10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.06/27(Mon)

貝と羊の中国人 

貝と羊の中国人 (新潮新書)貝と羊の中国人 (新潮新書)
(2006/06/16)
加藤 徹

商品詳細を見る


余は中国が好きである。本書は中国の歴史から、中国人のものの考え方を論じた書である。十八史略や四書五経などの予備知識があると余計に楽しめる。なくてもそれなりに面白いだろう。

貝と羊とは、それぞれ中国文明を形成した民族的な象徴である。中国は殷と周が合わさったものだ、というのが本書の基本。東に住んでいた殷人は農耕民族である。農耕民族は地面から植物、虫など、生命が次々沸いてくることから、地域密着型の多神教になりやすい。日本人もしかりである。一方、大草原や砂漠を移動しながら暮らす遊牧民族は、空から大きな力が降ってくる、と感じ一神教になる。周人は唯一普遍の神である「天」を信じた。

殷人の暮らす東方の地は肥沃で豊であり、殷人は目に見える財貨を好んだ。金属貨幣がなかった当時は、子安貝が貨幣として使われていた。有形の物財、宝(寶)・貢・貨・買・資・贅、などに貝が含まれるのは殷人の気質を表す。

周人の祖先は北西の遊牧民族である。遊牧民族は羊と縁が深い。衣類から生贄まで羊である。貨幣や物財の少ない彼らは無形の善行を好む。それが天に通ずるものであると信じる。羊文化の彼らの価値観は、美・善・義・羨、などである。

この羊の文化をリファインしたのが殷人の孔子である、というところが、中国文化のキモなのかも知れない。二つの気質が中国人の中に同居している。しかし、これは我々日本人も同様である。農耕民である日本人は江戸時代の儒教の感化で羊の文化に洗脳された。中国人と日本人は似ている、というのも、本書の重要な論点である。

このほかにも、中国人が考える功と徳の違い、士大夫層の役割、孔子や孟子の言う聖人は政治家であり、西洋文化であるキリスト教とは考えを異にする、中国人の人権意識の低さは神話の時代にさかのぼる、などなど、雑学としても楽しめることが満載である。


オススメ度: レベル4.5
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

漢文力 (中公文庫)漢文力 (中公文庫)
(2007/08)
加藤 徹

商品詳細を見る

本当は危ない『論語』 (NHK出版新書)本当は危ない『論語』 (NHK出版新書)
(2011/02/08)
加藤 徹

商品詳細を見る

怪の漢文力―中国古典の想像力 (中公文庫)怪の漢文力―中国古典の想像力 (中公文庫)
(2010/10/23)
加藤 徹

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  13:26 |  思想 社会科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。