07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.05/24(Tue)

声を出して覚える般若心経 

声を出して覚える般若心経声を出して覚える般若心経
(2002/08)
大栗 道栄

商品詳細を見る


般若心経の本。この本は悪い本ではないが、これしか読まないのはいただけない。なぜなら、この本は心経の一面しか記述していないからである。他の本やネットなども参照すべきである。

般若心経は呪いでも、いわゆる神頼み的な物でも、スピリチュアル的な物でもない。形而上学的な哲学である。処世学と片付けては全くつまらないものになる。簡単に言うと、仏教は世俗諦と勝義諦の二つの真理がある。心経は勝義諦を説いた物と考えられる。つまり、それは生活上の知恵を超えた、「世界」の真理の喝破を試みた物である。

しかしながら、本書はどちらかというと世俗諦を説く。そのために心経の教えと反する解釈も見受けられる。ビジネス文庫に見られる、あらゆる物を企業とサラリーマンにたとえることも、折角のお経の雰囲気をぶちこわしていると言わざるを得ない。それでも、読まないよりはいい。悪書と言うわけではない。逐語訳などは至らぬところが多々ある。阿耨多羅三藐三菩提などは梵語であるが、そのことには触れていない。故に、最初に述べたように、本書片手に、ネットや他書を併読することを勧める。


オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615))現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615))
(2006/09)
玄侑 宗久

商品詳細を見る

般若心経・金剛般若経 (岩波文庫)般若心経・金剛般若経 (岩波文庫)
(1960/07/25)
不明

商品詳細を見る

般若心経のすべて [DVD]般若心経のすべて [DVD]
(2009/02/27)


商品詳細を見る

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  08:25 |  哲学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。