07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09/05(Wed)

明日はいい日だ 上下 

明日はいい日だ―立志青雲編 (上) 明日はいい日だ―立志青雲編 (上)
前田 和男、小川 たけし 他 (1997/11)
道出版
この商品の詳細を見る


明日はいい日だ

徳田虎雄という人間の伝記である。ノンフィクションコミックと銘打ってある。徳田虎雄の伝記は、この「明日はいい日だ」と「命だけは平等だ」の二つがある。「明日はいい日だ」は虎雄が生まれてから阪大医学部に合格するまでの苦闘を描いたものである。「命だけは平等だ」は阪大での学生運動、駆け出し医師の時代から、巨大グループを築き上げるまで。

徳田虎雄とは特定医療法人徳州会の理事長であり、元衆議院議員。徳州会とは、現在、札幌から沖縄まで63病院を擁し、海外にまで進出している巨大医療法人グループである。世界第3位の規模。

そんな巨大医療グループを一代で築き上げた徳田虎雄の青年期がコミカルに描かれている。舞台は戦中戦後直後の徳之島であるが、どっから見てもアフリカか東南アジアだ。到底日本とは思えない貧しい環境で、徳田虎雄は奮闘努力。勉強に勉強を重ねて見事阪大医学部に合格するという痛快ストーリー。徳田虎雄の努力は必見である。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  23:14 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。