08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.03/30(Fri)

道徳が正式教科に…… 

今日の新聞に書いてあった。道徳が正式な教科科目になるらしい。なんとも腑に落ちない。道徳を奨励している奴らが屑だからだ。

浅利慶太 劇団四季代表・演出家
○ 池田守男 株式会社資生堂相談役
海老名香葉子 エッセイスト
小野元之 独立行政法人日本学術振興会理事長
陰山英男 立命館大学大学教育開発・支援センター教授、
立命館小学校副校長
葛西敬之 東海旅客鉄道株式会社代表取締役会長
門川大作 京都市教育委員会教育長
川勝平太 国際日本文化研究センター教授
小谷実可子 スポーツコメンテーター
小宮山 宏 東京大学総長
品川裕香 教育ジャーナリスト
白石真澄 東洋大学経済学部教授
張 富士夫 トヨタ自動車株式会社会長
中嶋嶺雄 国際教養大学理事長・学長
◎ 野依良治 独立行政法人理化学研究所理事長
義家弘介 横浜市教育委員会教育委員、東北福祉大学特任講師
渡邉美樹 ワタミ株式会社代表取締役社長・CEO、
学校法人郁文館夢学園理事長

 胡散臭い連中が雁首揃えやがって。よく恥ずかしくもなく道徳を口に出来たもんだ。
 さらに、政府与党は事務所費をごまかして、ミネラルウォーターとお茶の違いを力説したりしている。

 だいたい、今の世の中に道徳を語る資格のある人間なんているのか? 余はそれが疑問である。道徳を教える教師は真に道徳的なのか? 例えフェイクだとしても、教えているうちにそれがリアルになるとでもいうのだろうか? そんなことをして意味があるのか?

 この国は間違いなく退化している。大道廃れて仁義有り。大道廃れてというが、大道なるものがあったのかどうか定かではない。人々は暮らしを容易にするために仁義という契約を結んだのだ。道徳とはコンセンサスの一形態であり、人間同士の契約に他ならない。契約概念は西欧の特産ではない。この契約概念があればこそ我々は自由を手にしているのである。現在は人々の幸福感や目標が細分化している。道徳のコンセンサスをどこに落とすか、上記の連中ごときに判断できようはずがない。余計な真似をするな。

 確かに、道徳的な人間は美しいかもしれない。しかし、道徳は宗教だ。捻れや弛みを許さぬ宗教である。道徳に反するものを、一点の迷いなく断罪できる宗教だ。故に、余は「この国は退化している」と言った。どんなに正しそうなことでも100%ということはない。その疑念が成長の契機であり、やっと人類がたどり着いた場所だろ? 道徳や宗教を定めて生きれば、それは確かに楽だろうけど、家畜小屋の豚だ。上記の連中は知ってか知らずか、目に映る社会が、人々が気に入らないから、家畜小屋の豚にしてしまえ、そういう観念で道徳を口にしている。人々に教えることは懐疑だ。懐疑もまた疑え。それもまた疑え。無限サイクルを繰り返すうちに、真理を手にすることが出来るかもしれないぞ。教育のためにまずやるべきことは、教育再生会議が速やかに解散することだ。

 諸賢、奇妙な道徳を正しいものとして教えつけられ、家畜小屋の豚になることなかれ。

テーマ : 道徳教育 - ジャンル : 学校・教育

【編集】 |  23:32 |  余の日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。