03月≪ 2010年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.04/29(Thu)

一射絶命―禅、弓道、そして日々の行 

一射絶命―禅、弓道、そして日々の行一射絶命―禅、弓道、そして日々の行
(1997/02)
ケネス クシュナー細川 道彦

商品詳細を見る


前述のオイゲンヘイゲルの書に感化された外国人が、ハワイの禅道場で修行した記録。ハワイの禅道場は我々日本人にとって特にゆかりがないものだろう。禅寺なら本土にあるのでわざわざ他国で修行しないのではないか。その点でも、本書は貴重と言える。

表題の一射絶命とは、一期一会みたいなもので、その一射は最初で最後のものであるから、命をかけて放つべき、のような意味。

禅で言う「無」と弓の「離れ」は似ている。弓は離す瞬間が難しい。この離れの説明において、「ちょうど夕日を眺めながら自分自身にそれがどんなに美しいかを説明する必要がないように、いつどのように離すべきかを意識せずに矢を射ることが出来る」とある。

また、著者は精神分析の専門家でもあるのだが、禅の老師が一言半句の言葉やちょっとした動作で人を導くことについてこう語っている。「ささやかな言行が人に対して甚大な影響を与えることが出来るのは、その言行が人々のもっとも受け入れ態勢の整っていた点を正確に突くからである」と。巨大な岩を老師が動かしているのを見て、石には動きたい方向があり、それに順えば難なく動かせるという実例を紹介している。

著者が老師に弓道の感想を聞かれ、「難しいものですね」というと、老師は「そうですね。的は動きませんから」と答えたという。つまり、放った矢が外れた場合、それは全て自分の責任以外の何物でもないということになる。的は自分自身の中にあることになる。著者は残心の心得で、「的を外して自分のせいに出来たとしても、生活上の問題を他人のせいにしているようでは真の弓道家とはいえない。そのような心構えで生きるものは、真の的は28メートル先にある紙の的ではないということを知っている」と喝破する。

禅的精神はもはや一般的日本人はほとんど持ち合わせていないと思う。少なくとも、外国人が日本人に対して抱いている期待ほど日本人は禅的生活を行っていないし、その精神も持ち合わせていない、また、理解していない。前記のヘイゲルの書もそうであるが、外国人が考える理想の日本は、我々日本人にとっても十分すぎるほど魅力的である。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

弓と禅 改版弓と禅 改版
(1981/11)
オイゲン・ヘリゲル

商品詳細を見る

弓と禅 (禅ライブラリー)弓と禅 (禅ライブラリー)
(2008/07)
中西 政次

商品詳細を見る
百射百中を目指す!「勝つ弓道」のポイント50 (コツがわかる本!)百射百中を目指す!「勝つ弓道」のポイント50 (コツがわかる本!)
(2009/11)
落合 榮司

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  00:17 |  哲学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.04/23(Fri)

日本の弓術 

日本の弓術 (岩波文庫)日本の弓術 (岩波文庫)
(1982/10)
オイゲン ヘリゲル

商品詳細を見る


名著「弓と禅」を記した著者が弓と禅執筆の十数年前に講演したもの。薄い冊子であるが、内容は実に深い。日本人は日本人がなんなのか、あまりにも多様な日本人を見ているために分からなくなってしまう。しかし、外人はある意味先入観を持ち、それに当てはめた形で日本を再構築していくため、ステロタイプ的な面は否めないが、我々が見落としがちな日本の美点を存分に語ってくれる。本書はまさにラストサムライ的なノリで日本文化、特に弓と禅の精神について語っている。

だが、本書は単に弓や日本文化についての紹介にとどまらない。日本の文化の精神は何に由来するものか、仏教的態度はどういう合目的性をもちうるのか、などなど、哲学者らしい考察がなされている。

併録されている「ヘイゲル君と弓」という跋文も面白い。これは平易に面白い。日本にやってきて日本文化を学ぶ外国人の苦心を描いている。これを読んでから本文を読んでもいい。

オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

弓と禅 改版弓と禅 改版
(1981/11)
オイゲン・ヘリゲル

商品詳細を見る

無我と無私 禅の考え方に学ぶ無我と無私 禅の考え方に学ぶ
(2006/11/23)
オイゲン・ヘリゲル

商品詳細を見る

禅の道 (講談社学術文庫)禅の道 (講談社学術文庫)
(1991/09)
オイゲン ヘリゲル

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  01:01 |  哲学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.04/16(Fri)

王都炎上  アルスラーン戦記 

王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)
(2003/02/21)
田中 芳樹

商品詳細を見る


大河小説の一巻目。王国の軍隊が宗教国家の軍隊に破れて、父王が敵国にとらわれてしまう。

アルスラーンは部下や軍師とともに王国奪還を目指す。本当に始まりの始まり。話は何も見えてこない。

昔のラノベ。王道中の王道ものであるが、じつに読みやすく情景も目に浮かぶ。余はもう三十であるが、ちょうど余くらいの年齢のものにとって、こういう世界観というのはアニメやその他で慣れ親しんでいるせいか妙な安心感がある。今の十代にこの世界観がうけるかどうかは疑問である。


オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)
(2008/10/07)
田中 芳樹

商品詳細を見る

野望円舞曲〈9〉 (徳間デュアル文庫)野望円舞曲〈9〉 (徳間デュアル文庫)
(2010/04/07)
田中 芳樹荻野目 悠樹

商品詳細を見る

蘭陵王蘭陵王
(2009/09/26)
田中 芳樹

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  19:17 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.04/12(Mon)

戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! 

戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)
(1998/09)
賀東 招二

商品詳細を見る


特殊部隊のエリート戦士が、悪の組織に狙われている女子高生を守るため日本の普通の高校に編入するという話。彼は戦闘や武器に関してはスペシャリストであるが、普通の高校生のような生活が送れない。ターミネーター2のシュワちゃんを思い出していただければ想像しやすいと思う。戦闘マシーンのような彼が、次第に女子高生に惹かれていく、バトルアクション&ラブコメディである。

本書の売りはロボットが出てくることにもよる。ロボットものの小説は少ないが、本書はその一つで、またこれが面白い。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

せまるニック・オブ・タイム―フルメタル・パニック! 10(富士見ファンタジア文庫)せまるニック・オブ・タイム―フルメタル・パニック! 10(富士見ファンタジア文庫)
(2008/02/20)
賀東 招二

商品詳細を見る

フルメタル・パニック!Σ11 (角川コミックス ドラゴンJr. 85-11)フルメタル・パニック!Σ11 (角川コミックス ドラゴンJr. 85-11)
(2009/07/09)
上田 宏

商品詳細を見る

フルメタル・パニック! (初回限定生産) [Blu-ray]フルメタル・パニック! (初回限定生産) [Blu-ray]
(2008/06/27)
関智一雪野五月

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  16:03 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.04/02(Fri)

努力論 

努力論 (岩波文庫)努力論 (岩波文庫)
(2001/07)
幸田 露伴

商品詳細を見る


幸福三説が読みたくて借りた。というのも、早稲田の経済の教授が、「これからの日本の経済に必要なものは惜福だ」と言っていたからである。惜福とは露伴の書く幸福三説の最初の「福」だ。

惜福とは文字通り福を惜しむことである。福を惜しむとは、もらった金を使い切らないで貯めておくとか、ついているからといって調子に乗らないとか、そんなことである。

経済の教授は「日本の企業は惜福を知らず、利益利潤を追求したから現在のような不幸な状況になってしまった」と言っていた。

しかし、この後、分福・植福と続くのであるが、露伴は単に道徳的なことを言っているのではなく、人間の感情に由来する応報を考慮して、福をほしいままにしないことが、後々福として帰ってくる、と説いている。

つまり、企業がそこまで計算できるかである。格言でも「明日の百より今日の五十」というように、惜福して倒産していては話にならない。

個人的にはある種の道徳的な話で通用する部分もあるし、歴史的にみて分福(他人に福を分ける)、植福(社会に福を植える)は、ケチよりもその人の徳を高めるのに役立つであろう。それで万事幸福になるかどうかは別の話であるが。

表題の努力論は、人間は努力をするために生まれてきたのだ! というあんまり共感できない話。そのほかにも露伴の評論が多数載っている。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

ムダな努力はないムダな努力はない
(2010/03/24)
鍵山 秀三郎

商品詳細を見る

勝間さん、努力で幸せになれますか勝間さん、努力で幸せになれますか
(2010/01/08)
勝間 和代香山 リカ

商品詳細を見る

人生、報われる生き方―幸田露伴『努力論』を読む人生、報われる生き方―幸田露伴『努力論』を読む
(1997/10)
幸田 露伴

商品詳細を見る

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  22:26 |  エッセー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。