09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.10/22(Sat)

ザ ステーショナリー―銀座・伊東屋100年物語 

ザ ステーショナリー―銀座・伊東屋100年物語ザ ステーショナリー―銀座・伊東屋100年物語
(2004/11)
不明

商品詳細を見る


銀座に店を構える伊東屋の100周年記念出版本である。伊東屋とは文房具屋である。タダの文房具屋ではない。地上9階、地下3階の文房具屋である。余は一度、万年筆を買いに行ったことがある。気合いを入れて行ったものの、フロア狭しとひしめく無数の万年筆の前に、選びきることができず、結局帰り道に小さい文房具屋に寄って適当なのを選んだ。

伊東屋に行ったことがある人も楽しめるが、ない人も楽しめる。文房具の入門的テキストである。万年筆、画材、和紙、手帖、事務用品、などの項目に分かれている。余は万年筆の項が読みたくて手にした。他のページも読むに値する。薄いしカラーなので眺めるだけで面白い。

最近言われるクラウド化とかPCやIモバイルの発達で古き時代の文房具はその性格を以前とは異にしている。毛筆が実用品でなくなったように、ある意味文房具は実用品ではない。しかし、実用品ではないから不要かと言えば決してそんなことはない。例えば弓道や剣道が戦争での実用を失って、より確信的にその存在理由を表したように、文具も実用という一面を離れることにより、人は文具のもう一つの側面、精神的価値を見出すに違いなかろう。我々は文房具をより純粋な形で楽しむ、ラッキーな時代に生まれたと言えないこともない。


オススメ度: レベル3.5
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

趣味の文具箱 20 (エイムック 2232)趣味の文具箱 20 (エイムック 2232)
(2011/08/06)
不明

商品詳細を見る

文具の流儀: ロングセラーとなりえた哲学文具の流儀: ロングセラーとなりえた哲学
(2011/08/20)
土橋 正

商品詳細を見る

大人かわいい女子文具 2011年 11月号 [雑誌]大人かわいい女子文具 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/09/30)
不明

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  16:01 |  その他  | TB(3)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


管理人の承認後に表示されます
2011/10/24(月) 21:07:54 | 
管理人の承認後に表示されます
2011/12/16(金) 06:18:24 | 
管理人の承認後に表示されます
2012/06/10(日) 13:43:50 | 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。