05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.03/08(Thu)

詩の世界 

詩の世界 (ポプラ・ノンフィクションBOOKS)詩の世界 (ポプラ・ノンフィクションBOOKS)
(1996/04)
高田 敏子

商品詳細を見る


中学生向けに書かれたようであるが、大人が読んでも間違いなく楽しい。本書は1972年に上梓された。余が手に入れたのが1992年の第30刷。いまでもソフトカバーとなって普通に売っている。全国学校図書館協議会選定図書である。

詩とはなにか。一度でも詩を書こうと思ったひとは考えるはずである。しかし、なにが詩であるか、詩をどのように味わえばいいか、そもそも、詩をどう感動すればいいのかすら、なかなか分からないのではなかろうか。余もこの年まで、幾編も詩を読み、詩を書いてきたがつゆぞ感動したことはなかった。余は詩の感動を知るには、その時がこなければダメだと思っている。どんなに優秀な教師でも詩の感動を教えることは出来ない。愛と同じである。言葉で愛は教えられない。感じるしかない。こればかりは出会いしかない。

著者はこう書く。「詩は、さびしいときにできると、よくいわれますが、さびしいという感情が、人の心を謙虚にするからでしょう。そのときはじめて、風のことばが聞こえたり、冬の樹が寒さにたえる姿を見せて、励ましてくれるでしょう」

また、比喩の項では幼稚園児の文集の「ボクの足がサイダーを飲んじゃった」という例を引き、「しびれる」ということばを知らないがためにこういう表現が生まれた。ことばに頼りすぎると、表現としてはつまらなくなる例をあげる。

詩と文章の違いを、最初普通の文章を記し、それを徐々に詩的装飾を加えていくことにより詩にするという試みも行われている。

本書は詩人の目というものを教えてくれる。同じ一つの物体でも、様々な角度から見ることにより、哲学的思考を加える。詩は芸術である。実用的行動は芸術ではない。芸術とは感情の表現であり、そのためには実用を超えた、すなわち、哲学的思考が必要不可欠なのだ。

本書が中学生向けとされ、大人が手に取らないようなことがあれば、それは大いなる文化的損失である。


オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

詩とはなにか―世界を凍らせる言葉 (詩の森文庫)詩とはなにか―世界を凍らせる言葉 (詩の森文庫)
(2006/03)
吉本 隆明

商品詳細を見る

世界の名詩を読みかえす世界の名詩を読みかえす
(2002/12)
葉 祥明、東 逸子 他

商品詳細を見る

詩とは何か―詩論の歴史詩とは何か―詩論の歴史
(2003/07)
星野 徹

商品詳細を見る

テーマ : 買うべき本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  08:33 |   | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。