09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.01/08(Thu)

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践 

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践
(2008/07/18)
中原 圭介

商品詳細を見る


アマゾンで何故かかなりの人気。
サブプライム後の、とか銘打ってあるが、とくにこれまでの投資方法と大きく変わるところはない。広々と分散投資をするのはやめましょう。世界はグローバル化なので、全ての金融商品がほとんど同じ値動きをします。だから、世の中の流れに沿って運用しましょう、という内容か。アメリカ型資本主義の崩壊とか、新秩序についての予見とかは皆無なので、その辺を期待して手に取るとガッカリ。

経済の予測の仕方は、かなりはっきりと書かれていて好感が持てる。例えば、米国経済を分析するには、雇用統計とISM製造業景況指数を見るべし。国内経済なら日銀短観と外国人の売買動向を見るべし。政府は「不況に突入しました」とかは、なかなか口にしない。しかし、これらの統計を見ておけば、不況に突入していることを、政府発表よりも早く知ることが可能だ。

氏は歴史学者らしく投資方針は経済の流れを掴むというやり方である。故に、国内株式でも、個別銘柄選択は避け、日経平均やTOPIXに連動するETFの購入を勧めている。

これが上梓されたのは2008年7月である。世界同時株安以前だ。余は2008年の10月が、世界の金融秩序が変質した時だと考えている。著者はまだ、100年に一度のこの不況を知らないで執筆していた。ガッカリと上記にあるが、仕方がない。著者には是非、世界同時不況後の新資産運用を記してもらい。


オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編
(2008/07/26)
橘 玲海外投資を楽しむ会

商品詳細を見る

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
(2006/05/18)
中原 圭介

商品詳細を見る

ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ
(2008/09/02)
ジョージ・ソロス松藤 民輔 (解説)

商品詳細を見る

100年に一度の金融危機から資産を守る方法~「レバレッジ」経済を生んだ金融商品を設計した元外資系金融マンが書いた!世界経済新時代の資産運用~100年に一度の金融危機から資産を守る方法~「レバレッジ」経済を生んだ金融商品を設計した元外資系金融マンが書いた!世界経済新時代の資産運用~
(2008/12/04)
諸岡 実麿

商品詳細を見る

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

【編集】 |  21:33 |  実用書  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


サブプライム後の新世界経済~10年先を読む「経済予測力」の磨き方~ 「最も当たる!」と言われるカリスマFP、 「最も経済予測が当たるエコノミスト」と書かれている 中原 圭介氏。 ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)だそうです。 中原 圭介氏の著書はア?...
2009/03/17(火) 02:00:27 | ビジネス書書評ブログ「読書で自己投資」
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。