05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.05/25(Wed)

日本を破滅から救うための経済学 

日本を破滅から救うための経済学日本を破滅から救うための経済学
(2010/07/29)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る


前著の、世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのかが総論的な論説であったのにたいし、本書は各論的な物。まず、第一章二章で、昨今問題にされているデフレについて述べる。しかし、昨今言われているデフレは本質的な問題ではない。では、本質的な問題とは何か、というのは前書の話。本書の三章以降では本質的問題の具体例を挙げて対処方法を論じる。

前書が革命的に面白かったのに対し、本書がそうでもない理由は、処方箋が月並みだからである。政治学を囓ったことがある人間なら知っているようなことばかりだ。例えば、教育の問題。税の問題。年金の問題。個別事例ならもっと詳しく問題点を論じているものは多い。だから、本書は前書と併せて読まなければいけない。前書を読めば、いわゆる個別の問題がいかなる理由でもって問題なのであるのかが、もう一段高い次元から嚥下できるはずである。

また、本書の例題があくまで例であることがわかる。前書の理由故に、こういう具体例があるということがわかる。例えば、四章の年金の問題。年金は全額税方式が模索されているが、それは誤りであるという。本来、公共はその公共サービスから排除することが出来ないサービスをもって公共サービスとすべきであるという筋論。例えば、個人が防衛費を支出することがイヤでも、防衛によって便益を受ける個人を特定できない。逆に言うと、社会全体が便益を受ける物を公共という。しかし、年金はまさに、便益を受ける個人を特定することが容易である。つまり、民営化すべきものなのである。ここが、産業改革と国家の財政を論じる上での要と言えなくもない。ほかの例も出せば、エコポイント、エコカー減税、これらは公共であるか、だ。まぁ、本書だけ読むという愚は犯さずに、前書を読んで欲しい。

世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか世界経済が回復するなか、なぜ日本だけが取り残されるのか
(2010/05/28)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る
本ブログでの書評はこちら

オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

大震災後の日本経済ーー100年に1度のターニングポイント大震災後の日本経済ーー100年に1度のターニングポイント
(2011/05/13)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る

日本人が知らない日本経済の大問題日本人が知らない日本経済の大問題
(2010/12/16)
野口 悠紀雄、幸田 真音 他

商品詳細を見る

実力大競争時代の「超」勉強法実力大競争時代の「超」勉強法
(2011/04/07)
野口悠紀雄

商品詳細を見る

テーマ : 気になる本・雑誌 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  22:07 |  思想 社会科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。