09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.09/25(Sun)

本当は怖いだけじゃない放射線の話 

本当は怖いだけじゃない放射線の話 (WAC BUNKO)本当は怖いだけじゃない放射線の話 (WAC BUNKO)
(2002/06/11)
大朏 博善

商品詳細を見る


本書は、放射能全般について書かれている。とくに、放射線が人体にどのように有益に働くかなどに、紙面が大きく割かれている。著者は放射線を塩に例える。塩は人体に有益だが、一度に多量に摂取すれば死ぬ。放射線もそれと同じで、少量の放射線が生命活動に有益であることは動物実験でも証明されている。

放射能の歴史についても詳しく書かれている。そして、原発にも触れ、「原子炉の炉心が損傷するような重大事故が起きるのは百万年に一回程度の確率と評価されている。こうした結果から見た場合、実際には、原子力発電所のリスクは非常に小さいといえるのである」と言う。

もちろん、本書は福島原発が起きる以前に記された物である。原子力発電所のリスクが非常に小さい、などと今となっては戯れ言であるが、あの事故が起きる前は、余を含め、多くの人々が原発や放射能についてほとんど注意を払っていなかったのではあるまいか。事故以前の原子力問題を我々がどのように考えていたか、思い返すことができる意味で良書。


オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

子どもを放射能汚染から守りぬく方法子どもを放射能汚染から守りぬく方法
(2011/06/24)
武田 邦彦

商品詳細を見る

自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)
(2011/09/16)
ウラジーミル・バベンコ、ベラルーシ・ベルラド放射能安全研究所 他

商品詳細を見る

武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる (SUKUPARA SELECTION)武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる (SUKUPARA SELECTION)
(2011/08/11)
武田 邦彦

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  09:08 |  実用書  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。