06月≪ 2010年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.07/28(Wed)

世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか 

世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか
(2010/05/28)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


最初のページに2007年比で、2011年までの世界の経済成長率が掲載されている。それによると、世界は11%。アジア工業国も11%。アメリカでさえ3.65%。しかし、日本は-2.65%というマイナス成長なのだ。これはIMFの資料。民主党政権はプラス成長だという資料を出しているが、どちらが本当かは検証してみなくては分からない。本書はIMFの資料をもとに話を進める。

なぜ、世界が回復する中、日本だけが取り残されているのか。本書は、日本の産業構造に問題があると分析する。日本は貿易により儲けようとしている。一昔前は加工貿易といわれるように、資源を日本に輸入して、日本で製品に加工して輸出していた。しかし、その形はすでに崩れ、現在は後進国に最終消費財を供給しようとしている。これからは、中国やインドの消費を当てにするらしい。後進国の最終消費財は低価格である。それ故に、人件費がバカ高い国内での生産は無理で、後進国で生産し売るしかない。国内の経済はさらに落ち込むことになる。

落ち込んだ国内経済をどのように保っているのか。雇用保蔵という統計がある。雇用保蔵とは企業内失業者のことだ。企業にとって必要のない労働力のことである。21年度の経済財政白書によると、雇用保蔵人数は600万人前後である。この半分は雇用調整助成金でまかなわれている。政府の緊急対策補正のほとんどがこれだ。かりに、600万人が失業したとすると、日本の失業率は14%で、欧州と大して変わらない。本書でも述べられているとおり、失業率が高くなることは悪いことではない。産業構造が変化するために必要な過程なのである。現在の過剰雇用は日本の労働市場が需給調整の場として機能していないことを露呈している。アメリカや欧州は失業が産業構造の変化にとって不可欠であると知っているからこそ、それを利用するのである。日本のように税金で失業を隠蔽していては、いつまで経っても産業構造の変化は起こらない。否、産業構造の変化が起こるのは、まさに、この国が崩壊するときなのかも知れない。

日本は製造業から転換しなくてはならない。日本の製造業はソ連末期と似通っている。09年、日本の製造業の経常利益の総額は3兆5538億円。一方、緊急経済政策で産業支援に充てられている額は09年の補正だけでも2兆円(雇用調整助成金1.8兆円)。本来、民間企業は利益の一部を税として国家に納める主体。しかし、現状は全く逆になってしまっている、と本書は喝破する。

中国のGDPの伸び率が真実であるか、本書は疑う。ウォールストリートジャーナル等がGDPデータとの不整合を指摘する。中国のGDPデータでは08年第四四半期、年率86.8%の成長率が実現したことになっているが、建設、自動車販売、税収は減少。GDP成長率はねつ造ではないかと思われる。というのも、中国政府の正統性維持するためには、経済成長は欠かせないからだ。

最後は上記の分析をもとに、日本が産業構造を変化させねば今後生き残れない。中国が世界の工場と化した時点で、日本の今までの産業は終演を迎えるはずだった。小泉竹中改革とは、滅びるべき産業を温存した改革に過ぎない。日本の賃金が下がるのは当たり前である。

では新しい産業とはなにか。ITや介護である。介護は人手不足だ。その理由は賃金が低いから。普通、人手が足りないと賃金が高くなり人が集まる。しかし、介護保険料で人件費をまかなっている介護にはこの法則が適用されない。そこが問題だ。7月に続刊が出る。こうご期待。

7月に出る続刊
日本経済を破滅から救うために、いますべきこと日本経済を破滅から救うために、いますべきこと
(2010/07/29)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

未曾有の経済危機 克服の処方箋―国、企業、個人がなすべきこと未曾有の経済危機 克服の処方箋―国、企業、個人がなすべきこと
(2009/04/17)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る

経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか
(2010/04/09)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
(1993/11)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:22 |  思想 社会科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07/27(Tue)

電子書籍? web書籍? 

“菜々子さん”の戯曲  Nの悲劇と縛られた僕“菜々子さん”の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕
(2010/07/31)
高木 敦史

商品詳細を見る



この本が8月3日まで無料で全文公開されている。
http://www.kadokawa.co.jp/sneaker/nanako-san/

こいつはお得だぜ! と読みにかかったが、角川もナカナカ手強し。

……結局最後まで読めなかった。

余のモニターは23インチだが、それでも字が小さい。
読めないことはないが疲れるorz
また、文章がラノベのくせに硬い……。確信犯だろー

やっぱPCで小説はきつい。
Ipadやキンドルはどうだか知らないが、
モニターで縦書きの小説を腰を据えて読むのは困難です。

この全文公開でどのくらい売り上げが伸びるか…… 見物です!



blogram投票ボタン

↑ というブログコミュニティに登録してみた。人工知能がブログの記事を分析して、2万?のカテゴリーに勝手に分類する。結構おもろそうだよ。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  01:21 |  余の日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07/26(Mon)

シグマ DP1 マニアック・マニュアル 

シグマ DP1 マニアック・マニュアル (インプレスムック DCM MOOK)シグマ DP1 マニアック・マニュアル (インプレスムック DCM MOOK)
(2008/08/22)
横木 安良夫

商品詳細を見る


最近、余は急に写真にこり始めた。こり始めにDP2というカメラを入手。本書で紹介されているDP1とはレンズが違う。その他のプラットフォームは大体同じだ。このカメラ、性能が良いのは分かる。良いのがわかる分、自分の力量の足りなさもわかる。使いこなすために本書も購入。

シグマのDP1というカメラを紹介した本。一眼レフの個別機種をあつかった書籍はたくさんあるが、コンデジだと、このほかにはリコーのGRシリーズがあるくらいか?

DPをもっていない人もある程度楽しめる内容になっている。持っていた方が数倍楽しめる。DPというカメラは特殊なカメラで、コンデジの大きさなのに、デジイチの撮像素子を載せている。つまり、デジイチと同じくらい綺麗に写る。単焦点レンズを使っているので、取り方によってはデジイチよりも美しくとれる。

また、本機は昨今のデジカメとは一線を画するものである。顔認証機能、手ぶれ機能、高性能動画、ズーム機能、オートフラッシュ、そういったものは一切付いていない。ただ、写真を撮るために必要な最小限の機能が付いているだけだ。そんなマニアックな本機をさらにマニアックに扱っているのが本書である。

本書には多くの写真が掲載されている。風景、食べ物、人物、それらの撮り方を作例をもとに説明している。技術面だけでなく、写真に関する哲学や理念が語られているのが本書の特徴だろう。ただのテクニック本ではあまりお目にかかれない。写真に興味を持ち始めた初心者に強力におすすめだ。

レタッチについても軽く触れられている。レタッチも含めて作品であるという考えは同感である。写真を極めようとすれば、撮影の技術だけでなく、レタッチの技術も磨かねばなるまい。終章の、シグマの開発技術者と語る、DP1制作秘話もおすす。

オススメ度: レベル4.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

シグマ DP2 & DP1 マニュアル (日本カメラMOOK)シグマ DP2 & DP1 マニュアル (日本カメラMOOK)
(2009/05/30)
不明

商品詳細を見る

シグマ デジタルカメラ DP1sシグマ デジタルカメラ DP1s
(2009/10/10)
シグマ

商品詳細を見る

シグマ DP2s COMPACT DIGITAL CAMERAシグマ DP2s COMPACT DIGITAL CAMERA
(2010/03/27)
シグマ

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:33 |  実用書  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07/16(Fri)

 

ブレスで上達! ヴォーカルレッスン にしせいこう・編著 アーティストの歌唱技術がわかる「VSN楽譜」付きブレスで上達! ヴォーカルレッスン にしせいこう・編著 アーティストの歌唱技術がわかる「VSN楽譜」付き
(2006/09/06)
にし せいこう

商品詳細を見る


本書の特徴は、実際のヒット曲の歌詞が載っており、そこに、ブレスの位置、ビブラートのかけ方、発音の仕方等が書き込まれていることである。

その他は、発声、音程、特に目新しいことはない。歌や演奏というものは、本を読んで知識を得るだけでは上達しない。修行が必要である。その修行をする際に、なんかしらの指針があった方が良い。本書はその一つかも知れない。また、精神論にも紙面が割かれていて、最終章の安っぽい自己啓発的論文は無用。

オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

地獄のボーカル・トレーニング・フレーズ 燃え尽きるまでシャウトせよ!(CD付き) (リットーミュージック・ムック)地獄のボーカル・トレーニング・フレーズ 燃え尽きるまでシャウトせよ!(CD付き) (リットーミュージック・ムック)
(2008/01/10)
NOV

商品詳細を見る

1週間で3オクターブの声が出せるようになる本 無理な力を入れずに声域を拡げる驚きのボイス・トレーニング(CD付き)1週間で3オクターブの声が出せるようになる本 無理な力を入れずに声域を拡げる驚きのボイス・トレーニング(CD付き)
(2009/02/20)
石川 芳

商品詳細を見る

DVD&CD付 これからはじめる!! ボーカル入門 これだけは知っておきたいすべてが見て・歌えるDVDDVD&CD付 これからはじめる!! ボーカル入門 これだけは知っておきたいすべてが見て・歌えるDVD
(2009/12/22)
古屋 chibi 恵子

商品詳細を見る
【編集】 |  01:25 |  索引 (編集中)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07/09(Fri)

電子書籍の衝撃 

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
(2010/04/15)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


これからのweb、電子書籍、電子出版に関心のある方は必読の書である。
本書は音楽市場、とくにCD市場を、どのようにITデジタルコンテンツが席巻したかを例に、書籍市場にITが入ってきた場合、どう市場を変化させるか、縷々述べられている。

デジタルコンテンツの特徴は、すべてが現在に属していることらしい。音楽を例に取るならば、友人、雑誌等の評判を聞き、ちょっと視聴して購入。検索も容易、過去のコンテンツも膨大に取りそろえている。店舗のように新譜のみ、もしくは名盤と言われているもののみが並んでいるわけではない。

著者は今後のプラットフォームのあり方も議論する。が、これはもうキンドルかipadで決まりなので、あまり意味がないかも。日本のプラットフォームは完全に負けである。ソニーが良い例で、ソニーの電子書籍は失敗の見本みたいなことをやった。また、そこには著作権意識が複雑に絡み合う。

セルフパブリッシングに一章さいて、アメリカのセルフパブリッカーの事例をだし、今後の予測をする。音楽ではすでにセルフパブリッシングはなされている。まつきあゆむの例を出し、音楽と出版の共通項をさぐる。http://matsukiayumu.com/

本書を読んで感じたことは、セルフパブリッシングにしろ、音楽の自己販売にしろ、成功するためには個人にものすごい労力がかかると言うことだ。今までは、書けば出版社が宣伝し経理する。作家は書けば良いだけだった。しかし、セルフパブリッシングの時代、成功しようと思ったら、自ら顧客とのつながりを持ち、自ら宣伝し、値段の設定、校正、クレーム処理まで、すべて自分でやらなければならない。その分、認められたときの喜びは大きいかも知れないし、出版社から妙な制約がかからないとか、利点もあるが、すべてが諸手を挙げて万歳の状況でないことは明白。


オススメ度: レベル4.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?
(2010/05/21)
田代真人

商品詳細を見る

電子書籍の基本からカラクリまでわかる本 (洋泉社MOOK)電子書籍の基本からカラクリまでわかる本 (洋泉社MOOK)
(2010/05/26)
不明

商品詳細を見る

私にはもう出版社はいらない~キンドル・POD・セルフパブリッシングでベストセラーを作る方法~私にはもう出版社はいらない~キンドル・POD・セルフパブリッシングでベストセラーを作る方法~
(2010/06/11)
アロン シェパード佐々木 俊尚

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  16:37 |  実用書  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07/05(Mon)

クラウド時代と 

クラウド時代と<クール革命> (角川oneテーマ21)クラウド時代と<クール革命> (角川oneテーマ21)
(2010/03/10)
角川 歴彦

商品詳細を見る


クラウド時代とクール革命
とりとめが無く何ともつかみ所のない本。今後のネット系が社会にどのような影響をもたらすかを俯瞰したようなもの。
クラウドコンピュータシステム

web2.0
電子書籍
日本のオタク文化
グーグル革命
ソフト面のグローバリゼーション
iphone

こうやって箇条書きにしたほうが、ちまちま説明するよりも本書の内容を反映できると思う。

クラウド化とは、こっちが持ってるのは端末だけで、アプリケーションソフトはネットに存在し、誰もが自由にアクセスでき、使いたいときに使うことが出来る。本書では「所有から利用へ」と表現されている。たとえばe-mailは一昔前はプロバイダーメールが主流だった。今やwebmailの方が遙かに利用率が高いし便利である。まさにクラウドの象徴である。

オススメ度: レベル2.5
FC2 Blog Ranking


《参考・関連図書》

クラウド大全 第2版 サービス詳細から基盤技術までクラウド大全 第2版 サービス詳細から基盤技術まで
(2010/04/22)
日経BP社出版局

商品詳細を見る

クラウド化する世界クラウド化する世界
(2008/10/10)
ニコラス・G・カーNicholas Carr

商品詳細を見る

できるポケット+ クラウドコンピューティング 3時間でわかる次世代ITの実像できるポケット+ クラウドコンピューティング 3時間でわかる次世代ITの実像
(2010/02/15)
小林 祐一郎できるシリーズ編集部

商品詳細を見る

テーマ : 気になる本・雑誌 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  13:51 |  思想 社会科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。