08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.06/09(Mon)

秋葉原で通り魔、7人死亡=トラックではね、ナイフで襲う-25歳男逮捕 

akiba.jpg



秋葉で凄い事件があった。トラックでホコテンに突っ込み、次々にサバイバルナイフで居合わせた人びとを襲う。7人死亡、10人怪我。

実は今日、余は前々から秋葉原に行こうと思っていた。なぜなら、6月8日はIKEBEリボレ秋葉原店の1dayバーゲンだからである。携帯のカレンダーにも登録しておいた。もちろん、徹夜する気なんかないから、昼ごろ行ってみようと思ってた。場末のブログだから言うが、IKEBEさんは、イベントの日に行くと、イベント外の商品でも積極的に割引してくれることがあるから。(←必ずじゃないと思うぞ)

だが、どういうわけかかったるくなってやめた。余は決してアキバ系ではないが、秋葉原が好きで時々うろうろしている。テレビで流れた光景は、何度もリアルで見た場所である。そこに自分がいてもおかしくない場所だ。だから、池田小学校事件より、ずっと感慨深いし身近なことに思えた。

世の中は治安が悪くなったと思っている人がたくさんいる。実際にテレビでも「犯罪多発!」などと煽る。

統計的に見ると、凶悪犯罪は減少を続けている。H19年は殺人の認知件数1,199件と戦後最低をたたき出した。日本は露骨なほど安全な国である。

だが、例え殺人がいまの半分の500件ぐらいになったとしろ、ひとたびこういった事件が起これば、人びとの恐怖を駆り立てるのには充分ではなかろうか? その恐怖に押しつぶされて、盗聴法も、監視カメラも、ゲートキーパー法も、警察官増員も、諸手を挙げて賛成するのではなかろうか。どれほど、犯罪率が下がろうとも。

余も今回の事件はショックである。どれほど犯罪件数が減ったという統計を見たところで、「全然日本は安全な国だから大丈夫余裕」などとは言えないし、思わない。

体感治安という言葉があるとおり、統計と感覚は別物である。では、統計で犯罪が減っているのに、「治安が悪くなった」「犯罪に巻き込まれるかも知れない」と感じることは愚かなことなのであろうか? 余は全くそう思わない。

治安が悪くなったと感じる理由の一つに、おそらく、人びとの生活形態が似てきている。というのがあると思う。資料的な裏付けはないが、昔は、泥棒は金持ちの家にしか入らない、ヤクザはヤクザ同士で殺し合い、下町の社会は下町の社会で揉めて、山の手は山の手で騙しあう、みたいな。それが、最近世の中がぐっちゃになって、誰が味方で誰が敵だかわからなくなってきた。通底するもう一つの理由が、無差別殺人が多く報道されていることである。つまり、「自分は関係ない」ではすまされなくなった。理由もクソもなく、いつ被害にあってもおかしくない状況が出来上がっている。というより、人びとが犯罪を自分のこととして捉えるようになったから、と言えるのではないだろうか。確率は低いが、宝くじを買うが如く、次は自分の番かもと、しっかり意識しているのである。

こういう事件があると、より明瞭に自分の番が喚起される。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

アキバblog=事件の様子

テーマ : 秋葉原無差別殺傷事件 - ジャンル : ニュース

【編集】 |  03:14 |  余の日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。