07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.02/06(Wed)

愛される音楽ホールのつくりかた 沖縄シュガーホールとコミュニティ 

愛される音楽ホールのつくりかた 沖縄シュガーホールとコミュニティ (文化とまちづくり叢書)愛される音楽ホールのつくりかた 沖縄シュガーホールとコミュニティ (文化とまちづくり叢書)
(2012/07/23)
中村透

商品詳細を見る


本書は沖縄県佐敷町に作られたシュガーホールという公共施設の芸術監督が著したもの。公共団体のホールは大体運営がうまくいかない。シュガーホールも著者本人はうまくいっているように書いているが、それが正解かどうかはわからない。すくなくとも、黒字にはならないし、黒字にしてはいけないのが地方公共団体のホールというものである。

著者は芸術監督でもあり作曲家、音楽家でもある。その視点から、近年の音楽が演奏家から聴衆へ一方的に流れていくものになってしまったと嘆く。本来音楽とは誰もが主体的にかかわるもののはずだという。

ホールもそのようになってしまった。地方公共団体のホールは有名な演奏家や講演者をよんで、市民は受動的にならざるを得ない。確かに500席以上のホールを市民が市民のために運用するのは難しい。

著者はこの難しい課題に取り組む。市民が作り出すミュージカルをホールで運営するのだ。ミュージカルは台本から振り付けまで市民が行う。練習の過程はまさに祭の準備である。祭は準備こそが重要であると言うことだ。それを、市民に公開して市民で楽しむという取り組みだ。その一部始終が記されている。また、佐敷町の歴史や、沖縄文化、沖縄の社会分析などにもページが割かれている。


オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》

クラシック音楽マネジメント ~音楽の感動を届ける仕事~クラシック音楽マネジメント ~音楽の感動を届ける仕事~
(2010/12/23)
取材・構成 木杳舎

商品詳細を見る

鉄のサムライ 音楽ホールをつくる 鉄鋼マンが挑んだ、音楽の殿堂・紀尾井ホール設立2000日の苦闘鉄のサムライ 音楽ホールをつくる 鉄鋼マンが挑んだ、音楽の殿堂・紀尾井ホール設立2000日の苦闘
(2008/11/09)
林 隆男

商品詳細を見る

びわ湖ホール オペラをつくる―創造し発信する劇場 (シリーズ「アーツマネジメント」)びわ湖ホール オペラをつくる―創造し発信する劇場 (シリーズ「アーツマネジメント」)
(2007/03)
上原 恵美、牧野 優 他

商品詳細を見る

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  05:08 |  実用書  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。