09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.04/02(Fri)

努力論 

努力論 (岩波文庫)努力論 (岩波文庫)
(2001/07)
幸田 露伴

商品詳細を見る


幸福三説が読みたくて借りた。というのも、早稲田の経済の教授が、「これからの日本の経済に必要なものは惜福だ」と言っていたからである。惜福とは露伴の書く幸福三説の最初の「福」だ。

惜福とは文字通り福を惜しむことである。福を惜しむとは、もらった金を使い切らないで貯めておくとか、ついているからといって調子に乗らないとか、そんなことである。

経済の教授は「日本の企業は惜福を知らず、利益利潤を追求したから現在のような不幸な状況になってしまった」と言っていた。

しかし、この後、分福・植福と続くのであるが、露伴は単に道徳的なことを言っているのではなく、人間の感情に由来する応報を考慮して、福をほしいままにしないことが、後々福として帰ってくる、と説いている。

つまり、企業がそこまで計算できるかである。格言でも「明日の百より今日の五十」というように、惜福して倒産していては話にならない。

個人的にはある種の道徳的な話で通用する部分もあるし、歴史的にみて分福(他人に福を分ける)、植福(社会に福を植える)は、ケチよりもその人の徳を高めるのに役立つであろう。それで万事幸福になるかどうかは別の話であるが。

表題の努力論は、人間は努力をするために生まれてきたのだ! というあんまり共感できない話。そのほかにも露伴の評論が多数載っている。

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

ムダな努力はないムダな努力はない
(2010/03/24)
鍵山 秀三郎

商品詳細を見る

勝間さん、努力で幸せになれますか勝間さん、努力で幸せになれますか
(2010/01/08)
勝間 和代香山 リカ

商品詳細を見る

人生、報われる生き方―幸田露伴『努力論』を読む人生、報われる生き方―幸田露伴『努力論』を読む
(1997/10)
幸田 露伴

商品詳細を見る

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  22:26 |  エッセー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。