03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.12/29(Thu)

コンタクトは夜つけて寝なさい―ナイトコンタクトと視力回復法 

コンタクトは夜つけて寝なさい―ナイトコンタクトと視力回復法コンタクトは夜つけて寝なさい―ナイトコンタクトと視力回復法
(2010/10)
本部 千博

商品詳細を見る


マジカルアイを買おうと思って本屋に行ったら、同じ棚に並んでいた。この題名、目を引くではないか。ちょっと立ち読みして面白そうだから買ってしまった。

本書の立場は余が常々思っていることと同じく、医者懐疑論の立場なのである。医者懐疑論、医療懐疑論とは、医者は患者を治すことはしない、ということだ。例えば、歯医者などはわかりやすい。決して完治はさせないのである。なぜなら、完治させることは顧客を失うことになるからだ。また、虫歯でなくても「放っておくと虫歯になるから治療しましょう」とか言って、健康な歯でも治療する。そりゃ、何十年も放っておけば虫歯になるから嘘はついていない、というロジックである。全部が全部こういう医者であるとは言わぬが。

本書はこれの目医者版である。目医者は近眼を直すことをしない。近視は本当は病気であり、治療により治るのである。しかし、メガネの斡旋などをして視力を更に落とすことをさせるのが現代の目医者であるという。

本書は、近視は治るという立場を取る。そのための方法が本書では述べられている。本書に限らず、目病の書架には、近視をレーシックとかを使わずに直す方法がたくさんあった。余はかなりの近眼であるから、本書をつかって治してみようと思い購入した。

では、タイトルの夜コンタクトをするとはどういうことか。ナイトコンタクトという治療法がアメリカなどでは流行っているらしい。特殊なレンズで角膜の厚さを変える治療法なのだ。自分の目にあったレンズを特注して、寝るときに嵌めて寝るだけ。これを一定の期間繰り返すと、視力が回復するのだという。レーシックなどより遙かにおすすめの方法らしい。


オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)
(2003/04)
松崎 五三男

商品詳細を見る

視力低下は「脳の疲れ」が原因だった!―アメリカ視力眼科界の最新成果 1日10分、パソコン・ゲーム時代の新・視力回復法 (SEISHUN SUPER BOOKS)視力低下は「脳の疲れ」が原因だった!―アメリカ視力眼科界の最新成果 1日10分、パソコン・ゲーム時代の新・視力回復法 (SEISHUN SUPER BOOKS)
(2005/01)
中川 和宏

商品詳細を見る

これはカンタン!これはイケる!ウインク視力回復法これはカンタン!これはイケる!ウインク視力回復法
(2009/02)
神絵 康弘

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  09:25 |  実用書  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


管理人の承認後に表示されます
2012/02/01(水) 08:40:15 | 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。