03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.07/10(Tue)

ナチ・ドイツと言語 ヒトラー演説から民衆の悪夢まで  

ナチ・ドイツと言語―ヒトラー演説から民衆の悪夢まで ナチ・ドイツと言語―ヒトラー演説から民衆の悪夢まで
宮田 光雄 (2002/07)
岩波書店
この商品の詳細を見る


副題が示すように、まさしく、演説の技巧から、
文字通りの悪夢までを綴った作品。

前半は、ナチがどのようなタームを用いて、
自らの思想を人民に広めたか、方法などが分かって興味深い。
しかし、後半は、ナチズムに対するジョーク批判や、
終章など、夢のお告げでナチ分析とか、
おおよそ学問とはかけ離れたことをやっていて、
読む価値はない。

この本の価値は前半である。

オススメ度: レベル2.5
FC2 Blog Ranking

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  19:28 |  思想 社会科学  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


「過去の事で、今は関係ない」というのも簡単でしょうし、 「ばかげている。歴史を持ち出す場合ではない」というのも分かりますが、やられた側からいうと、それは難しいでしょうね。気持ちは分かります。 ポーランドを納得させて、「政治的配慮」を解消した新たな取り決め
2007/07/12(木) 15:15:14 | 買物ステーションBlog
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。