12月≪ 2014年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.01/02(Thu)

王妃の離婚 

王妃の離婚 (集英社文庫)王妃の離婚 (集英社文庫)
(2013/07/25)
佐藤賢一

商品詳細を見る


史実を元にした法廷サスペンスである。実に面白い。また、中世ヨーロッパの王権と教会の駆け引きなど、細かいところもよく描けている。大学の自治もリアリティーがある。ただ、若干時代劇っぽい流れがあるのは否めない。中世ヨーロッパの話しであるのだが、どうも丁髷を連想してしまうような……。まぁ、勧善懲悪ものなので仕方がないのだが。そして、ルイ12世のあまりのバカ殿ぶりもちょっと。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

かの名はポンパドールかの名はポンパドール
(2013/09/11)
佐藤 賢一

商品詳細を見る

黒王妃黒王妃
(2012/12/07)
佐藤 賢一

商品詳細を見る

革命のライオン 小説フランス革命 1 (小説フランス革命) (集英社文庫)革命のライオン 小説フランス革命 1 (小説フランス革命) (集英社文庫)
(2011/09/16)
佐藤 賢一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  08:27 |  小説  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2014.01/01(Wed)

戦争学 


戦争学 (文春新書)戦争学 (文春新書)
(1998/12)
松村 劭

商品詳細を見る


挑発的なタイトルであるが、中身は至ってまとも。戦史が紹介されている。そこから、闘いの原則、ひいては、人類の性質のようなものまで引きだそうとしている。下手な社会学などよりもよほど現実味がある。

この本を読んで一つ気づいたことは、人間は全く合理性ではないということだ。続刊の新・戦争学も買った。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》


「戦争学」概論 (講談社現代新書)「戦争学」概論 (講談社現代新書)
(2005/09/17)
黒野 耐

商品詳細を見る


戦争学原論 (筑摩選書)戦争学原論 (筑摩選書)
(2013/03/13)
石津 朋之

商品詳細を見る


新・戦争学 (文春新書)新・戦争学 (文春新書)
(2000/08)
松村 劭

商品詳細を見る

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  03:34 |  思想 社会科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。