04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09/03(Mon)

地方自治について 

臨時財政対策債(地方財政情報館様より)なるものがある。H13年から採用されたもの。どういうものかというと、今までは地方自治体は金が足りなくなったら、地方交付税特別会計というところから足りない分を補填されていた。しかし、これからは「足りない分は自分で借りろ」というのである。ただし、借りた分は、「地方交付税に上乗せして後々払ってやる」というもの。

なんだ、どっちにしろ、国が払ってくれるんなら同じじゃん。と一見思う。

しかし、ここからが味噌。地方交付税の算定はブラックボックス。総務省のむね一つで地方自治体はもらえる額が決まる。

例えば前年、臨時財政対策債を3億円借りたとする。今までの地方交付税が15億だから、翌年の地方交付税は3億プラスされて18億だと思いきや、なんと16億だ! なぜだ……2億計算が違うぞ! 

からくりはこうだ。総務省はきっかり3億円払ってくれた。しかし、別の理由で2億削ったのだ。交付税の算定はブラックボックス。どこに文句をつけていいものやら。うかつには借りられぬ臨時財政対策債。

FC2 Blog Ranking

テーマ : 地方自治 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  19:52 |  余の日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。