04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12/05(Wed)

スタンダード政治学 

スタンダード政治学 スタンダード政治学
加藤 秀治郎、中村 昭雄 他 (1999/04)
芦書房
この商品の詳細を見る


政治学入門として最適だと思う。総論から各論まで、かなり詳しく、また分かりやすく書かれている。著者も自賛するように、度々原典に帰るのが良い味を出している。政治とは何か? という哲学的な問題から出発して、議会、投票、政党、住民運動、等を論じる。

はっきり言って、余は各論はあまり楽しめなかった。各論は地方自治の問題で嫌というほどやっているし、現在の社会情勢は、従来の政策を変える程度の改革では全くよくならないと思うからだ。つまり、議会とか、住民運動とか、投票行動とかでは、未来は切り開けない。

だからこそ、今一度、「政治とは何か」と問い直す異議がある。著者も政治とは何か、という問いに答を出すのは危険だとしている。オープンエンド的な問題ではあるが、放っておいていい問題ではない。我々は世界を良くしなくてはいけない。なんとなれば、時間は勝手に過ぎていき、時間の経過は社会に変化を強いる。政治とは時間の自然経過的影響を人為的に矯正するものではなかろうか。

権力、統治、権威、支配、これらの言葉の定義を過去の思想家の考えなどから行うと、過去の思想家たちがどのような政治を望んでいたのか分かるように出来ている。民主主義と自由主義の章も面白かった。

友人の家に行ったらたまたまこの書があり、ペラペラめくってたらはまった。家に帰ってアマゾンでさっそく購入。版が多く重ねられており、表紙がいろいろ違うようだ。友人の持っている表紙と違ったので、届いたものを見たときは、ちょっと驚いた。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  16:20 |  思想 社会科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。