05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.03/29(Thu)

関東大震災 

関東大震災 (文春文庫)関東大震災 (文春文庫)
(2004/08)
吉村 昭

商品詳細を見る


関東大震災を様々な角度から検証して、全貌を浮かび上がらせようとしたもの。試みは実に良く成功している。

まず、震災の発生までの世情を論じる。2人の対照的な地震学者である大森教授と今村助教授をまるで小説の登場人物のように動かし、この2人がどのように地震について考え、帝都の民がどのように震災を思ったかを描く。震災は突然襲ったのではない。帝都の民はある程度予想し、怖れていたのである。

次に実際の震災による被害状況を資料を用いて克明に記す。さらに、被服廠跡や、浅草吉原公園など大規模な被害を出した場所を取り上げ、当時の証言を元にどのようにして悲劇が起こったのかを検証している。また、大火災を防いだ例も検証している。

震災後、人々はどのように振る舞ったか、世情はいかような影響を受けたかなども、章をさいて言及している。中でも、朝鮮人虐殺と大杉栄の殺害の項は実に良く書けている。まるで、その当時にいるような錯覚に陥る。

本書がドキュメンタリー、記録として優れていることは言うまでもないが、エンターテイメントとしても秀逸である。建物の中でこの書を読んでいたら、怖くなり建物を出てしまった。また、地下鉄に乗るのも怖くなる。この前は遠回りを承知で地上の電車に載ってしまった。首都に地震は必ず来る。この書を読んで心構えをつけておくことを勧める。


オススメ度: レベル5
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

「3.11キヲクのキロク」市民が撮った3.11大震災 記憶の記録「3.11キヲクのキロク」市民が撮った3.11大震災 記憶の記録
(2012/03/03)
NPO法人20世紀アーカイブ仙台

商品詳細を見る

平成関東大震災 いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった (講談社文庫)平成関東大震災 いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった (講談社文庫)
(2010/09/15)
福井 晴敏

商品詳細を見る

3・11大震災 記者たちの眼差し [DVDブック]3・11大震災 記者たちの眼差し [DVDブック]
(2012/03/11)
JNN

商品詳細を見る

テーマ : 買うべき本 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  11:36 |  歴史 伝記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。