05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09/10(Mon)

生命だけは平等だ―医療一揆編 上下 

生命だけは平等だ―医療一揆編 (上) 生命だけは平等だ―医療一揆編 (上)
前田 和男、花岡 一 他 (1998/01)
道出版
この商品の詳細を見る


明日はいい日だ」の続編。しかし、絵師さんは別の人。

徳田虎雄が阪大に入ってから巨大医療法人を作り上げるまでの軌跡。徳田虎雄と徳州会グループがどういうものかは、前述の明日はいい日だで述べてあるので参照していただきたい。

徳之島時代から、徳田虎雄は一貫して努力の人である。徳田虎雄語録にも収められている「自分の本心と反対のことをやれば人生は上手くいく」どういう意味かというと、大体人間はサボりたいとか楽したいとか思う。だから、そう思う心の逆をやればいいと言うのだ。なかなか実現は難しい。余もそう思ってちょっと頑張ったが、無意識に身体が楽な方に流れている(ネットサーフィンとか……)。

これはノンフィクション漫画と銘打ちながら、なぜか徳田と争う衆議院候補が匿名だ。その他は実名で出てくる。悪役があまりにもわかりやすすぎる。最近のフィクションでも、こんな露骨な悪人はいないだろう。

自己啓発に興味ある方。努力したいと思っている方、人間の頑張りが好きな方は読んで損なし。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  17:49 |  その他  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。