03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01/28(Mon)

橋本徹弁護士圧勝! 梅田章二弁護士惨敗…… 

大阪府知事選挙が終わった。

橋下 徹
ハシモト トオル  当選 1832857票

熊谷 貞俊
クマガイ サダトシ 999082票

梅田 章二
ウメダ ショウジ 518563票


ダブルスコアで橋本弁護士の圧勝だ。橋本は自民公明推薦。熊谷は民主社民国民新推薦。梅田弁護士は共産党推薦。

「やっぱりな」という思いだ。知名度の前では政策判断は不可能。政党判断も不可能。毎日新聞に、

「熊谷貞利氏(63)=民主、社民、国民新党推薦=の敗北は、都市部の民意をつかみきれない同党の弱点をさらすことになった」

と書かれていたが、どういう意味だろうか? 候補者選びで失敗したという意味か? 反れとも、政策の面で失敗したという意味だろうか? 余は明らかに前者だと思う。すなわち、民主らが熊谷ではなく、橋本を担いでいれば、民主らは勝利したはずである。民主らは橋本という候補を凌駕する候補を得られなかったに過ぎない。思想? 臍で茶を沸かす。民主や橋本に思想などない。この国にもはや思想など存在しない。

橋本は芸能プロダクションであるタイタンを使って選挙を行った。イメージ戦略、スケジュール管理を芸能プロダクションに任せた。慧眼である。政治も芸能産業もとどのつまりは人気取り。これを弊害だとするならば、政治は大衆の目の届かぬところで行わなければならない。日本の政治は今、過渡期である。人気政治が徹底して行われるようになったとき、真の政治は人々の眼前から消え去る。

余は予言する。橋下府政は必ず悪しき政の見本となる

FC2 Blog Ranking

テーマ : 選挙 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  11:23 |  余の日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。