03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12/27(Thu)

古いものを否定したものが必ずしも新しいとは限らない 

栄町という町で選挙広報がなくなるらしい。財政的に負担だからのようだ。有権者から、何を判断の基準にしたらいいか分からない、という声が上がっている。ちなみに、夕張市などでは経費削減で選挙公報を作っていない。結構作っていない市町村はある。

どうせ、判断したってろくなのを選べないんだから、なくてもいいんじゃないのか? と思うのは余だけであろうか。もう代表民主制の時代は終わった。世の中の転換とは、発展という形をとらずに、後退という形をとる場合が多い。例えば、源頼朝の鎌倉幕府は、平安貴族たちから見たら後退だ。近代の初めとも言われるフランス革命だって、王や貴族、ナイト、という身分を作ってきた歴史や文化を否定して、みんな庶民にしてしまう。いわば、原始時代に巻き戻った感じがしないでもない。ギリシャの民主制は進んでいたにもかかわらず滅んだのか? 

後退というのも語弊があるかも知れない。循環とでも言おうか。体制の変化は、今までと違うという理由だけで、新しいものに見える。例えば、徳川時代の封建制などは完全な地方自治であり、維新政府は地方自治を廃止し中央集権国家を作った。だが、戦後60年の今日、再び地方分権の流れが生まれている。地方自治が最先端と思っておられる方も多いのではなかろうか。

そう考えるとき、次ぎに来たる時代をある程度予測し得ないであろうか。余はこの日本の次ぎに来る道は、明治維新直後の薩長支配の形のような気がする。どのような経緯で統治形態が変化するかまでは分からぬが、何らかの勢力がこの国の腐った民主主義をぶっ潰して、この国の統治を行うこととなろう。おそらく、御親政にはなるまい。建前としてなっても、実質的にはならん。明治維新というと日本では格好良く響くが、内容はただの軍事クーデターだ。軍事クーデターが起きて、軍部が政権を握ったのが明治維新である。

日本で軍事クーデターが起こるというつもりはないが、現行の選挙と議院内閣制は必ず倒される。それも余の目の黒いうちに。日本はこれから下降線を辿る。これは間違いない。その後、這い上がれるか、滅びるかは、新しい統治体の双肩にかかっていると言える。日本は民主主義の国だって? 民主主義もいずれは古くなる。新しい統治形態は決して新しいものなどではなく、過去に行われしものであるが、意外に新しく見えるものよ。

論語に曰く

子張問う。十世知るべきか。子曰く、殷は夏の礼に因る。損益する所知るべきなり。周は殷の礼に因る。損益する所知るべきなり。其れ或いは周に継がん者は、百世と雖も知るべきなり。

これがちょっくら複雑になっただけではないか。民主制が最高で未来永劫続くと考えているものは莫迦である。

FC2 Blog Ranking

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  00:53 |  余の日記  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


"知ってそうで知らない一般常識をちょいとトレーニングできちゃうサイトです。右に出題される一般常識問題を、下の4つの選択肢のうちからクリック!すぐにトレーニングが始まります!あなたはいくつ答えられるかな?それでは、スタート!!"
2007/12/27(木) 04:36:59 | ちょいとれ.com
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。