからきしだ。

むかし、宮台真司が、
「育児をするにあたり、育児マニュアルを読むのはまずい。なぜなら、マニュアル通りに行動する赤ん坊などはいないからだ。マニュアル通りに行動しない我が子を見て、また他のマニュアルを参照する。で、また次のマニュアル、また次、また次。マニュアル地獄におちいって、わけがわからなくなり不安になる。」
といったような意味のことを言っていた。

小説作法も同じことがいえるかも知れない。
面白い小説が書けない → マニュアルを読む → マニュアル通りに書けない → 別のマニュアルを読む → 以下繰り返し

しかし、本書は悪くない。押しつけがましいところがないからだ。逆に、具体性がないともいえる。余はそのくらいがちょうど良いような気もする。とくに、小説を書く心得を垣間見たいと思う諸賢にはお勧めである。

五代と榊とHJ文庫の編集者の鼎談で進む。そのなかで、小説を一つ作ってみようという話になり、実際に五代が与えられた条件を元に作品を書く。全文が収録されていて、その作品の発想から完成までを俯瞰することが可能である。余は五代の作品を読んだことはないが、この小説がまた佳作。小説だけでも読む価値有りである。五代の作品にたいする弁明もついていて、非常に参考になる。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

参考図書
パラケルススの娘 7 (7) (MF文庫 J こ 2-7)パラケルススの娘 7 (7) (MF文庫 J こ 2-7)
(2007/09)
五代 ゆう

商品詳細を見る


神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫 (さ-01-07))神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫 (さ-01-07))
(2008/01/15)
榊 一郎、大迫 純一 他

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  02:47 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.03/22(Sat)

手にとるように環境問題がわかる本 

手にとるように環境問題がわかる本手にとるように環境問題がわかる本
(2007/09/25)
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 環境・エネルギー部

商品詳細を見る


今や環境問題は経済や軍事に匹敵する国際的重要課題である。
本書は一問一答のような感じで、環境問題についての概説がなされている。挿絵や図がふんだんに用いられていて理解を助ける。

余談であるが、余は書物に挿絵や図が入っていることは、良いことだと思う。良く図入りをバカにするものがいるが、文字で説明するよりも、視覚に訴えた方が早いときは、その方が良い。何も、字を読みたくて書を読むわけではない。知識を得るために読むのであるから。

環境問題に興味があるなら、入門書には最適である。また、環境についての一通りの教養を身につけることに於いても、本書は有用である。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

環境学入門 (1)

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  10:35 |  思想 自然科学  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2008.03/19(Wed)

さよなら絶望先生 第1集 

さよなら絶望先生 第1集 (1) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第1集 (1) (少年マガジンコミックス)
(2005/09/16)
久米田 康治

商品詳細を見る


さよなら絶望先生

普通に面白い。
ネタがマニアック&ブラックで面白い。
ギャグマンガである。
気晴らしに良い。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:30 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.03/17(Mon)

環境学入門 (1) 

環境学入門 (1)環境学入門 (1)
(2002/01)
武内 和彦

商品詳細を見る


哲学に興味がある人間は環境から入ると良いと思う。余も最近環境にはまり知ったのであるが、環境は哲学そのものである。我々が如何にあるべきか、その思考のルールを環境問題は示してくれる。

世界中の人が日本人と同じ生活レベルで暮らしたら、地球がいくつあっても足りない、という話は有名である。資源が有限で、技術的発達を考慮せず、未来を考えたとき、二通りの極に分けることが出来る。一つは、日本以外の民に贅沢を許さず、もしくは減らして、日本人だけ現在の生活レベルを維持する。もう一つは、日本人が現在の豊かさを放棄して、世界中の国と分配する。そして、この両極端の間には無数の選択肢が存在する。また、時間的にも今と同様の論を当てはめられる。すなわち、今豊かさを享受して、後の世の人々に苦しんでもらうか、という選択である。

人間の心情は地球環境に適応できない。そのジレンマがみそ。地球の人口は10億人ぐらいが適正だから、50億人死んでください、というわけにはいかない。地球にどれだけ負荷がかかろうとも、我々は生存を望むし、クーラーも暖房もとめたりはしない。そして、我々が快適な生存を望むほど、快適な生存が危ぶまれるという、余的には非常に面白い命題なのである。

環境問題とは、CO2がどうたらとかいうまえに、個と全体性の問題、空間的時間的問題、自己管理と社会管理の問題、欲望の問題、いかに生きるかの問題。

本書には以上のようなことを考えさせられるヒントがちりばめられている。

オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  21:50 |  思想 自然科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.03/13(Thu)

都市と緑地―新しい都市環境の創造に向けて 

都市と緑地―新しい都市環境の創造に向けて都市と緑地―新しい都市環境の創造に向けて
(2001/01)
石川 幹子

商品詳細を見る

公園の歴史、人類と公園の関係。様々な種類の公園の出来上がる経緯。そういったものがつらつら書かれている。ニューヨーク、パリ、ロンドン、ドイツ、ボストン、シカゴ、各都市の公園と住民の関わり方が詳細に記されている。日本については、別に章立てされており、明治から現在の公園、緑化、、緑地思想の揺らぎにいたるまでが書かれている。

最近、余も環境にはまっているわけであるが、ここ近年、世界の環境熱は加速度的に上がってきたといえる。当然、公園緑化にも強い関心が示されるわけである。

緑化思想とは最近の産物である。20世紀初期までは、自然はいくら破壊しても問題ないと人類は考えていた。産業が発達する前の人類は、どれほどあがいてみたところで、地球に影響を与えるほど自然を破壊することが出来なかった。

しかし、甚大な力を手に入れてしまった人類は、自然を破壊し、地球をも滅ぼす行動が可能になった。実際、至る所で自然は破壊されて、人類の暮らしにも影響を与えるようになった。そこで、初めて人類は自然を守るという選択を取らねば、不都合が起こるという事態に陥った。

緑化とは、擬似的で人為的な自然である。本来の、人間が全く手を触れていない未踏の自然と、緑化思想の自然とは意味を異にする。我々が自然と呼ぶものは、前人未踏の未知の自然などではなく、「この部分は自然である」と我々が名指した、人工的な自然、に他ならない。セントラルパークなどは荒野に作られた緑地である。

本書では、都市における緑地確保の方法は大きく分けて三つあるという。
一つ目は、封建時代のストックを使う方法。庭園や狩猟地の解放
二つ目は、新大陸アメリカのように、何もないところで、都市計画と緑地計画が併行して行われる方法。
三つ目は、既存の都市の改良ではなく、郊外に新たに都市を造り、自然との調和を図ろうとするもの。田園都市である。

公園を綺麗に整備すると、周辺の土地の値段が上がるとか、公園を防火帯として、都市の火災に対処するとか、日本は江戸時代から公園を作って庶民に開放しているだとか、様々な公園に関する雑学を得られる。

とにかく、マニアックなので、よほど興味があるものでないと、ついていけない嫌いがある。余は公園の専門家でもなんでもないので、簡単に言うことは憚られるが、それでも、本書はなかなかの良書だと思う。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  19:17 |  思想 社会科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.03/07(Fri)

エピフォン・カジノ Epiphone Casino 

エピフォン・カジノ Epiphone Casino (韓国製)

epikazi.png


これ本当にフルアコ。外見じゃセミアコと全然見分けが付かないけど、持てば分かるし、弾けば分かる。ソリッドじゃあり得ない軽さ。音もご機嫌、アコースティックな音が鳴る。

ハウリングし易いというのはマジで、それほどでかくない音量で試奏していたにもかかわらず、向きによってはハウった。

ネックが普通のセミアコよりも食い込んでいて、ハイポジが少々弾きにくい。値段だけあってインレイがやはり雑。余が弾いた個体の音はナカナカだった。一本欲しい。キャラクターがP90にぴったり。生音が心に染みる。こういう生音はソリッドやセミアコじゃ絶対に出ない。名器として作られ続けているのは伊達じゃない。

※写真はイメージ 余が弾いた個体にあらず。

FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》
Beatles Gear: All the Fab Four's Instruments, from Stage to StudioBeatles Gear: All the Fab Four's Instruments, from Stage to Studio
(2002/09)
Andy Babiuk

商品詳細を見る

Beatles Gear: All the Fab Four's Instruments, from Stage to StudioBeatles Gear: All the Fab Four's Instruments, from Stage to Studio
(2002/10/01)
Andy Babiuk

商品詳細を見る

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

【編集】 |  09:35 |  ギターのはなし  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.03/04(Tue)

幸福なギター考 

最近、よく考える。幸福になれるギターとはなんだろうか? どんなギターを所有すれば幸福になれるのであろうか?

ギターを弾ける時間は永遠ではない。我々の命には限りがあるのだ。だから、どうせギターを弾くならば、少しでも幸福になれるギターを弾いた方が価値ある時間を過ごせると思う。人生が豊になると思う。では、そのようなギターとは、どのようなギターなのであろうか。ちなみにここでは万人にとって幸福なギターを論じない。あくまで、個人にとって幸福なギターである。認識論的に他人の感性を我々は知覚できない。つまり、他人がどれだけそのギターを否定したところで、それが本心かどうか検証するすべはないのである。

では、幸福の要因として考えつくものを挙げる。
①弾きやすさ 触覚的要素
②音色・音質 聴覚的要素
③形・色・モデル・見た目 視覚的要素
④ブランド・アーティストモデル・オールド・金額 精神的要素
⑤一目惚れ 直感的要素

他にもあるだろうが、以下順に検討してゆく。

①弾きやすさ 触覚的要素
弾きやすさは重要だ。弾いていて疲れる、ストレスがたまるギターはよろしくない。音色は好みが多く別れるところであるが、弾きやすさは、ある一定の基準がある。しかし、必ずしも弾きやすい=幸福とは言えない。むしろ、幸福なギターに弾きやすさが含まれる割合は意外と少ないかも知れない。


②音色・音質 聴覚的要素
人によってはこれを一番に持ってくるかも知れない。さて、ここで新たな命題が生まれる。ギターをなぜ弾くのかである。ギターとは果たして音を出すための道具に過ぎないのであろうか? もし、音を出すことがギターの究極目的であるとするならば、「音色・音質」を以て、幸福なギターの定義が可能かも知れない。

以前、余は斯くのごとく論じた。すなわち「音楽を奏でるためにギターが存在するのではない。ギターを奏でるために音楽が存在するのだ」と。この理屈は多くのギターフリークをして納得せしめるに足ると信じる。我々はギターが弾きたいのである。ギターを弾くために音楽を使っているのである。もし、逆が真理になってしまうと到底受け入れられないものになる。音楽を奏でるためにギターがあるのだとしたら。音楽を最高に奏でられるギターが幸福のギターになってしまう。否、最高の音楽を奏でることが目的なのだから、ギターでなくとも良いことになってしまう。自分が弾く必要がなくなってしまう。……この論は間違っている。なぜなら我々は弾きたいのだ。聴いているだけの音楽はまた別ものなのである。自分で弾くことに意義を見いだしているのである。故に、音楽は必ず副次的なものでなければならない。

話を戻す。あくまで弾くことに意義があるのであり、聴くことは副次的なものに過ぎない。となってくると、音質・音色だけで、幸福を定義してしまうことに無理が生じないだろうか。全く意図しない狂った音が鳴るギターは問題だが、自分の理想の音が鳴れば良いと言うわけではない。それならば、理想の音が鳴るCDを聴いていれば良いのだから。弾いたときに理想の音が鳴ればいいか? だとすると、音色のみで語れなくなってしまう。


③形・色・モデル・見た目 視覚的要素
どんなに弾きやすくても、どんなに音がよくても、見た目が気に入らないギターは所有していて決して幸福ではないだろう。ひょっとしたら、最も重要なファクターかもしれない。何故に最も重要か? 美人は三日で飽きるという。余はこの飽きと言うものを重視したい。もちろん、真なる幸福なギターは決して飽きることはないのであるが、残念ながら我々はそれを検証できない。我々には寿命がある。つまり、我々の寿命のうちだけの幸福なギターであっても、我々はそれを真に幸福なギターと解さざるを得ないのである。故に、幸福なギターにとって、この死というものは、くせ者でもあり、同時に福音でもあるのだ。飽きる前に死ねばいいのだ。逆にブスは三日で慣れると言う。慣れたものに真の喜びを感じるであろうか。感じてさらに愛着が湧くかも知れぬが、少なくとも、それまでは幸福なギターではあり得ない。


④ブランド・アーティストモデル・オールド・金額 精神的要素
議論があると思う。ある人はブランド・オールド・金額に一切拘泥しないかもしれない。ここで言う金額とは、所持金の範囲という意味を指さない。金額それ自体が所有の満足度に貢献する意味の金額である。すなわち、金額とはステータスだと思っていただきたい。

さて、ここでは話を分かりやすくするために、2本の寸分違わぬギターが存在すると仮定する。違うのは、一本がギブソンであり、もう一本がヒュンダイということだけだ。それ以外は色も形も音色も操作性もすべて一緒。

やはり、ここで問題になってくるのはブランドイメージである。「ギブソンはすでに百本持っている」とかではなしに、最初の幸福なギターを探していたら、果たしてヒュンダイを買うであろうか? 自動車でも作ってろよ、という感じにならないだろうか? 例え同じ品質であっても、ブランド名の響き、会社の歴史、また、他人がどのようにそのメーカーを認識しているかで以て、ブランド名はギター本体にではなく、我々の心に影響を及ぼす。ブランドには個人的影響と社会的影響がある。個人的影響とは、自分がそのブランドに対して持っているイメージである。社会的影響とは、自分がそのブランドを手にしていることによって、社会からどのような評価を受けるかを考慮したイメージである。オールドやアーティストモデルは言うに及ばず、色や形や音色についてさえ、程度の差こそあれ、同じ影響力が伴っている。


⑤一目惚れ 直感的要素
潜在意識に直接働きかける非理性的な現象。吊されている一本のギターに目がいって、忘れられなくなったことはないだろうか。一目惚れは感性的、直感的な面で幸福なギターの条件をクリアーしている。後は、実際弾いてみて、操作性や音質に問題がなければ、最も幸福なギターに近いかも知れない。

結局、幸福とは、我々が如何に幸福だと思えるかである。幸福だと思えるためには、それだけの幸福の要因を、我々の思考の源泉である感性に注入出来なくてはならない。それが出来るギターが幸福なギターなのである。この世には叡智的真理と、感性的真理の二種類があるといわれる。叡智的真理とは数学の解答のようなもので、「故に正しい」と万人が共通して理解できるもの。感性的真理とは、例えば恋をするようなもので、自分がある対象に恋しているのは間違いないが、万人にとっては全く理解し得ないもの。幸福なギターとは感性的真理を叡智的真理で補完するようなものではないかと思えてきた。それでこそ、永続した真の幸福なギターが可能なのではあるまいか。


挙げようと思えば、もっと他の項目も出来るだろうが、この五つにまとめさせてもらった。所有して我々に幸福をもたらすギターとはこの五つが複雑に絡み合って生まれるものではないだろうか。この中のどれか一つだけがあればいいと言うものではない。この五つ全てが独立しており、全ての数値が最高のギター、それが余の考える幸福なギターである。

あと、番外として、分相応なものを人は好むらしい。この前、「付き合っている男女がお互いに冷める事柄ランキング」に、「家柄が立派」というのがあった。ギターでも、同じことがいえるかも知れない。腕に自信のないものが、いくら素晴らしいギターだからといって、PRSなどはなかなか持ちたがらないかも知れない。持っても落ち着かないし、持て余すことになるかも知れない。我ら大和民族は物神論的感性を多分に持ち合わせた民族である。余も、自分の楽器に名前をつけて、擬人化して扱う友人を何人か知っている。こういったものは、分相応の楽器を持たないと、楽器に対して劣等感を抱いてしまう。当然、幸福のギターたり得ない。初学者は注意されたし。

ロマンチシズムの酔いを覚まして、現実に購入を考えたとき、ふと、風林火山に出てきた、甘利虎泰の台詞を思い出した。

比較なしで何が最高かを論じるのは少々無理がある。仮にヴィンテージの59年製ギブソン・レスポール・スタンダードの最高のコンディションのものを理想のギターとする。しかし、金がない。レスポールを止めてメロディメーカーにするか? オールドを止めて現行レスポールを買うか? それとも、全く別のものにするか?

甘利が勘助に厳しい口調で言うのだ。
「戦とは、何を守り、何を失うかだ」
ギターの購入にも同じことが言える。これは、金が無限にあっても言えることではなかろうか。至言なるかな。

また、現実を思うとき、悲しいかな、一本だけで全てをカバーするギターを追い求めるよりも、気に入ったギターを数本、もしくは数十本所有し、気分によって弾き分けた方が、ギターを奏でる時間を有意義に過ごすことに貢献するような気がする。

さて、縷々論じてきたわけであるが、こう思われた諸賢は多かろう。「絶対的幸福なギターなど存在しない」それは事実かも知れない。しかし、我々は幸福なギターを探す楽しみを知っている。幸福なギターを探す楽しみに積極性を加えることが、我々のギターライフの一層の充実を図るに足ると、余は確信するものである。

FC2 Blog Ranking

テーマ : ギター - ジャンル : 音楽

【編集】 |  20:36 |  ギターのはなし  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。