03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01/25(Fri)

図説 外見だけで人を見抜く技術 

図説 外見だけで人を見抜く技術 図説 外見だけで人を見抜く技術
渋谷 昌三 (2003/02)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

人間というのは長く付き合っていても、なかなか本質までは見抜けぬもので、最も心の身近である己自信でさえも、究極の所は裏切られたりもする。理想の通りには行かない。こんな自分であることが嫌になる。しかし、そんな深いところを無視して、血液型で相手の性格を当てるように、仕草や好物によって人物の大体の所を予想してしまおうという書。図解で簡単に読めるのも有り難い。

1章から4章まであり、1章は見た目だけで相手の性格を見抜く。例えば、顔の大きな人は自己主張が強い、普段からサングラスをかけている人は警戒心が強い、ネクタイの柄で性格を見抜く、タバコを吸うのは親離れが出来ていない左証、等々。

2章は心理ゲームみたいな感じ。珈琲派か日本茶派かで性格を見抜く、好きな色で見抜く等々。

3章は仕草で見抜く。瞬きをする人間は人間関係が下手、ほおづえは自分を慰めてくれる母親や恋人の腕の代償、爪や指を噛むのは不安の表れ、等々。

4章は心理術を用いて、相手を巧みに操作するすべを論じる。小さな要求の後に大きな要求を突きつけろ、価値観が似たものであることを宣伝せよ、等々。

心理術というものは、占いのように、それなりに当たるものかも知れないが、鵜呑みにはしない方が良いと思う。話半分で会話のネタぐらいにしといた方が無難であろう。あまり真に受けて、「あの人の鼻はあのような形なので性格は必ず何々である」などとやるのは間違いのもとだ。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

【編集】 |  09:31 |  実用書  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。