07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.04/15(Wed)

とある飛空士への追憶 

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
(2008/02/20)
犬村 小六

商品詳細を見る


題名と中身が一致していない。追憶は最後の数頁である。追憶がメインの話だと思って読むと拍子抜けする。飛行士の話である。

被差別人種の主人公が次期皇太子妃を飛行機の後部座席に乗せて、敵の制空域を突破するというもの。簡単にいうと、脱出劇なのだが、その脱出に飛行機と空戦をからめた。

次期皇太子妃は最初はしおらしくしているのだが、次第にうち解けて馴れ馴れしくなっていく。こういう展開は良くあるが、悪くない。文章も良い。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)
(2009/02/19)
犬村 小六

商品詳細を見る

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る

レヴィアタンの恋人 (ガガガ文庫)レヴィアタンの恋人 (ガガガ文庫)
(2007/06/19)
犬村 小六

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  00:34 |  ライトノベル  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。