08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.11/24(Sun)

スタンフォードの自分を変える教室 


スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室
(2012/10/20)
ケリー・マクゴニガル

商品詳細を見る


心理学の研究を通して、ストレスから解放され、より自分が望む人生を手に入れるための本。正直、その辺の自己啓発と余り変わらない。イケイケドンドンの自己啓発書よりは、科学的な視点や、実験結果が豊富に載っており、説得力がある。その代わり、超能力を謳ったような自己啓発書の読後の高揚感は薄い。

本書の命題は「人間の意思力はどのようにして発揮されるか」である。意思力というのが面白い。人間は様々な誘惑やストレスに負ける。誘惑やストレスに打ち勝つ力こそ、意思力なのである。

では、どのようにして意思力を鍛えるか。例えば、瞑想や睡眠などが取り上げられている。また、どのようなものが意思力を挫くか。それには、意外なものが多いのである。例えば、カロリーを気にする人間は、マックでヘルシーなものを注文する。しかし、メニューにでかでかとヘルシーなメニューを掲載すればするほど、ビックマックの売り上げが伸びる。メニューにヘルシーなものが載っているだけで、安心してしまうらしい。また、タバコの箱にどぎつい健康被害表記を入れれば入れるほど、喫煙者は不安になりタバコに手が伸びるという。

自分が一番面白く感じたところは、自分に厳しくすると意思力は続かないというところである。


オススメ度: レベル3
FC2 Blog Ranking
blogram投票ボタン

《参考・関連図書》


スタンフォードの自分を変えるヨガ教室 DVD付き (<DVD>)スタンフォードの自分を変えるヨガ教室 DVD付き ()
(2013/03/28)
ケリー・マクゴニガル

商品詳細を見る


やさしく解説 1章ずつ5分で読める『自分を変える教室』 (1章ずつ5分で読める自分を変える教室 )やさしく解説 1章ずつ5分で読める『自分を変える教室』 (1章ずつ5分で読める自分を変える教室 )
(2013/10/30)
黒木香苗

商品詳細を見る


未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II
(2012/05/31)
ティナ・シーリグ

商品詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  11:37 |  実用書  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。