09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.12/22(Thu)

宮崎アニメの暗号 

宮崎アニメの暗号 (新潮新書)宮崎アニメの暗号 (新潮新書)
(2004/08)
青井 汎

商品詳細を見る


宮崎駿のアニメの背後にある思想を分析したもの。かなり特異な視点から分析しているので、単に宮崎アニメが好きだという人にはお勧めできない。本書は千と千尋の神隠しまでを扱う。ポニョの暗号には触れられていないが、これを読めばポニョもアリエティもわかる。むしろ、ポニョやアリエティの方が暗号を露骨に伝えようとしている点があり、もはや暗号ですらないような気がする。

では、どういった暗号かというと、自然と人間との関係を五行思想や古代ヨーロッパの伝説などを換骨奪胎してアニメを作っているという話しである。単にエンターテイメントとするのではなく、我々が生きるという意味に於いて、どのように生き、どのように「生」と向き合うべきか、人間以外の現象、自然や宇宙とどのように関わるべきなのか、それをアニメに盛り込んでいる。そのための思想であり、伝説を用いる。だからこそ、宮崎アニメは単なる荒唐無稽なファンタジーではなく真情が生まれる、という具合なのだ。

まぁ、よく調べたなと感心するが、余には大して面白い本ではなかった。思想が知りたければ思想書を読めばいいのである。これは、写真の良さを無理矢理テキストにして解説したようなものだ。映画もしかり。これを読んで映画を見誤ってはいけない。


オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

スタジオジブリ 12作品DVDコレクション6枚組 (千と千尋、トトロ、もののけ姫、魔女の宅急便、ナウシカ、ラピュタ、ハウル)等スタジオジブリ 12作品DVDコレクション6枚組 (千と千尋、トトロ、もののけ姫、魔女の宅急便、ナウシカ、ラピュタ、ハウル)等
()
不明

商品詳細を見る

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
(2011/10/21)
宮崎 駿

商品詳細を見る

折り返し点―1997~2008折り返し点―1997~2008
(2008/07/16)
宮崎 駿

商品詳細を見る

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  08:24 |  思想 人文科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。