07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.04/28(Sat)

不滅の法―宇宙時代への目覚め 

不滅の法―宇宙時代への目覚め (OR books)不滅の法―宇宙時代への目覚め (OR books)
(2011/12/13)
大川 隆法

商品詳細を見る


余はまったく幸福の科学の信徒ではないので、本書に書いてあることに激しく首をかしげてしまった。本書はとある熱心な信者にいただいたものである。前から、幸福の科学に興味があったので読んでみたのだが、さして衝撃を受けることはなかった。否、意外なほど吹っ切れているのだなと思った。youtubeなどでも、大川隆法の憑依の映像が多数あるが、信者にあらぬ人がみれば、やはりあれは謎なのである。

例えば、本書でも「3.11で熱心な信者の家の周りは津波がよけていった。死んだのは不熱心な信者だった」などと書かれている。だったら、あの1万6千人はすべて救うに能わざる人間だったかといえば、そんなことはない。もっと不道徳な人間もいるはずである。普通の人が「3.11で死んだのは信心が足りぬからだ」などと言ったら大きな批判にあうだろう。

しかし、大川はここからが違う。水は超能力で操れるという。つまり、信心がしっかりしていれば操れるという。その例として、モーゼが紅海を割ったこと、キリストが荒れる波を沈めたこと、ブッタが水の上を歩いたことなどをあげる。そして、ブッタもキリストもモーゼも、指導したのは自分だという。過去世でエル・カンターレという名前で活動していた自分だという。

その他にも惑星ベガの話がよく出てくる。例えば、キリストを治療して復活させたのはベガ星人のUFOだとか。

余は全然信心がないので、これらの話をまったく信じられないのであるが、信徒の方々はこれをどう思っているのであろうか? 聞いてみたいが迂闊に「不滅の法読んだんだけどあそこに書いてある……」などと聞いたが最後、施設とかに誘われそうで聞くに聞けない……。

ぶっ飛んだ話を除けば、その他は普通の道徳的な話だ。良いことを言っている。ちゃんと良いことを言っているのだから、わざわざ一般人から疑念に思われるような、宇宙人だとか、生まれ変わったとかをいわない方が信者が増えるとおもうのだが、それは余のような信心の足りぬ浅はかものの考えなのだろうか。


オススメ度: レベル2
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

日本武尊の国防原論日本武尊の国防原論
(2012/04/10)
大川 隆法

商品詳細を見る

韓国 李明博大統領のスピリチュアル・メッセージ (幸福実現党シリーズ)韓国 李明博大統領のスピリチュアル・メッセージ (幸福実現党シリーズ)
(2012/04/10)
大川 隆法

商品詳細を見る

台湾と沖縄に未来はあるか? (幸福実現党シリーズ)台湾と沖縄に未来はあるか? (幸福実現党シリーズ)
(2012/04/10)
大川 隆法

商品詳細を見る

【編集】 |  06:38 |  思想 人文科学  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。