08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.07/26(Mon)

シグマ DP1 マニアック・マニュアル 

シグマ DP1 マニアック・マニュアル (インプレスムック DCM MOOK)シグマ DP1 マニアック・マニュアル (インプレスムック DCM MOOK)
(2008/08/22)
横木 安良夫

商品詳細を見る


最近、余は急に写真にこり始めた。こり始めにDP2というカメラを入手。本書で紹介されているDP1とはレンズが違う。その他のプラットフォームは大体同じだ。このカメラ、性能が良いのは分かる。良いのがわかる分、自分の力量の足りなさもわかる。使いこなすために本書も購入。

シグマのDP1というカメラを紹介した本。一眼レフの個別機種をあつかった書籍はたくさんあるが、コンデジだと、このほかにはリコーのGRシリーズがあるくらいか?

DPをもっていない人もある程度楽しめる内容になっている。持っていた方が数倍楽しめる。DPというカメラは特殊なカメラで、コンデジの大きさなのに、デジイチの撮像素子を載せている。つまり、デジイチと同じくらい綺麗に写る。単焦点レンズを使っているので、取り方によってはデジイチよりも美しくとれる。

また、本機は昨今のデジカメとは一線を画するものである。顔認証機能、手ぶれ機能、高性能動画、ズーム機能、オートフラッシュ、そういったものは一切付いていない。ただ、写真を撮るために必要な最小限の機能が付いているだけだ。そんなマニアックな本機をさらにマニアックに扱っているのが本書である。

本書には多くの写真が掲載されている。風景、食べ物、人物、それらの撮り方を作例をもとに説明している。技術面だけでなく、写真に関する哲学や理念が語られているのが本書の特徴だろう。ただのテクニック本ではあまりお目にかかれない。写真に興味を持ち始めた初心者に強力におすすめだ。

レタッチについても軽く触れられている。レタッチも含めて作品であるという考えは同感である。写真を極めようとすれば、撮影の技術だけでなく、レタッチの技術も磨かねばなるまい。終章の、シグマの開発技術者と語る、DP1制作秘話もおすす。

オススメ度: レベル4.5
FC2 Blog Ranking

《参考・関連図書》

シグマ DP2 & DP1 マニュアル (日本カメラMOOK)シグマ DP2 & DP1 マニュアル (日本カメラMOOK)
(2009/05/30)
不明

商品詳細を見る

シグマ デジタルカメラ DP1sシグマ デジタルカメラ DP1s
(2009/10/10)
シグマ

商品詳細を見る

シグマ DP2s COMPACT DIGITAL CAMERAシグマ DP2s COMPACT DIGITAL CAMERA
(2010/03/27)
シグマ

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:33 |  実用書  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。