10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.02/25(Sun)

死体は語る 

死体は語る 死体は語る
上野 正彦 (2001/10)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


少々情報が古い、
という難を除けば非常に有意義で楽しい本である。
法医学の人間が書いた本はだいたい面白いが、
これは白眉ではなかろうか。
文章表現や、話の展開も巧妙で読んでいて楽である。
お勧めである。

オススメ度: レベル4
FC2 Blog Ranking

テーマ : **本の紹介** - ジャンル : 本・雑誌

【編集】 |  10:53 |  エッセー  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
●訪問お礼
訪問ありがとうございます、読書の数が多いのとレパートリーが広いのですばらしいと思います、私の場合かなり限定している上に始めたばかりですので投稿しながら首をひねることも多く、少しずつ変えて行きたいと考えてます、また来ます宜しく願います。
春秋戦国おじさん | 2007.02.25(日) 11:48 | URL | コメント編集
はじめまして、履歴からきました。
読書量とその感想の読みやすさに
ひたすら脱帽です。
なにせ、私のサイトも感想文が
ほとんどですが、的をえず感覚で
書いておりますので、非常に読み手にわかりずらいので。
 本当にご訪問ありがとうございました。
こうや | 2007.02.25(日) 14:27 | URL | コメント編集
春秋戦国おじさんさん
こうやさん

コメントありがとうございます。
読書量が多いと言うよりも、
今まで読んだ本のストックがあるので、その感想を書いてます。
感想付きのストックはあと50冊くらいなんで、それが終わると、週一か二程度の読書になってしまうかも……

またいらしてください。私も遊びに参ります。これからも、よろしくお願いいたします!
タモヒト | 2007.02.26(月) 00:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。