03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.03/25(Tue)

五代ゆう&榊一郎の小説指南 (ホビージャパンMOOK) 

五代ゆう&榊一郎の小説指南 (ホビージャパンMOOK)五代ゆう&榊一郎の小説指南 (ホビージャパンMOOK)
(2007/07/05)
五代 ゆう/榊 一郎

商品詳細を見る


題名は小説指南であるが、詳しくはライトノベル指南である。五代も榊も第一線で活躍するライトノベル作家である。ちなみに、余は彼らの作品を読んだことはない。

余は自分でも小説を書く。ちなみに、余が書く小説は驚くほどつまらない。自分でつまらないぐらいだから、読ませてみた友人もやはりつまらないと言っていた。面白い小説を作りたいので、片っ端から小説作法や小説の作りかたを読んでいる。効果はからきしだ。

むかし、宮台真司が、
「育児をするにあたり、育児マニュアルを読むのはまずい。なぜなら、マニュアル通りに行動する赤ん坊などはいないからだ。マニュアル通りに行動しない我が子を見て、また他のマニュアルを参照する。で、また次のマニュアル、また次、また次。マニュアル地獄におちいって、わけがわからなくなり不安になる。」
といったような意味のことを言っていた。

小説作法も同じことがいえるかも知れない。
面白い小説が書けない → マニュアルを読む → マニュアル通りに書けない → 別のマニュアルを読む → 以下繰り返し

しかし、本書は悪くない。押しつけがましいところがないからだ。逆に、具体性がないともいえる。余はそのくらいがちょうど良いような気もする。とくに、小説を書く心得を垣間見たいと思う諸賢にはお勧めである。

五代と榊とHJ文庫の編集者の鼎談で進む。そのなかで、小説を一つ作ってみようという話になり、実際に五代が与えられた条件を元に作品を書く。全文が収録されていて、その作品の発想から完成までを俯瞰することが可能である。余は五代の作品を読んだことはないが、この小説がまた佳作。小説だけでも読む価値有りである。五代の作品にたいする弁明もついていて、非常に参考になる。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

参考図書
パラケルススの娘 7 (7) (MF文庫 J こ 2-7)パラケルススの娘 7 (7) (MF文庫 J こ 2-7)
(2007/09)
五代 ゆう

商品詳細を見る


神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫 (さ-01-07))神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる2 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫 (さ-01-07))
(2008/01/15)
榊 一郎、大迫 純一 他

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  02:47 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。